2017年03月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017年05月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Raptors (Road)

kage

2012/03/29 (Thu)

032812_lawson_670_convert_20120329111836.jpg

本日はロードでのラプターズ戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。
まずはスコアからです。

1234T
DEN2231321196
TOR27283020105

ナゲッツのスターターはローソン、アフラロ、チャンドラー、ファリード、マギーの5人でした。

まず1クォーターです。開始から7-0のランを許してリードされてしまいます。その後はナゲッツが点差を縮める度にラプターズにスリーを決められてしまう展開が続きました。終盤はラプターズのシュートが決まらなくなったので、点差を縮めるチャンスでした。しかしナゲッツもラプターズ同様にシュートが決まらなくなり、点差を縮めることはできませんでした。5点ビハインドで1クォーター終了となりました。

次に2クォーターです。いきなり5点取られて10点ビハインドとなってしまいます。すぐに4点を返して6点差としますが、これ以降は点差がなかなか縮まりませんでした。しかし終盤になるとディフェンスが激しくなっていきます。点差は縮まらなかったものの、内容は良くなっていきました。そして残り1分を切ってから3連続で速攻を決めて一気に逆転します。最後はクレイザにスリーを決められて再逆転されてしまいましたが、1クォーター終了時から3点縮めて、2点ビハインドで前半終了となりました。

次に3クォーターです。開始1分で6点ビハインドにされてしまいました。しかしここからナゲッツは13-2のランで逆転に成功します。その後はファリード&マギーのダンクもあり勢いに乗ると思いましたが、ラプターズのオフェンスを止めることができずにリードを広げることはできませんでした。終盤もオフェンスではローソン無双という感じでしたが、ディフェンスではオフェンスリバウンドを嫌というほど取られてしまいます。リードを広げることはできず、逆に点差を縮められてしまいました。最後もオフェンスリバウンドを取られてからの失点で同点とされて3クォーター終了となってしまいました。

最後に4クォーターです。序盤でナゲッツは5点のリードを奪いましたが、残り8分30秒以降フィールドゴールが1本も決まらずにフリースローの2点しか取れませんでした。もちろんラプターズには点を取られたので、簡単に逆転されてそのまま負けてしまいました。9点ビハインドの敗戦です。

総括
もうね・・・ブルズ戦の価値ある勝利が無駄になるような試合でした。

問題はスリーのディフェンス、リバウンド、4クォーターのオフェンスの3つです。

まずスリーのディフェンスです。ドライブからのキックアウトで何本もやられていました。スリーのある選手をマークしている選手がヘルプに行くために簡単にフリーを作られてしまいます。相手選手のドライブへのヘルプはマギーなどインサイド陣に任せて、1~3番の選手はマークマンをフリーにしないでほしいです。何度同じ形でスリーを決められたことか・・・

次にリバウンドです。正直3クォーターにディフェンスリバウンドをしっかり取れていれば勝てたと思います。せっかく1度は守ったのに、セカンドチャンスで点を取られてはどうしようもないですね。特にハリントン&モズコフの時間帯は壊滅的でした。モズコフにはもう少し頑張ってもらいたかったです・・・

最後に4クォーターのオフェンスです。序盤は良かったです。ただ残り8分30秒以降は酷かったです。アウトサイドでダムダムしてショットクロックギリギリにジャンプシュートを打つというオフェンスの繰り返しでした。3クォーター~4クォーターの序盤は積極的にリングに向かっていたのですが、急に逃げるようなオフェンスが増えました。またローソンのところで優位に戦えていたのに、そこであまり攻めなかったことも疑問です。あと中盤以降の謎のスモールラインナップですね。ローソン、アフラロ、チャンドラー、ファリード、マギーの5人からローソン、ミラー、アフラロ、チャンドラー、ハリントンの5人となりました。これでスクリーンを掛ける選手がいなくなり、積極的にドライブができなくなったかもしれません。もちろん流れを変えたかったということもあると思いますが、ファリードかマギーのどちらでもいいのでスクリーンを掛ける選手を1人は入れてほしかったです。


続いて選手個人についてです。


T.Lawson・・・26ポイント、4リバウンド、9アシスト、2スティール
3クォーターが素晴らしかっただけに4クォーターは残念でした。4クォーターももっと積極的に仕掛けてほしかったです。

J.McGee・・・8ポイント、7リバウンド、1アシスト、2ブロック
ファウルが増えてしまいましたが、出来としては悪くなかったと思います。3クォーターには豪快なダンクもありました。もう少しブロックが増えてくれるといいかなと思います。

A.Afflalo・・・15ポイント、4リバウンド、2アシスト
あまり調子は良くなかったですね。4クォーターにはテクニカルを取られてしまいましたし、フラストレーションの溜まる内容となりました。アフラロにはピック&ロールの意識をもう少し持ってもらいたいかなと思います。スクリーナーがフリーになってもパスを出せないシーンが目立ちますね。

W.Chandler・・・13ポイント、8リバウンド、1アシスト
ジャンプシュートが決まらないと厳しいですね。良い意味でも悪い意味でも安定している選手だなと感じました。

T.Mozgov・・・2ポイント、1リバウンド
失望したとまでいきませんが、残念な内容でした。どうもハリントンとの相性が悪いような感じです。ハリントンと共にベンチから出てくるならアンダーセンの方が相性が良いような気がしますね。

A.Miller・・・8ポイント、4リバウンド、2アシスト、2スティール
アシストが伸びませんでした。ミラーのアシストが伸びないとセカンドユニットは苦しくなりますね。

A.Harrington・・・11ポイント、7リバウンド、2アシスト
そろそろダメな日はスパッと代えるという起用法も見てみたいですね。この内容で30分の出場は多すぎだと思います。

C.Brewer・・・3ポイント、3リバウンド
3クォーター最後のターンオーバーは痛かったですね。本当にもったいなかったです。

K.Faried・・・10ポイント、5リバウンド、1アシスト
マッチアップ相手がバルニャーニやクレイザということもあり、なかなかリバウンド争いに絡めませんでした。ディフェンスは相変わらずフェイクに引っ掛かる場面も多いですし、アウトサイドでフリーにさせてしまう場面もありました。ただ以前よりはアウトサイドへの対応ができてきたと感じました。


ということで情けない負け方となってしまいました。落としたくない試合だっただけにガッカリ感も倍増ですね。スモールラインナップも見飽きましたし、そろそろ1試合通して王道の起用法が見たいです。あともう少しマギー使ってほしいな・・・

次の試合はロードでのボブキャッツ戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。

関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【vs Raptors (Road)】
本日はロードでのラプターズ戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。

2012.03.29 (Thu) | まとめwoネタ速suru

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。