2017年05月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017年07月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Wizards (Road)

kage

2012/01/21 (Sat)

無題_convert_20120121204922

本日はロードでのウィザーズ戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。
まずはスコアからです。

1234T
DEN27342522108
WAS37261823104


ナゲッツのスターターはローソン、アフラロ、ガリナリ、クーファス、モズコフの5人でした。モズコフとフェルナンデスが復帰しましたが、ネネが踵を痛めて欠場しました。

まず1クォーターです。序盤から両チームの点の取り合いとなります。ナゲッツはガリナリを中心に、ウィザーズはヤングを中心に得点を重ねていきます。クォーター終盤、ナゲッツのミスが増え始めたのに対し、ウィザーズはミスなく次々とシュートを決めていきます。結局ウィザーズの勢いを止められず、10点ビハインドで1クォーター終了となりました。

次に2クォーターです。序盤は点差が縮まらずに10点前後の差で試合が進みましたが、徐々にナゲッツペースになっていきます。ウィザーズのシュートが決まらなくなったということではなかったのですが、それ以上にナゲッツのシュートが決まりました。2点取られてもスリーで1点縮めるというように少しずつ地道に点差を縮めていき、残り3分弱の時点で同点に追いつきます。最終的には再び勝ち越しを許す形になりましたが、点差を縮めて2点ビハインドで前半終了となりました。

次に3クォーターです。開始から6-0のランで逆転に成功します。その後は抜きつ抜かれつという展開でした。しかし中盤以降にハリントンの活躍などでナゲッツがペースを掴み、リードを広げます。3クォーターは6点リードで終了しました。

最後に4クォーターです。開始から3クォーターのお返しとばかりにウィザーズが5-0のランを決め、同点になります。その後ハリントンのスリーで勝ち越しますが、フリースローとスリーを決められ逆転されてしまいます。4クォーターに逆転されてしまうという嫌な展開でしたが、何とか踏みとどまり、終盤まで接戦で進みます。勝負を決めたのはハリントンでした。残り1分2点リードの場面、ハリントンがショットクロックギリギリで値千金のスリーを決め、5点にリードに広げます。最後はファウルゲームに持ち込まれましたが、しっかりと逃げ切り、4点差の勝利となりました。

総括
まずは接戦の試合で勝てたことは良かったです(しかもロードで)。ただ1クォーターに37点は取られすぎでしょう。そのうちヤングに17点を取られました。もちろんヤングの調子が良かったということもありますが、楽にシュートを打たせすぎたかなと思います。せめて調子の良い選手に対しては、もっとプレッシャーをかけてほしかったです。アフラロもボールウォッチャーになり、ヤングへの注意が散漫になっている場面もありましたね。それでも後半はしっかりとディフェンスができていたかなと思います。あと何度も何度も言ってきましたが、フリースローをしっかり決めないといけませんね。この試合は20-30で10本外しました。確率でいえば66.7%です。確率が上がってくれば、もっと楽な試合になるんですけどね・・・

続いて選手個人についてです。

T.Lawson・・・21ポイント、9リバウンド、6アシスト
最近調子の悪かったジャンプシュートでしたが、この試合はしっかりと決めていました。特にスリーですね。積極的に打つ姿勢も良かったです。あと被ブロックが4と多かったのですが、マッチアップ相手のウォールはサイズもあるしウイングスパンも長いので仕方ないですね。

D.Gallinari・・・21ポイント、4リバウンド、5アシスト
ミドルレンジのシュートタッチが良かったです。持ち前の強気なドライブも戻ってきましたし、次戦の古巣との試合も期待できそうです。

A.Afflalo・・・13ポイント、2リバウンド、3アシスト
前回のシクサーズ戦同様にファウルゲームでFTを打ったのですが、1本外してしまいました。今シーズンは、なかなかFTが安定しませんね。

T.Mozgov・・・8ポイント、5リバウンド
ターンオーバーが3と軽率なミスもありましたが、FGは4-5と確実に決めていました。ダンクが2本ありましたが、ゴール下で確実に決めるだけでも評価できるかなと思います。

A.Miller・・・0ポイント、4リバウンド、5アシスト
前日の28ポイントから一転して0ポイントとなりました。ファウルをもらえずにテクニカルも取られてしまいましたね。まぁシクサーズ戦は頑張っていましたし、一休みという感じでしょうか。あと髪が短くなっていました。

R.Fernandez・・・6ポイント、1リバウンド、2アシスト
復帰戦ということで、10分程度の出場でしたが、チームにリズムをもたらせてくれたかなと思います。大丈夫なのかと心配になるほど走っていたと思います。ダンクも2本ぐらいありましたし、状態は良いようですね。

A.Harrington・・・29ポイント、7リバウンド、2アシスト
今年のハリントンは凄いですね。スリーはもちろんですが、インサイドでビッグマンらしい動きができています。試合を決定付けるスリーとダンクは見事でした。次の試合も期待したいですね。

C.Andersen・・・7ポイント、8リバウンド、2ブロック
FT以外は良かったですね。リバウンドとブロックでしっかりとバードマンらしさが出せたかなと思います。

K.Koufos・・・2ポイント、6リバウンド
リバウンドの意識の高さは良いんですけどね。FGが1-5と確率が悪かったです。クーファスはゴール下で決めきれないというイメージがあります。確実性が出てこないと厳しいですね。

C.Brewer・・・1ポイント、1アシスト
フェルナンデス復帰と共に出場時間も減ってしまいました。内容自体もミスが多かったかなと思います。もう少し長い時間見てみたい選手なんですけどね。

ということで3連勝となり、ロード5連戦の勝ち越しが決まりました。そして次の試合はニックス戦です。体力的にかなり厳しい試合になると思いますが、トレード後の初対戦ということもあり、選手たちも気合が入るんじゃないでしょうか。特にトレードに関わったガロとモズコフの活躍に期待したいです。

次の試合はロードでのニックス戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。