2017年05月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017年07月

カテゴリ:独断と偏見で選ぶシリーズ の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

独断と偏見で選ぶチーム内アワード MVP編

kage

2011/05/09 (Mon)

久しぶりの更新です。プレイオフのナゲッツの1stラウンドの全試合を無理して生中継で観たツケが回ってきて更新できませんでした。これからは少しずつ更新していきたいと思います。

更新していない間、色々ありました。グリズリーズのアップセットやレイカーズの敗退、そして各アワードの受賞者発表などですね。更新していませんでしたが、チェックはしていましたよ。

MVPも発表されましたので、今回も独断と偏見でチームMVPを選びたいと思います。

MV(P?)
無題_convert_20110509180208
M.Ujiri

今シーズンのナゲッツにおいてMVPは誰かなと考えてみましたが、彼しかいないのではないかと思いました。Playerではないので、MVPという賞にそぐわないと思います。ただナゲッツというチームとして考えれば、一番頑張ったのはGMであるユージリさんだと思っています。カーメロ問題で揺れる中での就任という大変な状況でのスタートで、本当に大変なシーズンだったと思います。シーズン前やシーズン中も様々な噂が流れましたが、我慢して我慢して最終的にはナゲッツにとって最高のトレードを成立させました。プレイオフは1stラウンドで敗退してしまいましたが、これから再建を目指す楽しみなチームを作れたと思います。


ということで独断と偏見で選ぶ今シーズンのナゲッツのMV(P?)はGMのユージリさんでした。ただ彼にとって大変なのはこれからですね。オフにFAとなる選手が多いナゲッツですので、どう動いてくるのか注目です。今後の動きについてはまた次回にでも更新したいと思います。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

独断と偏見で選ぶチーム内アワード MIP編

kage

2011/04/23 (Sat)

昨日に引き続き、今日はナゲッツ内の今シーズンのMIPを選んでみたいと思います。今回も独断と偏見で選ばせてもらったのでご注意を。

MIP(ナゲッツ限定)
lawson101_convert_20110423153637.jpg
T.Lawson

最も成長した、もしくは改善した選手としては、ローソンを選びました。ナゲッツにおいてのMIPは、アフラロを選ぶ人が多いと思うのですが、完全に私の独断と偏見でローソンということにしました。このブログを見てくれている方はご存知かと思いますが、私はローソンが好きなので、私の趣味で選ばせてもらいました。今シーズンのローソンは、昨シーズンと比べて積極的にシュートを打つようになりましたね。それでいて確率も変わらないというところもシュートセレクションの良さという点で素晴らしかったです。出場時間も増えましたし、さらに出場試合数もチームトップの80試合ということで、プレースタイルの割に怪我の少ないというタフさも評価できるのではないでしょうか。大型トレード後はスターターとして、チームを引っ張ってきました。2年目の選手とは思えないほど落ち着きがあり、安定したプレーが印象的でしたね。昨シーズンのスターターで出場した試合も活躍しましたが、あの時は怖いもの知らずのルーキーらしいプレーでの活躍でした。しかし今シーズン(特にトレード後)のローソンは、妙な落ち着きがあり、それでいていくべき場面は積極的にいくという若手らしからぬプレーができていました。NBAに慣れてきたと言ってしまえばそれまでですが、今シーズンのローソンは数字以上に成長を感じました。


ということで独断と偏見で選ぶ今シーズンのナゲッツのMIPはローソンでした。アフラロではないのかという文句もあると思うのですが、トレード後のローソンの活躍を考えると完全に的外れの選択でもないのかなとも思います。ローソンのこれからの活躍が本当に楽しみですね。


話は変わりますが、J.R.の残留が微妙になってきましたね。これまでナゲッツ残留という情報が多かったのですが、最近は移籍するかもしれないという情報も出てきました。Game2後もトラブルらしいものを起こしていますし、移籍の可能性も高いのかなとも感じます。まぁオフの話はともかく、大事なプレイオフの時期にこのような話題が出ることはよくないですね。J.R.のトラブルは毎年恒例ですが、今回ばかりは少し尾を引くかもしれません。特にJ.R.はモチベーション次第でプレー内容がガラッと変わる選手なので、明日のGame3は要注目ですね。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

独断と偏見で選ぶチーム内アワード DPOY編

kage

2011/04/22 (Fri)

次々と今シーズンのアワード受賞者が発表されていますね。ここまで発表されているのはディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーのD.ハワード(ORL)、シックスマン・オブ・ザ・イヤーのL.オドム(LAL)、MIPのK.ラブ(MIN)です。

ということでナゲッツの選手は選ばれていませんが(当然ですけどね)、ナゲッツのチーム内でのアワードを独断と偏見で選んでみたいと思います。今日はディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーです。



ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー(ナゲッツ限定)
arron3_convert_20110421235141.jpg
A.Afflalo

ナゲッツのディフェンダーといえばアフラロでしょう。今シーズンもT.パーカー(SAS)やK.ブライアント(LAL)など相手の得点源を上手く守る試合が多くありました。昨シーズンは、いいディフェンスをする選手という感じだったのですが、今シーズンは少しずつタフさが身についてきたように思います。今後エースストッパーと呼ばれるほどのディフェンダーに成長していってもらいたいです。現在プレイオフでサンダーに連敗中のナゲッツですが、アフラロの存在の大きさを痛いほど感じています。ウェストブルック対策ということだけでなく、アフラロが入るとチームとしてディフェンスが引き締まる感じがあります。そういう意味でも、今シーズンのナゲッツのディフェンスにおける中心人物は間違いなくアフラロでしょう。


ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーは迷うことなくアフラロでした。対抗馬はマーティンでしょうが、出場試合数や出場時間、チームへの貢献度という部分を考えて、アフラロを選びました。私の独断と偏見で選んだため、異論はあると思いますが、生温かい目で見てくれると助かります(笑)。ということで独断と偏見で選ぶチーム内アワード ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー編でした。明日はMIPでも選びますかね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。