2017年09月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年11月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Celtics (Home)

kage

2012/03/18 (Sun)

Faried_Celtics1112_1_670_convert_20120318190058.jpg

本日はホームでのセルティックス戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。

まずはスコアからです。

1234T
BOS2220262391
DEN2926251898

ナゲッツのスターターはローソン、アフラロ、ガリナリ、ファリード、モズコフの5人でした。

まず1クォーターです。序盤はガリナリのスリーが2本決まるなど、アウトサイドのシュートがよく決まっていました。ディフェンスでも少し走られた感じがありましたが、それほど悪くもなかったかなと思います。中盤はモズコフがインサイドでシュートを決めるシーンが増えました。意識的にかもしれませんが、普段よりもポストでボールをもらいにいっていたかなと思います。そしてセルティックスがポロポロとシュートを落としてくれていたということもあって、ナゲッツがリードを奪います。終盤もハリントンやフェルナンデスのスリーでリードを広げ、7点リードで1クォーター終了となりました。

次に2クォーターです。序盤はボールが上手く回らずに嫌な感じでしたが、中盤に相手のターンオーバーからの速攻というナゲッツ得意の形が3回連続で決まり、二桁のリードを奪います。その後もナゲッツペースは続きます。シュートを落としてもオフェンスリバウンドを取り、セカンドチャンスでしっかりと点を決めるシーンが多くありました。最後はガリナリのスリーとモズコフのブロックで締めて、13点リードで前半終了となりました。

次に3クォーターです。序盤から両チームのシュートが落ちずに点の取り合いとなります。シュートを数多く決められたものの、点差は縮められずに進みました。中盤にリードを広げる時間帯があったものの、終盤には雑なプレーが増えて少し点差が縮んでしまいます。12点差で3クォーター終了となりました。

最後に4クォーターです。序盤こそは点差は変わらずに何とか耐えていましたが、中盤に10-0のランを許して一気に点差を縮められてしまいます。オフェンスもリズムが掴めないままで、2点差に縮められた後のオフェンスもハリントンがスリーを外してしまいますが、ここでファリードがオフェンスリバウンドを取ります。そしてシュートに行った場面でピアースのファウルを誘い、ピアースはファウルアウトとなります。ファリードはフリースローを2本決めて4点差となりました。その後はローソンのスリーやファリードのアリウープなどもあり、しっかりと逃げ切りました。

総括
4クォーターは少し苦しい時間もありましたが、前半からナゲッツらしいバスケットができたかなと思います。

まずは速攻が決まっていたのが良かったですね。前半は相手のターンオーバーを速攻に繋げて確実に点を重ねていきました。この速攻が続いていた時間帯にリードを二桁に広げ、このリードを最後まで守り切った形になりました。個人的には2クォーターにあったガロのビハインドバックパスからファリードのシュートという速攻が一番印象に残っています。ガロのパスも凄かったのですが、ファリードもあのタイミングのパスをよく取れたなと思いました。

次にリバウンドです。この試合はオフェンスリバウンド、ディフェンスリバウンド共にセルティックスを圧倒しました。確実にディフェンスリバウンドを取り、積極的にオフェンスリバウンドに飛び込んでいくというシーンは、ここ数年のナゲッツになかった光景ですね。この試合のシュート確率はそこまで良くなかったので、オフェンスリバウンドからのセカンドチャンスを数多く得られたことは大きかったです。


続いて選手個人についてです。


T.Lawson・・・7ポイント、5リバウンド、10アシスト、2スティール
ポイント自体は少なかったのですが、4クォーター終盤に大きな大きなスリーを決めてくれました。なかなか点の取れない試合でも、この試合ように大事な場面でしっかり決めてくれると助かりますね。

D.Gallinari・・・20ポイント、5リバウンド、3アシスト
ポイントだけでなく、ファリードへのビハインドバックパスなどアシスト面でも活躍が目立ちました。ここ3試合は調子が良いですし、ようやくコンディションも上がってきたのかなと思います。

