2017年09月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年11月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Blazers (Road)

kage

2011/12/30 (Fri)

122911_Lawson_670_convert_20111230163650.jpg

本日はロードでのブレイザーズ戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。
まずはスコアからです。

1234T
DEN17362623102
POR30233028111

ナゲッツのスターターはローソン、アフラロ、ガリナリ、ネネ、モズコフの5人でした。

まず1クォーターです。開始4分でモズコフが3ファウル、開始6分でローソンが2ファウルと早い段階でファウルトラブルに陥ってしまいました。さらにシュートが面白いほど決まりませんでした。フリーで打ってもことごとく外れる展開が続きます。さらにさらにディフェンスも崩壊。簡単に走られ、簡単にボールを回され、簡単にシュートを決められるというひどい展開でした。結局1クォーターは13点リードされて終了しました。

続いて2クォーターです。主導権を握ったのはナゲッツでした。ブレイザーズがシュートを落としている間にナゲッツは積極的にドライブを仕掛けていきました。その結果、開始3分で差が6点まで縮まりました。その後は、シュートの入らないナゲッツとミスの多いブレイザーズという状況が続き、点差もさほど変わりませんでした。シュートの入らないナゲッツにとっては、ブレイザーズのミスに助けられたという感じでした。しかし終了間際にブレイザーズのフェルトンがシュートを連続で外し、ナゲッツはそこから速攻を決めて同点に追いつきました。1クォーターで13点あった差はなくなり、同点で2クォーター終了となりました。

続いて3クォーターです。序盤はローソンのシュートが決まり、逆転に成功します。良い入り方ができたと思いましたが、マシューズに連続でスリーを決められ再逆転を許します。再逆転を許した後もマシューズを止めることができず、一時は8点のリードを許す展開となりました。その後は、なかなか点差が縮まりませんでした。なんとか最後にミラーとアフラロの連続得点で差を縮めましたが、4点のリードを許して3クォーター終了となりました。

最後に4クォーターです。開始早々フェルナンデスの連続得点で同点に追いつきます。その後は一進一退の攻防を繰り広げます。しかし流れは徐々にブレイザーズに傾きます。結果から言えばスリーが決まらなかったナゲッツとスリーを決めたブレイザーズの差が出ました。マシューズのスリーでガックリときて、フェルトンのスリーで息の根を止められた感じです。これだけシュートが決まらなかったら仕方がないですね。ただもったいなかったのはディフェンス3秒のバイオレーションです。このクォーターに3回笛を吹かれ、3点を献上してしまいました。しかもナゲッツに流れが来そうな時に吹かれてしまったので痛かったですね。これは次戦以降の修正ポイントだと思います。ということで9点差での敗戦となりました。

続いては選手個人についてです。

T.Lawson・・・25ポイント、4リバウンド、3アシスト、8スティール
他の選手のシュートが決まらない中、ローソンだけは確実にシュートを決めていました。そしてディフェンスでは8スティールと盗みまくっていました。ブレイザーズの軽率なパスもあったものの、それでも8スティールは凄いですね。攻守にわたり大活躍でした。

Nene・・・10ポイント、9リバウンド、2ブロック
FGが4-12と確率が悪く、オフェンスでは貢献できませんでした。笛に対する苛立ちも見られましたし、前日の試合が嘘のような出来でした。ただディフェンスでは、オルドリッジに対して結構うまく守れていたのではないかと思います。次はオフェンスでの活躍が見たいです。

D.Gallinari・・・16ポイント、2リバウンド、3アシスト
FGが4-15、3Pが0-5とシュートが決まりませんでした。シュートを打つべき選手であるため、打つなと言えない所が歯痒いですね。まぁポジティブに考えて、調子の悪い中でも16点取れたと考えておきましょう。次戦以降の爆発に期待したいです。

A.Afflalo・・・19ポイント、2リバウンド、2アシスト
アフラロらしい堅実で無難な出来だったと思います。欲を言えばもう少しディフェンス面での活躍が見たかったかなと思います。

T.Mozgov・・・0ポイント、1リバウンド、3ファウル
開始4分の3ファウルが残念でした。2つ目のオフェンスファウルは可哀相な部分もありましたが、オフェンスファウルを取られた直後の3つ目のファウルは我慢しないとダメでしょう。明らかに苛立ちからのファウルでした。できるだけ長い時間出場するためにも、ファウルには気を付けてもらいたいです。

A.Miller・・・13ポイント、3リバウンド、8アシスト
レイアップが結構ブロックされていました。ただミラーの出場している時間帯は、チームのリズムがいいですね。うまくボールを散らしている感じでした。

R.Fernandez・・・7ポイント、2リバウンド
FGが2-8、3Pが1-5と確率は悪かったのですが、印象としては悪くありません。ボールのない所でもしっかりと動いていたからでしょうか。あとはシュートを決めるだけですね。

A.Harrington・・・8ポイント、5リバウンド
ハリントンもスリーを4本全て外すなどシュートに苦労しました。開幕から2試合は好調だっただけに残念ですね。この悪い流れが続かないように次戦はしっかりと決めてもらいたいです。

C.Andersen・・・4ポイント、2リバウンド、0ブロック
開幕から3試合見ましたが、存在感がないですね。さすがに衰えてきたのでしょうか。以前の躍動感というものを感じません。少しずつ調子が上がってくるといいのですけど・・・

C.Brewer・・・0ポイント、0リバウンド
第2クォーターの終了間際、ディフェンスのために30秒だけ出場しました。

ということでプレシーズンゲームを含めて今シーズン初の敗戦となりました。気になった点としては、安易なダブルチームでしょうか。とりあえずインサイドにボールが入ったらダブルチームに行っとけという風に感じました。それでいて簡単にボールを捌かれスリーを決められていたので、効果的なダブルチームは少なかったと思います。1対1でも結構守れていたので、もう少しダブルチームに行く回数を減らしても良かったかもしれません。シュート確率に関しては、こういう日もあると思っておきます。負けはしましたが、連戦でしかもロードでの試合ということを考えると、予想以上に戦えていたと思ます。6日で5試合というハードスケジュールですが、選手たちは頑張ってもらいたいです。

次の試合はロードでのレイカーズ戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。