2017年09月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年11月

カテゴリ:2013年 プレシーズン の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

いつの間にやら開幕間近

kage

2013/10/29 (Tue)

 最後の更新から2週間ほど経ち、いつの間にかNBAの開幕が明日となっていました。

 ナゲッツはプレシーズンゲームの4試合目~7試合目を見事に負け続け、4連敗でフィニッシュとなってしまいました。最終的に今年のプレシーズンは2勝5敗という結果に終わりました。

 最後は4連敗となってしまいましたが、ショウさんのやりたいバスケは見えたような気がします。ただそのやりたいバスケに選手達が対応しきれていないという点で、結果が伴わなかったという感じです。これがシーズンが進んでいくにつれてどうなっていくのか楽しみでもあります。

 NBAは現地時間で10月29日に開幕しますが、ナゲッツの開幕戦は30日のキングス戦となります。この開幕戦ですが、ローソン、フォイ、チャンドラーの3人欠場の可能性があります。となるとプレシーズンの感じからPGにミラー、SGにエヴァン君、SFにランドルフという形が自然でしょうか。PGは確定だと思いますが、SGとSFは他の選手という可能性もあるので、どんなラインナップか注目です。

 ハムストリングを痛めていたファリードですが、こちらは戻ってこれるかもしれません。ただスターターはヒクソンが濃厚で、ベンチからの起爆剤として期待したいです。

 少し話は変わって、ちょっと前にファリードのトレードに関する噂がありました。誰々とという具体的な話ではなく、ファリードをトレードしたら見返りはどんなもんだろう?的な感じで、ナゲッツが考えているという噂です。

 あくまで噂、されど噂、噂と割り切ってしまえばいいのですが、正直ナゲッツのフロント陣が何を考えているのか分からないので心配もあります。そりゃあドラフトの上位ピックがもらえるなら別ですが、そんなチームないでしょうし、個人的にファリードのトレードは反対です。

 いよいよNBAの開幕です。今シーズンは新生ナゲッツを温かく応援していければと思います。

Let's Go Nuggets!!

スポンサーサイト
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

プレシーズンゲーム第3戦

kage

2013/10/15 (Tue)

 プレシーズン3戦目です。この試合はスパーズとの試合となりました。今シーズンのホームでの初戦となります。

 まずスコアからです。

1234T
SAS2215292894
DEN2714203798

 スターターはローソン、フォイ、ランドルフ!?、ヒクソン、マギーの5人でした。チャンドラーは再び欠場しました。

 スパーズはダンカン、パーカー、ジノビリの3人が休んだものの、試合は接戦で進みました。ナゲッツは4クォーターにファストブレイク中心に一気にリードを奪い、そのまま逃げ切り、勝利となりました。

・オフェンスについて
 
 まだまだハーフコートオフェンスでの手詰まり感があります。攻めきれずにショットクロックギリギリの難しいスリーというパターンが何度もありました。

 それでも前回のレイカーズ戦より多少はマシに見えました。ここまで苦労していたフォイも良いスリーを何本か打てましたし、ピック&ロールも数本決まっていました。これは良い材料かと思います。


・ディフェンスについて

 ディフェンスは、スイッチを多用せず、あくまで自分のマークマンは自分で守るというスタイルが見えてきました。昨シーズンなら簡単にスイッチしていたようなシーンでも、この試合はファイトオーバーやヘッジで対応していました。ガード陣の負担は大きくなりますが、このスタイルを徹底してもらいたいです。

 まだまだ相手に対するプレッシャーが弱いのですが、それでもディフェンスらしくなってきたのは良い事だと思います。


・新加入選手について 

J.J.Hickson
 ネイトとのピック&ロールが良かったです。このコンビは期待できそうな感じがします。

D.Arthur
 ジャンプシュートが安定していて良かったです。PFは層が厚いので、出場時間が限られるのが残念です。

N.Robinson
 シュートは決まりませんでしたが、7アシストは良かったです。ヒクソンとのピック&ロールは武器になりそうです。

R.Foye
 過去2試合とは別人のようにシュートを決めていました。チームメイトもフリーのフォイを見つけてパスを出していたと思います。変なパスミスが何本かあったので、そこは注意してもらいたいです。


・その他の選手について

T.Lawson
 意図した事か分かりませんが、ジャンプシュートが減ったのが気になります。あと背中を痛めたっぽいので、少し心配です。

K.Faried
 ヒクソンのスタメンに危機感を持ったのか、アグレッシブなファリードが見られました。ゴール下で良い感じで暴れていました。ローポストからのベビーフックも良かったです。これはルーキーの時から意外と確率が良いので、もっと打っても良いような気がします。逆にゴールに正対してのオフェンスは、期待できないので、自重してもらいたいです。

