2017年07月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年09月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Suns (Home)

kage

2012/02/15 (Wed)

021412_aafflalo_670_convert_20120215162821.jpg

本日はホームでのサンズ戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。 まずはスコアからです。

1234T
PHX2130192292
DEN33252823109

ナゲッツのスターターはローソン、アフラロ、ブリュワー、ファリード、クーファスの5人でした。ガリナリ、ネネ、モズコフ、が欠場しました。

まず1クォーターです。開始からナゲッツが10-0のランで主導権を握ります。ファリードのアリウープやブロックでチームが勢いに乗ったという感じでした。その後は相手がサンズということもあり、アップテンポな点の取り合いとなりました。ナゲッツとしてはボールがよく動き、フリーの選手を上手く作れていたと思います。点の取り合いとなり少し点差を縮められましたが、終盤にフェルナンデスの連続でスリーを決めて再びリードを広げます。1クォーターは12点リードで終了しました。

次に2クォーターです。このクォーターは両チームが波に乗り切れないという感じでした。ナゲッツは点差を広げるチャンスでのミス、サンズは点差を縮めるチャンスでミスというように、ここぞという場面でのミスが目立ちました(シュートミスも含む)。このような展開で10点前後の差で進みましたが、終了間際にサンズが7-0のランで5点差になります。それでも最後にローソンがシュートを決めて7点差で前半終了となりました。

次に3クォーターです。序盤はサンズペースでした。オフェンスではボールが止まるシーン多くなり、なかなかフリーの選手を作ることができませんでした。ディフェンスでもアウトサイドをフリーにしてしまう例のディフェンスが出てしまい、開始3分で同点にされてしまいます。しかし同点にされてハリントンを投入してからはナゲッツペースとなりました。というよりもサンズがミスにより自滅したという感じです。サンズの不用意なパスをスティール、そしてそこからの速攻というナゲッツらしいオフェンスで再びリードを奪います。同じようなプレーが何度も続き、一気にリードを広げました。結局リードを16点に広げて3クォーターが終了しました。

最後に4クォーターです。序盤からアンダーセンの活躍でリードを広げます。サンズも少し雑なプレーが多かったかなという印象です。リードが20点あったということもあり、残り6分ぐらいからルーキーズが登場しました。ルーキーズはターンオーバーが多くて点差を縮められましたが、17点差での快勝となりました。残念ながら110点に到達することはできませんでした(タコス的な意味です)。

総括
サンズがナッシュとヒルを休ませていたということもありましたが、1度もリードを許さずにしっかりと勝てたかなという印象です。

まずオフェンスですが、相手のターンオーバーを確実に速攻に繋げていたことが良かったですね。とにかくディフェンスからオフェンスへの切り替えが速く、ボールを奪った瞬間に複数の選手が走り出していました。あれだけ切り替えが速ければ速攻も簡単に決まりますね。ハーフコートオフェンスでも3クォーターの序盤と4クォーターの終盤以外は良かったかなと思います。ボールもよく動いていましたし、インサイドでもしっかりと点を取れていました。連敗時の苦しまぎれのアウトサイドという感じがなくなりましたね。内外のバランスが良くなったと思います。

次にディフェンスですが、インサイド陣がドライブしてくる選手を潰せていたことが良かったと思います。ペイント内での得点を許さずに、ジャンプシュートばかり打たせてるディフェンスができていました。アウトサイドをフリーにしてしまう場面もありましたが、シュートチェックもそこそこできていましたし、ナゲッツにしては良い方のディフェンスだったかなと思います。

課題とすればオフェンスリバウンドを18本取られたことでしょうか。ただサンズのPF陣がアウトサイドでプレーすることが多く、ファリードやハリントンが外に出されてしまったので仕方がない部分もあるのかなと思います。相手が飛び込んでくるスペースを作ってしまいました。だからといってアウトサイドにいるフライをフリーにするわけにもいかないですし、全員でリバウンドを取りにいけば速攻を出せなくなります。なかなか難しい問題ですね。


続いて選手個人についてです。


T.Lawson・・・17ポイント、3リバウンド、5アシスト
FGが6-7とシュートが好調でした。ジャンプシュート中心でしたが、これだけ確率が良ければ問題ないですね。ファリードへのアリウープパスにアシストがついていなかったことが不思議です。

A.Afflalo・・・20ポイント、1リバウンド、2アシスト
フリースローは決まりませんでしたが、その他のシュートは好調でした。ようやくアフラロが戻ってきたという感じですね。このまま好調をキープしてもらいたいです。

A.Miller・・・2ポイント、5リバウンド、7アシスト
アンダーセンとの相性が良いですね。アンダーセンへの素晴らしいパスが何本もありました。ただ6ターンオーバーは多過ぎかなと思います。

R.Fernandez・・・11ポイント、2リバウンド、2アシスト
1クォーター最後の連続スリーは見事でした。またトリッキーなパスは見ていて面白いのですが、もう少し安全なパスをしてもらいたいなと思う場面もありました。

A.Harrington・・・12ポイント、6リバウンド、2アシスト
スリーは決まりませんでしたが、インサイドで点を取っていたことは好印象です。この試合のようにインサイドでのプレーを増やしてもらいたいかなと思います。

C.Andersen・・・16ポイント、7リバウンド、6ブロック
久しぶりにバードマンという感じでした。オフェンスではボールをもらう動きが良く、ミラーのアシストから得点を重ねていきました。またジャンプシュートも意外と決まっていましたね。ディフェンスでも6ブロックと存在感を見せました。調子自体は良さそうでした。

K.Koufos・・・9ポイント、9リバウンド、5スティール、3ブロック
5スティールは意外でした。試合を見直してみると、クーファスがボールに少し触れて相手がターンオーバーをしたシーンでスティールが記録されていました。ボールに対して手を出すということは大事ですね。あと3ブロックも良かったと思います。

C.Brewer・・・9ポイント、5リバウンド、1アシスト
前の試合と比べると印象は薄かったかなと思います。それでもブリュワーが戻ってきてから連勝していますし、見えない部分でチームに貢献している感じでしょうか。

K.Faried・・・13ポイント、9リバウンド
前半は良かったです。ポストプレーでは華麗?なステップを見せていましたし、積極的にシュートを狙う意識は良かったと思います。またディフェンスでは、インサイドに行きたいものの、フライがアウトサイドにいたため、中途半端な感じになってしまいました。そのためディフェンスリバウンドにもなかなか参加できませんでした。3クォーターは消えてしまいましたが、全体的に悪くなかったかなと思います。

J.Hamilton・・・0ポイント、1リバウンド
ガベージタイムの6分間の出場でした。ガロがいない間はブリュワーの控えとして出場させてもいいのかなと思っていましたが、この試合を見る限りだとまだまだ難しそうです。ちょっとドリブルのミスが目立ちました。

J.Stone・・・0ポイント、1ブロック
ガベージタイムの6分間の出場でした。ハミルトンと同様にミスが多かったです。6分ぐらいの出場でターンオーバーが2つは多いですね。今後PGでプレーしていくのならばミスの少ない堅実なプレーが必要ですね。

ということで2連勝となりました。そして久しぶりのホームゲームでの勝利です。これから厳しい相手との試合が続きますが、良い内容の試合を期待したいです。

次の試合はロードでのマブス戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。