2017年09月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年11月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Suns (Home)

kage

2012/04/07 (Sat)

040612_harrington_670_convert_20120407161053.jpg

本日はホームでのサンズ戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。

まずはスコアからです。

1234T
PHX2923232499
DEN21312627105


ナゲッツのスターターはローソン、アフラロ、ハミルトン、ファリード、クーファスの5人でした。ガリナリ、チャンドラー、フェルナンデスの3人が欠場しました。

まず1クォーターです。序盤は初スタメンのハミルトンがスリーを決めるなど、良い感じで入れたと思います。しかし中盤以降はシュート確率が悪くなってしまいます。またトランジションディフェンスも悪く、サンズのリズムでオフェンスを展開されてしまいました。ナゲッツはターンオーバーがありませんでしたが、逆にナゲッツらしいパス回しができなかったという印象でした。このクォーターは8点ビハインドで終了しました。

次に2クォーターです。序盤からナゲッツペースとなりました。ナゲッツはオフェンスのリズムが良くなり、逆にサンズはシュートが決まらなくなりました。どんどん点差が縮まっていき、残り6分半の時点で逆転に成功します。その後もハリントンとアフラロの連続スリーなどもあり、ナゲッツが8点をリードします。しかしサンズもナッシュが戻ってきてからリズムを取り戻し、終盤はサンズペースとなりました。ナゲッツは8点のリードを守ることができずに再び逆転されてしまいます。それでも最後にハミルトンがシュートを決めて追いつき、同点で前半終了となりました。

次に3クォーターです。開始からナゲッツはアフラロの2本のスリーとファリードのアリウープでリードを奪います。その後もナゲッツは少しずつ点差を広げて一時は10点リードとなります。しかし中盤以降はサンズペースとなり、残り2分の時点で逆転されてしまいます。それでもナゲッツは残り1分からハリントンが5点を奪い再逆転。3点リードで3クォーター終了となりました。

最後に4クォーターです。序盤は点の取り合いとなりました。ナゲッツのリードは変わりませんでしたが、中盤になるとシュートが決まらなくなります。残り8分ぐらいからレッドにスリーを決められて1点差となり、チルドレスにレイアップを決められて逆転されてしまいます。その後もサンズペースは続き、5点ビハインドとなってしまいます。なかなか点差が縮まらずに時間が進んでいきましたが、ファリードのアリウープとミラーのレイアップで1点差とすると、残り1分23秒のミラーのフリースローで再逆転します。その後はアフラロのスリーやファリードのブロックなどもあり、見事に逃げ切りました。6点差での勝利となりました。

総括
流れがあっちへ行ったりこっちへ行ったりと落ち着かない試合でしたが、最後にナゲッツに流れが来てくれたかなという感じでした。

ディフェンスではスクリーンでやられたかなという感じです。ただサンズが相手だとスクリーンへの対応が難しいですね。無理にショウディフェンスで深追いするとナッシュからスクリーナーへ素晴らしいパスが出てしまいます。この辺のバランスは難しいかなと思います。ただそれ以外のディフェンスは悪くなかったかなと思います。試合終盤は激しくシュートチェックに行けていましたし、オフェンスリバウンドを奪われながらも点を許さなかったことは良かったかなという感じです。

オフェンスに関しては1クォーターはイマイチでしたが、2クォーター以降はパスが回るようになりました。ドライブしてのパスアウトを繰り返し、アウトサイドが空けばスリーを打ち、インサイドが空けばレイアップという感じでした。単調なオフェンスになってしまう時間帯もありましたが、全体的に内外のバランスが良かったかなと思います。


続いて選手個人についてです。


T.Lawson・・・2ポイント、2リバウンド、8アシスト
シュートが決まらなかったということもありますが、シュートの本数自体少なかったです。少し消極的だったかなと思います。

J.McGee・・・7ポイント、2リバウンド
カールもマギーの起用法に関しては試行錯誤している感じです。個人的にはこの試合のようにベンチからという方が活かせるような気がしますが、マギー自身が納得できるかでしょうね。あとフリースローはもう少し確率良くお願いしたいです。

A.Afflalo・・・30ポイント、5リバウンド、3アシスト
シュートが好調で今シーズン2回目の30ポイント以上となりました。4クォーター終盤の試合を決めるスリーはさすがでした。

A.Miller・・・15ポイント、7リバウンド、7アシスト、2スティール
4クォーターはチームが苦しい場面でしっかりとレイアップを決めてくれました。久しぶりにスリーも決まりましたね。

A.Harrington・・・23ポイント、4リバウンド、1アシスト
3クォーターの終盤から4クォーターの序盤にかけてスリーが良く決まりました。インサイドでも点が取れていましたし、リバウンド以外は良かったと思います。

K.Koufos・・・3ポイント、8リバウンド
オフェンスリバウンドは凄く頑張っていたと思います。後はディフェンスリバウンドも取れれば文句なしでしたね。

C.Brewer・・・2ポイント、2アシスト
シュートスランプという感じですね。元々シュートが上手くない選手ですので、調子が悪くなると悲惨な感じになります。開幕直後のシュートタッチを取り戻してほしいですね。 

K.Faried・・・12ポイント、8リバウンド、1アシスト
珍しくゴール下で決めきれないシーンが目立ちましたが、4クォーターはアリウープや最後のブロックなど存在感を見せました。最近は疲れがあるのか良い時のキレがないかなという感じですが、残り少ないシーズンを頑張って乗り切ってもらいたいです。

J.Hamilton・・・11ポイント、5リバウンド、2アシスト
初スタメンでしたが、充分な活躍だったと思います。17分程度の出場でこのスタッツは立派です。ディフェンスはまだまだですが、オフェンスは得点パターンも豊富ですし、良い点取り屋になれそうな雰囲気があります。ディフェンスもしっかりと鍛えてカールに信頼される選手になってほしいですね。


ということで久しぶりのホームで勝つことができました。順位の方も団子状態ですし、今後もプレイオフ争いは激化していきそうですね。またガロの復帰も近づいてきました。現地時間で月曜日のホームでのウォリアーズ戦での復帰を目指しているようです。意外と早く戻ってこれそうなので良かったです。

次の試合はロードでのウォリアーズ戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。