J.McGee
 ここ2試合で決まっていたシュートが決まりませんでした。雑なシュートもありましたが、積極的に打つスタイルは悪くないと思うので、続けていってもらいたいです。

A.Miller
 6分のみの出場でした。スクリーンに対してスイッチを使わずにファイトオーバーで対応するには、ドレミおじさんは苦しいような気がします。

E.Fournier
 フリースローを5-6と高確率で決めていたのは良かったです。スリーも3本すべて外してしまいましたが、内2本はショットクロックギリギリのシュートだったので、仕方がない部分もあります。可もなく不可もなくという感じでした。

T.Mozgov
 立ちはだかる壁のようなディフェンスは良かったです。オフェンスはポストでボールを貰ってもドリブルでミスをしてしまうので、どうしても相手を押し込めないのが問題です。体は縦にも横にもデカいので、上手く使えれば武器になると思うのですが、上手くいかないものです。

J.Hamilton
 スリーがなかなか決まりませんでした。結構フリーで打てているように見えるのですが…

A.Randolph
 SFでプレーしていました。1クォーターは割と良かったのですが、徐々に内容が悪くなっていったように思います。彼の適正ポジションはどこなのでしょうか。

Q.Miller
 特に印象に残っていません。


・まとめ
 
 例えスパーズが中心の3人を休ませたとしても勝ちは勝ちで嬉しいです。内容も前回の試合より良かったので、次はさらに良くなる事を期待したいです。

 欠場中のチャンドラーは週末のクリッパーズ戦に出場する可能性があるようです。ショウさんも無理をさせない方針みたいなので、完全に治してから戻ってきてもらいたいです。それにしてもガロとチャンドラーの2人が居ないSFは迫力に欠けてしまいます…
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

プレシーズンゲーム第2戦

kage

2013/10/09 (Wed)

 プレシーズン2戦目です。この試合もレイカーズとの試合となりました。

 まずスコアからです。

1234T
DEN1120282988
LAL1929231990

 スターターはローソン、フォイ、Qちゃん、ファリード、マギーの5人でした。チャンドラーは再び欠場しました。

 試合は前半からレイカーズペースで進み、一時は21点のビハインドとなってしまいます。それでも後半に入って立て直したナゲッツが点差を徐々に詰めていき、4クォーター終盤には逆転に成功します。結局リードチェンジを繰り返した結果、最終盤にナゲッツのミスが目立ち、惜敗となってしまいました。

・オフェンスについて

 前回多かったターンオーバーですが、開始直後こそ多かったものの、試合が進むにつれて減っていき、最終的には13ターンオーバーと初戦の半分以下で終えました。オフェンスファウルを除いた単純なミスが減ったというのは良かったと思います。

 問題はオフェンスの内容でした。全体的にシュートタッチが悪い感じもしましたが、前半は内容の部分でも苦しかったです。

 その中で一番感じたのはハーフコートオフェンスで選手が戸惑っていたかなという事です。初戦でも触れましたが、カールHCの時は単純にスクリーンを使ってのドライブが中心でしたが、ここ2試合はポストにボールを入れてからというオフェンスが中心になっています。カールシステムに慣れ親しんだ選手が多いので、現状はどう動けばいいのかという戸惑いが見られます。逆に新加入の選手達の方が、そこまで戸惑いもなく比較的スムーズに動けている印象を受けました。まぁ長期政権からの新HCなので、ある程度システムが浸透するまで時間と我慢が必要だと思います。

 ポストにボールを入れる機会が増えたので、当然ビッグマンのシュートアテンプトも増えてきます。ハーフコートオフェンスで点を取っていくためにはビッグマンの活躍が不可欠です。そういう意味でもビッグマン達が積極的にシュートを打っている現状は悪くないと思います。精度はまだまだですが、シュートチャンスが増えれば、それが成長にも繋がると思うので、特にマギーなんかが一皮むけてくれる要因になればいいなと思います。


・ディフェンスについて

 オンボールの1対1のディフェンスに関しては、そこまで悪くなかったと思います。ただスクリーンでずらされてしまうと簡単に崩れてしまうのが問題です。前半はヘッジ、スイッチ、どれも中途半端で、見事にやらてしまいました。ただ後半になってその辺が多少改善されていたと思います。連動したディフェンスが少しは見られました。次の試合は、さらにレベルの高いディフェンスが見られたらと思います。


・新加入選手について 

J.J.Hickson
 20分ちょっとの出場でダブルダブルをマークしました。初戦と同様に脚力やリバウンドの強さを感じることが出来ました。ジャンプシュートもファリードよりは期待できます。フリースローとディフェンスは要改善です。

