2017年04月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年06月

カテゴリ:13-14レギュラーシーズン の記事リスト(エントリー順)

kage

| |

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

13-14シーズン終了

kage

2014/06/28 (Sat)

 開幕戦を記事にして以来、完全放置でしたが、これからまた少しずつ更新していきます。ブログを辞めるときは、ちゃんと辞める宣言をするので、その報告がない限りは更新が面倒なんだなとだけ思ってください。

 それで約8か月ぶりの更新になりますが、正直何から手を付けていいのか分からない状態です。いまさらレギュラーシーズン2戦目からの感想を書いても仕方がないと思うので、とりあえずシーズン全体の感想をちょこっとだけ書いておきます。ちなみにブログの更新はしていませんでしたが、ナゲッツ戦は全試合観ました。


 最終戦績:36勝46敗 West 11位

 序盤から連敗と連勝の繰り返しという感じでしたが、2月頃まで何とか5割前後はキープしていました。ただ徐々に怪我人も増えていき、ここから一気に急降下。最終的には借金10でプレイオフを逃す形になりました。

 ドレミおじさんのごたごた、大量の怪我人、ナゲッツにとっては非常に苦しいシーズンとなりました。結局ガロも全休となり、1度もフルメンバーで試合が出来ずに終わってしまいました。もう呪われてたんじゃなかろうか・・・


 そんな苦しいシーズンでしたが、収穫もありました。


 ①モズコフ&ファリードのインサイド
 
 まずファリードですが、3月と4月の2か月で数字を大きく伸ばしました。2月まではオフェンスシステムとの兼ね合いもあったのか低調でした。しかしオールスターを過ぎた辺りから調子を上げ、3月の平均得点が19.2、4月の平均得点は21.0と大活躍。アテンプト数が増えてもFG%を落とさずに得点を伸ばしていきました。特に右手のフックの精度が高く、シュート機会を与えてあげれば、これだけできると示してくれたと思います。
 今まで月間で平均15点以上を取ったことがないファリードでしたが、20点近い得点が2か月続いたというのは、14-15シーズンに向けて楽しみな材料だと思います。ただ相変わらずディフェンスで良くないので、そこがショウさんも悩みどころだと思います。

 次にモズコフです。チームで唯一全試合に出場し、平均21.6分の出場で9.6ポイント、6.4リバウンドを記録しました。モズコフ自身もNBA入りして初めてシーズン通してコンスタントに出場したことになります。
 オフェンスではポストプレーやジャンプシュートの数が増えました。オフェンスシステムの恩恵を受けた形になります。さらにシュートレンジも広がり、スリーも24本打って4本決めています。まだ確率は低いですが、スリーが1つのオプションとして使えるレベルになれば、さらに数字を伸ばすことが出来ると思います。ディフェンスでも大きな体を活かしたリムプロテクターとして活躍していました。

 このままロスターに動きがなければ、14-15シーズンのインサイドの中心は、この2人になると思います。モズコフとファリードはプレイエリアもあまり重ならず、相性も良さそうなので、シーズン終盤のような活躍を14-15シーズンでも見せてくれると思います。


 ②Qちゃんの成長

 ルーキーシーズンは出番がほとんどありませんでしたが、2年目となる13-14シーズンは52試合の出場となりました。プレータイムも平均15分と大幅に伸び、ショウさんの期待の高さが見えました(ガロとチャンドラーの怪我も出場機会増加の要因だと思いますが)。
 Qちゃんに期待している部分はディフェンスです。サイズもありますし、長いウイングスパンも魅力です。線が細いので、もう少しビルドアップできれば、ディフェンダーとして面白い存在になれるかもしれません。後はスイッチ等のマークマンの受け渡しでタイミングが合わない場面があるので、そこも課題だと思います。
 スターターとしては物足りないですが、控え選手としては現時点でも充分やっていけるので、たくさん経験を積んでビッグになってもらいたいです。



 この2つ以外でも色々ありますが、とりあえず個人的に感じた新シーズンに繋がる収穫を挙げてみました。本当はフランスのイケメンにも触れたかったのですが、それはまた後日にします。

 こんな感じでざっくりと13-14シーズンを振り返りました。結局13-14シーズンは、この投稿を含めて2回の更新に終わってしまいました。14-15シーズンは、少なくとも2回以上は更新しようと思います。

 後はトレードについてとドラフトについての更新を7月までにしたいなと思います。ブログタイトル通りにのんびりとやっていきます。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Kings (Road) 開幕戦!!

