2017年05月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017年07月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs 76ers (Road)

kage

2012/01/19 (Thu)

011812_amiller_670_convert_20120119152947.jpg

本日はロードでのシクサーズ戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。

まずはスコアからです。

1234OTT
DEN1932271812108
PHI281727248104


ナゲッツのスターターはローソン、アフラロ、ガリナリ、ネネ、クーファスの5人でした。モズコフは腰を痛めたようで欠場しました。フェルナンデスも2試合連続の欠場となりました。

まず1クォーターです。ナゲッツはシクサーズの激しいディフェンスに苦しみ、楽なシュートを打たせてもらえませんでした。パスが回らなかったですね。苦しいシュートが多かったです。またディフェンスでもシュートチェックが甘く、楽にシュートを打たせてしまいました。このクォーターは9点ビハインドで終了しました。

次に2クォーターです。2クォーターの序盤もシクサーズペースでした。単調なオフェンスに緩いディフェンスというナゲッツの悪い部分が目立ちました。これにより最大14点差までリードを許しますが、中盤以降はナゲッツペースとなります。次第にインサイドのディフェンスが激しくなっていき、シクサーズの得点を止めます。オフェンスでもミラーを中心にリズムを取り戻します。最大14点あった差でしたが、残り2分のネネのバスケットカウントで逆転に成功します。その後もナゲッツペースが続き、終了間際のローソンのレイアップでリードを6点に広げ、前半終了となりました。

次に3クォーターです。このクォーターは付かず離れずといった感じで、前半終了時の6点差前後で進みました。2点差まで縮められる場面もありましたが、この時はハリントンとブリュワーの連続スリーで再び引き離しました。こんな感じで点差は変わらず、6点リードで3クォーター終了となりました。

次に4クォーターです。このクォーターは、アンダーセンのFTのミスから始まりました。両チーム共にシュートが決まらない展開でしたが、ナゲッツは何とかブリュワーとローソンがシュートを決め、点差を10点に広げます。しかし残り9分10点リードの場面からシクサーズの猛反撃を受けます。ここからシクサーズに13-0のランを決められ、一気に逆転されてしまいます。しかしナゲッツはミラーとローソンがシュートを決めて再逆転。ここから何度もリードチェンジを繰り返し、残り17秒のホリデーのシュートでシクサーズが1点リードを奪います。しかしナゲッツは残り7秒にミラーのシュートで逆転します。残り7秒守りきれば勝ちという場面でしたが、ブリュワーが痛恨のファウル。イグダラにFTを与えてしまいます。2本決められれば逆転という場面で、イグダラが1本しか決められずに同点。最後にミラーがシュートを放ちましたが外れてオーバータイムとなりました。

最後にオーバータイムです。オーバータイムもリードを奪えば同点に追いつくという展開で、どちらのチームも主導権を握ることはできません。勝負の決め手となったのはターンオーバーでした。残り11秒、ナゲッツ2点リードの場面でシクサーズボールとなります。ここでホリデーが痛恨のターンオーバー。残り2秒でナゲッツボールとなりました。その後アフラロがFTを2本決め、4点差での勝利となりました。

総括
見事な勝利でした。4クォーターに追いつかれたことよりも、この展開で負けなかったことが大きいですね。正直4クォーターに1点差に迫られた段階で「ちょっとキツイかな・・・」と思い、逆転された時点で負けを覚悟した部分もあったのですが、しっかりと立て直しましたね。ロードでのback-to-backという厳しい状況でのオーバータイムの試合となりましたが、チーム一丸となって勝利をたぐり寄せました。またこの試合に関しては、シクサーズのディフェンスに注目していました。ボールマンにプレッシャーを掛ける、パスを簡単に出させない、パスを簡単に入れさせない、シュートチェックをしっかりする、このような基本的なことをしっかりとしていました。やはりこの意識の高さが重要ですね。まさにディフェンスという感じでした。一方のナゲッツのディフェンスは、スクリーンへの対応が中途半端だったり、シュートチェックも甘かったりというようにまだまだですね。ナゲッツらしいギャンブルディフェンスもいいのですが、堅実なディフェンスというのも必要ですよね。

続いて選手個人についてです。

T.Lawson・・・13ポイント、2リバウンド、7アシスト
最近ミドルレンジのジャンパーが決まりませんね。それにより得意のドライブも効果半減という感じです。早いところタッチを取り戻してほしいです。

Nene・・・20ポイント、14リバウンド、3アシスト
14リバウンドは見事でした。オーバータイムでもしっかりとシュートを決めるなど、インサイドで頑張っていました。