D.Arthur
 シュートがなかなか決まりませんでした。ディフェンスはディフェンシブなチームに居たという事もあり、ポジショニングや足の運びがしっかりしていました。

N.Robinson
 ミスも少なく、流れを切るようなシュートもなく、まずまずでした。シュート確率こそ悪かったのですが、チームに馴染んでいる感じはあります。

R.Foye

 まだまだ本来のプレーは出来ていませんが、初戦よりはフリーで打つシーンが多かったです。特にネイトと組んだ時は良い感じに見えました。


・その他の選手について

T.Lawson
 シュートは抑え気味でオフェンスの組み立てに奮闘していました。

K.Faried
 14分の出場で10リバウンドはさすがです。オフェンスは試合開始直後に2~3本シュートを打って以降は静かな感じでした。ファリードらしい豪快なダンクを早く見たいです。

J.McGee
 この試合もフリースローが2-2で、2試合で8-8のパーフェクトとなっています。ポストからのフックも決めていました。この調子を維持していってもらいたいです。ディフェンスは、まだブロックの意識が高いものの、状況に応じて跳ばずにいる事も増えつつあります。マギーは手を上げて距離を詰めるだけでも脅威になるので、その辺の上手い使い分けが出来るようになってもらいたいです。

A.Miller
 7分弱の出場で特に存在感はありませんでした。

E.Fournier
 最後にターンオーバーをしてしまったのが残念です。あの場面は、ちょっとプレーの判断が遅れてしまったかなという感じです。このミスを良い経験として次に繋げてもらいたいです。それ以外はディフェンスを含め、全体的に上手くプレーできていたと思います。レギュラーシーズンでも期待できるのではないでしょうか。

T.Mozgov
 初戦よりは出来が悪かったです。ただオフェンスでの変なポカは少なくて良かったです。

J.Hamilton
 う~ん・・・という感じです。チャンドラーが休んでいる今がチャンスだと思うのですが、特に目立つことが出来ませんでした。

A.Randolph
 スタッツ的には9ポイント、3リバウンド、1アシストですが、終盤の追い上げ時に頑張っていたという事もあり、結構印象に残っています。終盤はSFでプレーしていましたが、高さを活かしてファウルを貰っていました。フリースローも5-6と高確率で良かったです。 

Q.Miller
 スターターで起用してもらっているのですが、オフェンスで全然絡めませんでした。ディフェンスはまずまずだったと思います。


・まとめ
 初戦よりも攻守に課題が見えた試合だったと思います。この時期ですので、上手くいかない部分が見えて良かったと思います。次の試合まで5日ほど時間が空くので、この2試合の課題を修正して、より良いバスケットを見せてくれると期待しています。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

プレシーズンゲーム初戦

kage

2013/10/07 (Mon)

 お久しぶりです。ローソンの件やら色々と更新しようと思っていましたが、まぁいいやと先延ばしにしていたら約2か月の放置となっていました。

 さて10月になりまして、トレーニングキャンプ、さらにプレシーズンゲームの季節となりました。ナゲッツも本日初戦となるレイカーズ戦となりました。

 まずスコアからです。

1234T
DEN2719262597
LAL2519143088

 スターターはローソン、フォイ、Qちゃん、ファリード、マギーの5人でした。チャンドラーは左のハムストリングを痛めて欠場しました。

・オフェンスについて

 まず目についたのはターンオーバーの多さです。チームで28のターンオーバーは多すぎです。ただ今シーズン初めての実戦だったので仕方がない部分もあるかもしれません。実際に前半よりも後半はミスが少なかったので、徐々にミスを減らしていけばいいのかなと思います。

 オフェンスの内容についてはハーフコートオフェンスの印象が変わりました。昨シーズンまではスクリーンを使って徹底的にドライブで仕掛けるという感じでしたが、この試合ではオフボールのスクリーンを多用してフリーを作ったり、ポストにボールを入れてから展開するオフェンスだったりと今までと違う感じがしました。ただまだ1試合だけなので、これから数試合はこの辺を注目して観ていきたいと思います。

・ディフェンスについて

 こちらもまだ1試合目なので何とも言えませんが、スティール狙いのギャンブルディフェンスが減ったように思います。昨シーズンまでのファストブレイクのためのディフェンスではなく、相手にプレッシャーを掛けた失点を防ぐためのディフェンスという印象を受けました。ファウルも多かったのですが、積極的なプレスによるファウルが多かったので、悪くないような気がします。久しぶりにオーソドックスなディフェンスをするナゲッツを見た気がします。これからどんどんディフェンスの精度を高めていってほしいです。