kage

2013/10/31 (Thu)

本日は13-14シーズンの開幕戦、ロードでのキングス戦でした。

まずはスコアからです。

1234T
DEN2223271688
SAC2523222090

ナゲッツのスターターはローソン、フォイ、ランドルフ、ヒクソン、マギーの5人でした。チャンドラーは欠場、欠場が噂されていたローソンとフォイは出場しました。

1Q
 今シーズンのスタートはローソンのスリーでした。ローソンがスリーを決めて幸先の良いスタートとなります。
 しかしその後は攻守に精彩を欠き、キングスにリードを許してしまいます。残り10分にマギーがフックを決めてから3分弱の間、得点がありませんでした。
 しかし残り7分半のマギーのファウルトラブルによるモズコフ投入で、オフェンスが徐々に上手くいくようになります。それと同時にディフェンスも良くなっていき点差が縮んでいきました。
 そして残り50秒、モズコフのナイスディフェンスからのファストブレイクで同点とします。最後は再びリードを許しましたが、3点ビハインドとまずまずの形で1クォーター終了となりました。

2Q
 序盤から再びオフェンスの手詰まり感が発動します。ドレミおじさんの孤軍奮闘も点差が広がっていきました。
 第2クォーター開始から7分間で6点しか取れず、13点ビハインドとなってしまったナゲッツですが、ここから盛り返していきます。
 残り5分からフォイのスリー、ヒクソンのダンク、マギーのブロックからのフォイのスリーと一気に8点詰めて5点差とします。その後もナゲッツペースが続き、残り30秒にローソンのフリースローで同点としますが、最後にスリーを決められてしまい3点ビハインドで前半終了となりました。

3Q
 前半と違いクォーター開始からナゲッツペースとなります。ローソンのフリースロー、フォイのスティールからのレイアップ、ローソンのスリーと逆転に成功します。
 しかし中盤にターンオーバー連発で流れが止まってしまい、再び逆転を許してしまいます。
 終盤はモズコフの頑張りでキングスに付いていきます。何とか追いついたナゲッツは、最後にミラーのレイアップで勝ち越して、2点リードで3クォーター終了となりました。

4Q
 ナゲッツは序盤から勢いに乗れませんでした。トーマスに連続でスリーを決められて完全に流れを渡してしまいます。常に追いかける苦しい展開で試合が進んでいきます。残り3分の時点で6点ビハインドとなりました。
 しかしここからアーサーのミドル、ローソンのフリースロー、ピック&ロールからのヒクソンのレイアップと6点を連取し、残り1分半で同点に追いつきます。
 さらにディフェンスを頑張り逆転のチャンスを得ますが、決めきれません。残り1分、同点という状況で再びキングスボールとなります。ここでキングスはカズンズのポストプレーを選択。ナゲッツはカズンズを守ることが出来ましたが、アーサーがヘルプに来たことによりトンプソンがフリーになってしまい、プットバックダンクを決められてしまいます。
 残り40秒で2点ビハインド、ナゲッツはエヴァン君が逆転のスリーを狙いますが外れてキングスボール。
 残り30秒からのキングスのオフェンス、ここはナゲッツがしっかりと守り、残り5秒でナゲッツボールとなります。ナゲッツはボールを持ったローソンがそのままレイアップに行きますが決めることが出来ません。幸い相手の足にボールが当たって出たので残り0.9秒でナゲッツボールとなりました。
 ラストショットはフォイのスリーでした。逆転を狙ったフォイのスリーでしたが、残念ながら外れてしまい試合終了。2点差での惜敗となってしまいました。
総括
 まず負けたことは素直に悔しいです。ただプレシーズンよりチームとして進んでいるという印象も受けました。

 オフェンスですが、まだまだハーフコートオフェンスは苦しい内容が多いです。ただ試合終盤の4番、5番にアーサーとヒクソンを並べた時間帯はまずまずでした。ミドルを打てる2人なので、選手間の距離が良い感じでした。これはモズコフにも言えますが、ある程度外に開いてプレイできるビッグマンは重宝されそうです。
 ファストブレイクが何度か見られた事も良かったです。プレシーズンはハーフコートオフェンスを浸透させるために遅攻一辺倒という感じでしたが、シーズンでは速攻、遅攻と使い分けてくれるかもしれません(単純にローソンが我慢できなかっただけかもしれませんが...)。
 あと細かい所だと18ターンオーバーは多いので減らすこと、フリースローは88.7%と高確率で良かったという感じでした。

