2017年04月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年06月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Blazers (Home)

kage

2012/03/01 (Thu)

022912_lawson_670_convert_20120301154128.jpg

本日はホームでのブレイザーズ戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。

まずはスコアからです。

1234T
POR2223262495
DEN29332319104

ナゲッツのスターターはローソン、アフラロ、ブリュワー、ファリード、モズコフの5人でした。ガリナリ、ネネ、フェルナンデスの3人が欠場しました。

まず1クォーターです。序盤からナゲッツペースでした。オフェンスではファリードを中心にペイント内で点を取っていきます。とにかくファリードのハッスルプレーが目立ちました。ディフェンスでも効果的にダブルチームを仕掛けていました。中盤以降はハリントンのシュートが良く決まり、ナゲッツ優位で試合は進んでいきます。最後にフェルトンにブザービーターを決められてしまいましたが、7点リードで1クォーター終了となりました。

次に2クォーターです。序盤は点差が開かずという展開でしたが、徐々にナゲッツペースになっていきます。ハミルトンのスリーを皮切りにモズコフのバスケットカウントなど、8-0のランで差を16点に広げます。その後8点差まで縮められる場面もありましたが、終了間際に9-0のランで再び点差を広げ、17点差で前半終了となりました。

次に3クォーターです。序盤は点の取り合いという感じで進みました。しかし中盤になるとブレイザーズペースになります。ナゲッツのシュートが決まらなくなり、少しずつ点差が縮まっていきます。残り3分45秒にクロフォードにスリーを決められて9点差まで縮められてしまいました。しかしその後は立て直し、14点リードで3クォーター終了となりました。

最後に4クォーターです。開始からスリーとアリウープを決められ、不安なスタートとなりました。その不安は的中し、序盤はブレイザーズペースで進みます。ブレイザーズのシュートが面白いように決まり、一時は6点差まで縮められてしまいました。しかしナゲッツもローソンを中心に点が取れるようになり、再びリードを広げます。その後は10点前後のリードを守りきり、9点差での勝利となりました。

総括
途中点差を縮められる場面もありましたが、ブレイザーズに1度もリードを許さず、危なげなく勝てたと思います。

まず全員がよく走っていたと思います。オールスター前の重い感じがなく、開幕直後の勢いのあるナゲッツという感じでした。やはりオールスター前は疲れがあったのでしょうね。オールスターブレイクでしっかりとリフレッシュできたようです。特にインサイド陣の頑張りが目立ちました。ファリードは元々よく走る選手ですが、モズコフとクーファスの7フッターコンビもしっかりと走っていました。元気が良すぎて怪我が心配になるほどでしたね。

次にオフェンスリバウンドの多さです。これもよく走っていたということに繋がりますが、速攻時でもしっかりフォローに走っていましたし、ハーフコートオフェンスでも積極的にリバウンドに跳んでいました。そしてそのセカンドチャンスをしっかりと得点に繋げられたことも良かったと思います。

最後にローソンのドリブルですね。ローソンがスピードに乗ったドリブルで前へ前へボールを運ぶことで、ナゲッツらしい速い展開のオフェンスができました。やはりナゲッツにとってローソンは欠けてはならない重要な選手だということを感じる試合でした。


続いて選手個人についてです。


T.Lawson・・・18ポイント、5リバウンド、9アシスト
シュートタッチも良かったですし、総括でも触れたようにドリブルで積極的に仕掛けていたことも良かったです。ローソンのドリブルから生まれる速攻は迫力があっていいですね。

A.Afflalo・・・12ポイント、1リバウンド、6アシスト、3ブロック
全体のシュート確率は悪かったのですが、要所要所でしっかり決めていたので良かったかなと思います。珍しくダンクもしていましたね。またディフェンスでは3ブロックと頑張っていたと思います。

T.Mozgov・・・14ポイント、9リバウンド、1アシスト、2ブロック
オフェンスリバウンドからのゴール下のシュートという形で得点が伸びました。またジャンプシュートも相変わらず柔らかいタッチで決めていましたね。とにかく元気に走り回っていましたし、調子はかなり良さそうでした。

A.Miller・・・4ポイント、3リバウンド、5アシスト
特に目立ったプレーはなかったと思います。逆にミスが目立っていたかなと思います。

A.Harrington・・・13ポイント、10リバウンド、2アシスト
前半はシュートタッチが良く、オフェンスでチームを引っ張っていたと思います。ただ後半は目立ちませんでしたね。無理なプレーがなかったという部分では良かったのかもしれません。

K.Koufos・・・8ポイント、11リバウンド、4ブロック
モズコフと同様にオフェンスリバウンドからのゴール下のシュートという形が多かったです。しっかりフォローできていたことが良かったと思います。また4ブロックというように、ディフェンスでもインサイドで頑張っていたと思います。

C.Brewer・・・11ポイント、4リバウンド
全体的に無茶なプレーが目立ちましたが、速攻ではしっかりとシュートを決めていたので良かったかなと思います。あとはジャンプシュートが安定して決めることができればいいのですけどね・・・

K.Faried・・・13ポイント、10リバウンド
17分の出場でダブルダブルのスタッツは立派です。10本のリバウンドの内、7本がオフェンスリバウンドというように、とにかくハッスルプレーが目立ちました。どこからでも跳んでくる選手なので、相手としてみれば嫌でしょうね。派手なダンクも何本かありましたし、観ていて楽しかったです。後半はもう少し長い時間ファリードのプレーが見たかったなと思ってしまいました。

J.Hamilton・・・11ポイント、1リバウンド、3アシスト
速攻のチャンスで止まるという謎のプレーがありましたが、それ以外は良かったと思います。スリーだけでなくティアドロップやミドルレンジのジャンプシュートなど、多彩なオフェンスを見せてくれました。意外と周りが見えているようで、フリーの選手にしっかりとパスを出していたことも良かったです。


ということでオールスター明け最初の試合をしっかりと勝利で飾ることができました。内容も良かったですし、これからまた調子を上げていきたいですね。そしてガロの復帰も近づいてきているようです。軽くではありましたがジャンプシュートを打っていましたし、予想通り4週間程度で復帰できそうな感じです。

次の試合はロードでのロケッツ戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

この記事へのコメント

kage

後半戦は出だし良しですね。
ただネネがなかなか帰ってきませんね。
今期は出てきては欠場を繰り返してますんで無理はして欲しくないですが、結構酷い怪我なんでしょうか・・・
代わりにでてるファリードの活躍は嬉しいですが
ってかなぜに大活躍だったのに17分しか出さなかったんですかね?

Posted at 21:37:42 2012/03/01 by goldennug

この記事へのコメント

kage

goldennugさんへ


後半戦も期待できる良い試合だったと思います。

ネネに関してはよく分からないです。
そんなに重い怪我だと思わなかったのですが、意外と時間がかかっていますね。
来シーズンまで100%の状態にならないかもしれないという情報もありますし、気長に待つしかないですね。
ただそのぶんファリードの出番が増えているので、それはそれで良いのかなと思っています。

この試合もファリードのプレーをもっと見たかったのですが、まだまだハリントンの信頼には及ばないようです。
ただこのまま良いプレーを続ければ20~25分ぐらい出場させるかもよとカールおじさんが言っているので、頑張ってもらいたいです。

Posted at 19:53:21 2012/03/02 by ロッキー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。