2017年09月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年11月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Hornets (Road)

kage

2012/01/07 (Sat)

010612_670_afflalo_convert_20120107223734.jpg

本日はロードでのホーネッツ戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。
まずはスコアからです。

1234T
DEN2417213496
NOH3215162588

スターターはローソン、アフラロ、ガリナリ、ネネ、モズコフの5人でした。ネネが復帰しました。

まずは1クォーターです。開始早々7-0のランを決められ、リードを許します。ディフェンスは決して悪くはなかったのですが、良くもない。それでいて時折集中を欠くプレーがあったため、次々と失点していきます(ホーネッツのシュートタッチが素晴らしかったこともありますが)。結局8点ビハインドで1クォーターが終了しました。

次に2クォーターです。ホーネッツがオフェンスファウルやターンオーバーで得点が伸びない展開で、ナゲッツにとっては追いつくチャンスでした。しかしナゲッツもミスが多く、シュートも入らずというもどかしい展開で、思ったほど点差を縮めることができませんでした。それでも差を2点縮めて6点ビハインドで前半終了となりました。

次に3クォーターです。点差が6点前後で推移する展開が続きましたが、終盤ホーネッツがオフェンスファウルを取られている間に、ナゲッツは8-0のランを見せて点差を一気に縮めます。1点差まで差を縮め3クォーター終了となりました。

最後に4クォーターです。4クォーターは開始からナゲッツのスティールが炸裂します。開始3分で3つのスティールを奪いました。ホーネッツとしてみれば開始3分で4ターンオーバーとミスが増えてしまいました。ナゲッツはその隙に逆転に成功し、さらにリードをどんどん拡げます。結局この3分間で1点のビハインドから6点のリードに変わりました。その後はこのリードを守りつつ時間を使うという展開でした。結局クーファスの連続ブロックなどでホーネッツの反撃を許さず、8点差での勝利となりました。

総括
よく勝てたなという試合でした。ホーネッツがゴードンとアリーザを欠いていたということもありますが、前半の劣勢をはね返しての逆転勝利は正直予想以上の結果でした。苦手としているロードでの勝利ということを考えても意味のある勝利だったかなと思います。内容を見ればオフェンスでローソンが潰された時にどうするかという課題が残りましたね。今までの試合はローソンが自由にドリブルできていたのですが、この試合のようにドライブが止められてしまうと、チーム全体のオフェンスが停滞してしまいます。その場合にどうするかですね。個人的には4クォーターに見られたようなピック&ロールが重要になってくるのかなと思います。基本的にローソンはスクリーナーが来ると2人のディフェンダーの間を抜いていきます。この試合は完全にそこを狙われていました。ですのでピック&ロールの割合を増やし、少しでもディフェンダーを迷わせる必要があるのかなと思いました。それにしてもクーファスは4クォーター頑張りましたね。

続いて選手個人についてです。

T.Lawson・・・12ポイント、8アシスト
完全に狙われていましたね。それでも後半は多少立て直すことができていたと思います。今後も各チームがローソン対策を立ててくると思うので、そこをどうやってかいくぐっていくか注目ですね。

Nene・・・6ポイント、8リバウンド
怪我明けの試合でしたが、出来はいまいちでした。まだ無理をする時期でもないですし、もう1試合休んでいても良かったんじゃないでしょうか。無理して長期離脱なんてことだけは勘弁です。

D.Gallinari・・・23ポイント、4リバウンド、6アシスト
開幕からのスランプから抜けつつありますね。この試合は3本スリーを決めましたし(9本打ちましたが)、タフショットも決めました。ガロがコンスタントに20点取ってくれると楽になりますね。

A.Afflalo・・・13ポイント、3リバウンド、2アシスト
スリーが決まらないのは気になりますが、バスケットカウントやディフェンスなど良いプレーもありました。特にディフェンスは時間が経つにつれて気合が入っていきましたね。

T.Mozgov・・・0ポイント、5リバウンド
特に目立った活躍ができませんでした。クーファスの活躍もありましたし、このままだとスターターの座も危ないかも。

A.Miller・・・13ポイント、4リバウンド、4アシスト
4クォーターのバスケットカウントは、本当に大きなプレーでした。パスミスも少し多かったかなと思いますが、それ以上に良いプレーもあったと思います。あと何度か足を捻っていましたが大丈夫ですかね。少し心配です。

R.Fernandez・・・5ポイント、1リバウンド、1アシスト
目立ったプレーは4クォーターのレイアップぐらいでしたかね。無難な出来といったところでしょうか。

A.Harrington・・・14ポイント、6リバウンド、3スティール
この試合も好調でした。ただフリースローは、しっかりと決めて欲しいかなと思います。それ以外は、今後もこの調子でいってもらいたいです。

C.Andersen・・・2ポイント、1リバウンド
4分のみの出場でした。怪我かなと思いましたが、そのような情報もありませんし、カールHCも我慢の限界だったということですかね。まぁ次の試合に期待しましょう。

K.Koufos・・・8ポイント、5リバウンド、3アシスト
4クォーターは素晴らしい活躍でした。特にブロックが良かったです。ゴール下に立ちはだかっていました。スターターとして出場した2試合でカールHCの信頼を得たようですし、今後も期待できそうです。

ということで4連勝となりました。順位はウエスト2位です。まだまだ序盤ですが、気分が良いことには変わりありません。この調子でどんどん勝利を重ねていってもらいたいですね。

次の試合はロードでのスパーズ戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。