 ディフェンスは、スクリーンへの対応がイマイチでしたが、それ以外はビッグマン中心に割と良かったと思います。カズンズに30ポイントも取られてしまいましたが、ラスト3本はヒクソンが上手く守っていたので、あの感じのディフェンスを続けてもらいたいです。あとモズコフも控え選手相手とはいえ存在感のあるディフェンスをしていました。


続いて選手個人についてです。


T.Lawson・・・20ポイント、5リバウンド、8アシスト、2スティール
 プレシーズンよりもローソンらしいプレーが多くて良かったです。ただ最後のリバースレイアップは悔やまれます。

R.Foye・・・12ポイント、5リバウンド、1アシスト、1スティール
 最後のシュートは決まりませんでしたが、やはり長距離砲は武器になると改めて感じました。追い上げ時のフォイのスリーは大きかったです。ただ3クォーター中盤の連続ターンオーバーは逆の意味で大きかったです。あそこで流れが止まってしまったので、細かいパスミスは気を付けてほしいです。

J.J.Hickson・・・12ポイント、9リバウンド、4ブロック
 試合終盤になって良いプレーが増えました。これがセンターでプレーしていたからなのかは分かりません。ただマギーと組んでいる時間帯はお互いがスペースを潰し合って窮屈になっていた印象もありました。

K.Faried・・・5ポイント、5リバウンド
 ファリードのような一点特化型の選手は、どうしてもHCの影響を受けやすいです。昨シーズンまでのドライブ中心のオフェンスだとファリードのオフェンスリバウンドが活きてきますが、現状だとファリードらしさが出しにくい感じです。この壁を乗り越えて、さらに成長したファリードが見たいです。

J.McGee・・・4ポイント、1リバウンド、2ブロック
 ファウルトラブルで短い出場時間でした。次はしっかりと働いてほしいです。

A.Miller・・・12ポイント、3リバウンド、3アシスト
 セカンドユニットで頑張っていました。試合終盤出場していなかったのはディフェンスを考えてでしょうか。

E.Fournier・・・5ポイント、5リバウンド、2アシスト
 連続でターンオーバーをしてしまったシーンが印象に残ってしまいますが、それ以外は無難にこなしていました。ギリギリのプレーが多いので、見ていてヒヤヒヤしますが、それも良さの1つかもしれません。課題だったディフェンスは問題ありませんでした。これは昨シーズンと見違えるようです。
 厳しい接戦での試合終盤もショウさんは起用していたので、エヴァン君に対する期待も大きいと思います。これからも頑張ってもらいたいです。

T.Mozgov・・・10ポイント、2リバウンド、3ブロック
 モズコフ恒例のキャッチミスもなく、ミドルをスパスパ決め、相手のドライブをデカい体ではね返す。控えセンターとして充分の働きでした。これを続けてもらいたいです。

D.Arthur・・・6ポイント、2リバウンド、1アシスト、1ブロック
 オフェンスはミドルを2本決めていたので良かったと思います。ヒクソンとのコンビもまずまずでした。ディフェンスは決勝点となったトンプソンのプットバックダンクが悔やまれます。ビッグマンとしては、どうしてもカズンズに引っ張られてしまうと思いますが、あそこはトンプソンのケアをしっかりしてほしかったです。いや~難しい判断だとは思うんですけど。

A.Randolph・・・2ポイント、2リバウンド、1ブロック
 オフェンスはともかく、ディフェンスはSFだときつい部分があります。単純にシュートを打ってくる相手ならサイズで優位なだけ良いのですが、横に1歩でもずらされてしまうと対応できません。この辺をどうするかです。

N.Robinson・・・0ポイント、2リバウンド、4アシスト
 ナゲッツでの初得点は、お預けとなりました。次はホームなので、そこでの大爆発に期待です。

 ということで今シーズンの開幕戦、ショウさんのHCとしての初戦でもありましたが、残念ながら負けてしまいました。ただプレシーズンの感じから、もう少し苦しい試合になることを予想していたので、意外と戦えていたという印象も受けました。後はラインナップが固まってくればもっと良くなると思いますし、ガロチャンの2人が戻ってくるのを楽しみに待ちたいと思います。

 次の試合はホームでのブレイザーズ戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。

 今年のLPBBのプレミアムはホームとアウェイの実況が選べるのが嬉しいです。昨シーズンまで良い試合に限ってアウェイの実況というパターンが結構あったので、例年以上に楽しいシーズンになりそうです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。