D.Gallinari・・・3ポイント、5リバウンド、1アシスト
オフェンスでは積極性が足りないかなと思います。もっとゴールに向かって行ってもいいような気がするんですけどね。あとディフェンスでは完全にやられてしまいました。スティールを狙いすぎて抜かれるシーンもありましたし、スクリーンプレーへの対応も悪かったです。

A.Afflalo・・・14ポイント、6リバウンド、1アシスト
オーバータイム最後のFTは、よく決めましたね。アフラロがしっかりと2本決めて、4点差にできたことで勝利を確信できました。

A.Miller・・・28ポイント、8リバウンド、10アシスト
最近は調子を落とし気味で心配していましたが、この試合は大事な場面で面白いようにシュートが決まりました。スリーも3本決めましたし、最近の不調は夢だったんだろうかと思うような活躍でした。ベテランがチームを引っ張る姿はいいですね。

A.Harrington・・・12ポイント、8リバウンド、1アシスト
3クォーターまでは良かったですね。ただ4クォーターでは、チーム全体のリズムが悪かったということもありますが、ショットクロックギリギリのシュートなどもったいないプレーがあったかなと思います。

C.Andersen・・・8ポイント、3リバウンド、6ファウル
4クォーター早々にファウルアウトしました。ファウルが多いということは、跳んでいる証拠という解釈をしておきます。ただ4クォーター最初のFTミスは、いただけないですね。

K.Koufos・・・4ポイント、3リバウンド
モズコフの欠場によりスターターでの出場でした。特に印象に残るプレーもなく、1クォーター以降は出場しませんでした。

C.Brewer・・・6ポイント、1リバウンド、1アシスト
4クォーター最後のイグダラのFTで一番ドキドキしていたのは彼じゃないでしょうか(笑)。とまぁ冗談はさておき、あのファウルの場面は、一瞬逆を突かれたブリュワーの負けですね。ただファウルをしなければ2点取られていたかもしれませんし、結果的には勝利に繋がるファウルとなりました。

ということでロードで2連勝となりました。久しぶりのオーバータイムということで、ドキドキしっぱなしの試合でした。これがレギュラーシーズンだからドキドキですんだものの、プレーオフでオーバータイムになったらどうなってしまうのか想像もできません(^▽^;) とりあえず勝てて良かったです。また1日休んでロードでback-to-backという鬼スケジュールですので、怪我には気を付けて試合に臨んでもらいたいです(モズコフは大丈夫でしょうか・・・)。

次の試合はロードでのウィザーズ戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

この記事へのコメント

kage

ヴァリアブル

本当に価値のある一勝でしたね!
こういった感じで追いつかれて競り合うと
落としてしまうという流れを何回も見てきただけに
今回勝ち切れたのはホンットーーーに嬉しいです!!。・゚・(ノ∀`)・゚・。
私たちの心配は杞憂だったかのように、
ミラーが大爆発で古巣PHIで一気に嫌われましたね(・з・)
と言っても完璧ってわけでもなく徐々にエンジンがかかっていった、
という感じで。
反面ガロは本当に出てたのか?というほど存在を消してました^^;
うまく抑え込まれていたということなんでしょうね。
そしてまるで消耗品のように消えていったバードマンは
あれはあれでいい気がしました←オイ
フリーで打って3を外しまくったアフラロは最後のFT決めたことで
自分の中ではチャラにしました(´・∀・`)
とりあえず、選手たちには笑顔でおつかれ!と言ってあげたいです。


後、モズゴフとルディがケガでかなり心配です。
クーファスがあの出来ではかなり心もとないですよね・・・・

Posted at 00:02:57 2012/01/20 by sei200

この記事へのコメント

kage

sei200さんへ


追いつかれた中でも粘って勝てたことは本当に価値がありますよね。
追いついたチームと追いつかれたチームでは勢いが全然違いますからね。
しかもロードでの勝利ということも大きな価値があると思います。

ミラーに関しては、確かに徐々に良くなっていった感じですね。
この調子でどんどんチームを引っ張っていってもらいたいです。

一方のガロは存在感がなかったですね。
ただガロの出場している時間帯は、チームとしてそこまで悪くなかったような気がします。
ガロ自身の活躍は次の試合に期待しましょう。

本当に疲れる試合だったと思いますがよく勝ってくれたと思います。

あとこれ以上の怪我人は勘弁ですね。
特にモズコフの状態が気になります。
ただバードの調子が上がってきたので、なんとかなりそうかなと思います

Posted at 19:59:45 2012/01/20 by ロッキー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。