2017年10月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017年12月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Kings (Home)

kage

2012/01/05 (Thu)

Faried_Kings1112_3_670_convert_20120105184547.jpg

本日はホームでのキングス戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。
まずはスコアからです。

1234T
SAC1722251983
DEN27292925110


ナゲッツのスターターはローソン、アフラロ、ガリナリ、クーファス、モズコフの5人でした。ネネはこの試合も欠場です。

まず1クォーターです。開始早々ガリナリのアウトサイドのシュートが決まり、幸先のいいスタートとなりました。アフラロも最初のスリーを決めるなど、スランプ気味だったアウトサイドのシュートに復調の兆しが見えました。クォーター中盤以降は、モズコフとクーファスのサイズで勝るインサイド陣が活躍し、リードを奪います。終盤には全員がベンチメンバーのラインナップになりました。前の試合からそうでしたが、10人でのローテーションですね。結局1クォーターは10点リードで終了しました。

次に2クォーターです。開始からフェルナンデスの2本連続のアウトサイドのシュートやブリュワーのスティールからのレイアップが決まり、リードを広げます。このクォーターはスティールが多かったですね。キングスのミスと言えなくもないですが、それも含めて良いディフェンスができていました。結局キングスのシュートミスもあり、2クォーター開始から5分半の間キングスに得点を許さず、最大で22点までリードが広がりました。その後は攻守に集中を欠く場面もあり、点差を縮められますが、17点リードで前半終了となりました。

次に3クォーターです。またもやクォーター開始から3分間キングスに得点を許さず、点差を広げます。しかしクォーター中盤以降は、キングスペースで進みます。いいリズムは続かないものですね。最大で25点あったリードですが、一時14点まで縮められます。それでもクォーター終盤にハリントンのスリーなどで再び点差を広げ、21点リードで3クォーターが終了しました。

最後に4クォーターです。基本的にはガベージタイムでしたが、残り9分からファリードが登場し、会場は大盛り上がり。ファリードもアリウープやブロックなどで声援に応えます。またキャロルも出場し、得点を決めたことで全員得点となりました。最終的には27点差での快勝となりました。

総括
モズコフとクーファスのインサイド陣は、前回のバックス戦よりも形になっていたと思います。特にディフェンス面ですね。ゴール下でブロックを狙うモズコフとリバウンドに積極的なクーファスが上手くかみ合っていたように感じました。オフェンス面では、上手くボールが回っていたと思います。チームアシストも31を記録しましたし、5人が二桁得点と昨シーズン終盤のようなバランスのいいオフェンスができていました。アウトサイドのシュートも段々決まってくるようになったことも良かったです。ただつまらないミスが多かったことは反省点かなと思います。27ターンオーバーは多すぎです。いずれにしても主力の出場時間を抑えることができたという意味で、いい試合だったのかなと思います。

続いて選手個人についてです。

T.Lawson・・・8ポイント、5リバウンド、6アシスト、3スティール
今シーズンは比較的少なかった被ブロックが、この試合は多かったことが少し気になりました。ちょっとレイアップが正直すぎましたね。

D.Gallinari・・・8ポイント、4リバウンド、3アシスト
スリーは1本も打たなかったものの、FGは4-6と確率が良かったです。この試合は大人しかったですね。あとモズコフとのピック&ロールは、意外と様になっていました。

A.Afflalo・・・11ポイント、1リバウンド
シュートの確率が良かったです。アウトサイドのシュートもいい感じでした。

T.Mozgov・・・11ポイント、3リバウンド、3アシスト
リバウンドは物足りませんが、なかなか良いディフェンスをしていたと思います。オフェンスでも速攻で点を決めるなど、よく走っていました。積極的にボールをもらいに行く姿勢も良かったと思います。

A.Miller・・・8ポイント、6アシスト
いつも通りの安定したプレーでした。

R.Fernandez・・・12ポイント、4リバウンド、8アシスト
上手く味方を見つけてはパスを通し、8アシストを記録しました。ファリードへのアリウープパスは見事でした。少し難しいパスを狙い過ぎかなと思わなくもないですが、この試合に関しては良かったと思います。

A.Harrington・・・15ポイント、5リバウンド
今シーズン一番良かったんじゃないかなと思うような出来でした。レイアップ中心ではありましたが、インサイドで確率良く点を決めていました。常にスリーを狙うハリントンよりもチームへの貢献度は高いと思いました。

C.Andersen・・・8ポイント、7リバウンド、3ブロック
この試合は、かなり跳んでましたね。3ファウルも彼らしくていいのではないでしょうか。跳んでこそのバードマンですから、今後もこの試合のように跳んでもらいたいです。

K.Koufos・・・10ポイント、11リバウンド
2試合連続でのスターターで、キャリア初のダブルダブルとなりました。積極的にリバウンドを取りに行く姿勢は良かったです。オフェンスでは10ポイントを記録しましたが、5ターンオーバーも記録するなど、まだまだ課題が残りました。もう少しミスを減らしたいですね。あとフリースローのミスもですね。

C.Brewer・・・6ポイント、3アシスト、3スティール
3クォーター序盤のレイアップ以外は、特に目立つ活躍はできなかったかなと思います。積極的にゴールにアタックしていたのですが、空回りという感じでした。

K.Faried・・・7ポイント、4リバウンド、4ブロック
9分間の出場でこのスタッツは立派です。NBA初得点となる豪快なアリウープは最高でした。ダンク、リバウンド、ブロックとファリードらしさを充分に出せた試合だったと思います。本当に見ていて楽しい選手ですね。もっともっとファリードのプレーを見たくなりました。この試合のプレーは、まさにManimalという感じでしたね。

D.Carroll・・・6ポイント、3リバウンド
FGは3-3とシュートの確率は良かったのですが、終了間際の不用意なパスミスは残念でした。

ということで27点差の快勝で3連勝となりました。今シーズンもホームでの強さは健在ですね。短縮シーズンですので、ホームで確実に勝つことは重要です。ここまでホームの試合が4試合あったとはいえ、5勝2敗と良いスタートを切れました。この調子で勝ち星を重ねていきたいですね。

次の試合はロードでのホーネッツ戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。

ファリード君のダンクとブロックの動画のリンクを貼っておきます。

ダンク→こちら    ブロック→こちら 

ブロックの動画ですが、ベンチにいる私服のネネのリアクションが面白いですね。ネネのリアクションは、毎回大げさな感じがして大好きです。

関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。