A.Afflalo・・・15ポイント、1リバウンド、4アシスト
スリーの確率は悪かったのですが、速攻でしっかりと点を稼ぎました。次はスリーに期待したいですね。

T.Mozgov・・・8ポイント、4リバウンド
1クォーターは自分のリズムでシュートを打っていましたし、久しぶりに良かったのではないでしょうか。また2クォーター最後のブロックも見事でしたね。

A.Miller・・・2ポイント、2リバウンド、3アシスト
後半のミラーの出場している時間帯のオフェンスは、あまり上手くいっていませんでした。少しボールを持ち過ぎかなと思います。パスが回らずにオフェンスが詰まってしまう印象を受けました。

R.Fernandez・・・3ポイント、2リバウンド、3アシスト
ちょっと雑なパスもありましたが、そこそこ上手くプレーできていたかなと思います。

A.Harrington・・・11ポイント、4リバウンド、1アシスト
前半は悪くないと思いましたが、終わってみればFGが4-12という結果になってしまいました。4クォーターもフリーでシュートを打てていたのですが、決めることができませんでしたね。

K.Koufos・・・6ポイント、7リバウンド、2ブロック
リバウンドも取れていましたし、自分の仕事はしっかりできていたかなと思います。

C.Brewer・・・8ポイント、1アシスト、3スティール
ディフェンスでは3スティールを記録しましたし、オフェンスでは速攻で点を決めてくれました。フリースローはもう少し決めてもらいたかったなと思います。

K.Faried・・・18ポイント、16リバウンド、1アシスト
ファリードにとって3月17日のペプシセンターは相性が良いようです。昨年の3月17日はファリード率いるモアヘッドがルイビルを破るアップセットを成し遂げた日だそうです。その試合もペプシセンターで行われていました。あれから1年経った2012年の3月17日も大活躍でした。もちろん16リバウンドも凄いですが、個人的にはFTが8-8とパーフェクトだったことが良かったと思います。特に4クォーター終盤でもしっかりと決めていたことが好印象です。オフェンスリバウンドを奪った後にファウルをもらうシーンが多いため、FTをしっかりと決めるということは重要ですね。


ということで強豪相手が続いていますが、連敗せずに勝つことができました。内容的にも良かったですし、次につながる勝利かなと思います。またトレードで獲得したマギーは、この試合は出場しませんでした。ネネの身体検査がまだ終わっていないからということのようですが、次の試合ぐらいからは出場できるのかなと思います。色々な意味で楽しみですね。

次の試合はホームでのマブス戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

この記事へのコメント

kage

すっきり

デンバー現地観戦最後の試合でナゲッツらしい試合が観れたかなと思います(^o^)
試合展開もおっしゃる通り第4Q以外は
良かったですね。
特に今回のManimalは凄かったです!!
サンダー戦がなかなかストレスのたまる
負け方だったのでスカッとしました(^。^)y-~

ネネはホントに残念でしたけど、
今回はマギーも観戦していたので
これからは彼に程々に期待します(笑)
あっ、後、本当に偶然なんですけど、
座ったシートの隣にWチャンドラーが
座っててビックリしました(>_<)
快く写真を撮らせてくれ、
ジャージにサインもしてくれました!
↑厚かましい
彼は日頃のテンション低いですね(笑)
ただ、契約合意の噂は本物のようでした

Posted at 20:49:55 2012/03/18 by sei200

この記事へのコメント

kage

sei200さんへ


この試合は内容のある良い試合でしたね。
サンダー戦の悔しさを晴らしてくれたと思います。

ネネのトレードは残念でしたが、代わりに加入するマギーに頑張ってもらいましょう。
おっしゃるように程々に期待することにします。

そしてチャンドラーが隣に座っていたということで、本当に羨ましい限りです。
写真やサインなどはいい思い出になりましたね。
正式に契約も決まったようなので、再びナゲッツで頑張ってもらいたいです。

Posted at 15:42:03 2012/03/19 by ロッキー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。