・新加入選手について 

 この試合ではネイト、ヒクソン、フォイ、アーサーの新加入4人も元気に出場しました。

J.J.Hickson
 一番フィットしていたのはヒクソンだったと思います。ファストブレイクでの脚力やリバウンドの強さなどヒクソンの特徴が出ていました。この試合はジャンパーを1本決めましたが、次はゴール下以外のオフェンスも期待したいです。

D.Arthur
 アーサーに求められるミドルレンジのジャンパーも2本決めました。期待のディフェンスについては、もう少し見てみないと分かりません。

N.Robinson
 ネイトはスリー2本+フリースロー3本で9ポイントをマークしました。ローソンとのちびっこコンビは見られませんでしたが、ミラーと組む時間帯はありました。特に問題なくこなしていたと思います。ネイトのように暴走癖があっても個人技で点が取れる選手は頼もしいです。

R.Foye

 フォイに関しては他の3人よりも苦労していました。プレースタイル的にもチームメイトとのタイミングが重要な選手なので、今現在で合わないのは仕方がないです。試合をこなしていけば、もっといい形でスリーが打てるようになると思います。ネイトと一緒にプレーした時間帯は良かったです。
 
 フォイは苦労していましたが、それでもシーズンでの4人の活躍が楽しみになった初戦の内容でした。

 ※他にもトレーニングキャンプから参加しているD.ジョーンズという選手も出場しましたが、恐らく数合わせの選手だと思うのでスルーします。

・その他の選手について

T.Lawson
 スピードとヘジテーションで相手を一気に抜き去る姿は相変わらず格好良かったです。フリースローは1-4と低調でしたが、毎年スロースターターなので、こんなものでしょう。

K.Faried
 積極的というよりも無茶に近いシュートが多かったです。夏に練習したことをやろうとしているのかもしれませんが、空回りに終わりました。ただ昨シーズンもサマリからプレシーズンにかけて無茶なプレーが多かったものの、シーズンに入ればいつものファリードだったので、気にするだけ無駄かなと思います。

J.McGee
 まぐれか実力か分かりませんが、きれいなフォームから放たれるジャンパーで得点を伸ばしました。フリースローもパーフェクトとマギーらしからぬ活躍でした。ただ昨シーズンも謎のフェイダウェイでシュートを決めたりとシュートが苦手という事でもなさそうなので、これは覚醒の兆しと期待したい所です。

A.Miller
 ほとんど印象に残っていません。シュートを1本も打っていないので仕方がないです。

E.Fournier

 オフェンスではボールの中継点として良い働きを見せていました。サマリでは得点源やらゲームメイクやらで負担が大きく、ターンオーバーを連発していましたが、この試合はローソンとコンビを組み、ミスなく伸び伸びとプレーしていました。課題のディフェンスも悪くなかったと思います。何度か抜かれる場面もありましたが、徐々に成長していっていると思います。この出来を続けていけばシーズンでも起用されると思います。イケメンですし。

T.Mozgov
 オフェンスではシュートミスやムービングスクリーン等が目立ちましたが、ディフェンスでは良い働きをしていました。ゴール下に立ちはだかりブロックを連発するという良い時のモズコフという感じでした。ヒクソンと一緒に出いる時間帯が良かったので、相性が良いのかもしれません。

J.Hamilton
 ファストブレイクのフィニッシャーとして得点を伸ばしていきました。次は期待しているスリーをバンバン決めてもらいたいです。

A.Randolph
 永遠のロマン枠、未完の大器ランドルフですが、派手なダンクとブロックを1本ずつ、そして5ファウルと期待を裏切らないロマン溢れる?出来でした。この試合はセンターとしてプレーしていたようでした。線の細さは問題ですが、スピードで優位に立てる点を考えるといいのかもしれません。

Q.Miller
 ショウさんからポール・ジョージみたいになれるかもしれないと高い期待を寄せられているQちゃんですが、フリースローを4本全部外すなど精彩を欠きました。ジャンプシュートは調子に左右されやすいので仕方がないですが、フリースローはしっかりと決めないといけません。特にチャンドラーの怪我で得たチャンスだったので残念です。ただショウさんの高い期待もあるので、今後も育成がてら積極的に起用してもらいたい気持ちがあります。

・まとめ

 毎年プレシーズンの結果は気にしないのですが、この試合はプレシーズンとはいえショウさんのHCとしての初戦だったので勝てて良かったと思います。例年以上に見どころのあるプレシーズンになっているので、次も楽しみにしたいです。



 当ブログも開設から4シーズン目に突入しました。正直ここまで続くと思っていませんでしたが、今後もブログタイトル通りにのんびりと更新していくので、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。