2017年07月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年09月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs 76ers (Road)

kage

2012/11/01 (Thu)

103112_670_iguodala_convert_20121101215818.jpg

本日はロードでのシクサーズ戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。
まずはスコアからです。

1234T
DEN2216142375
PHI2521191984

ナゲッツのスターターはローソン、イグダラ、ハミルトン、ファリード、クーファスの5人でした。ガリナリが欠場となりました。

まず1クォーターです。最初のオフェンスでイグダラがジャンプシュートを決めます。これが今シーズンのナゲッツ初得点となりました。このクォーターは中盤までは点差が付きませんでした。しかし残り6分から3分間、ナゲッツは得点がなく8点の
リードを奪われます。それでも終盤はミラーが連続でシュートを決めて3点ビハインドで終了しました。

次に2クォーターです。序盤から両チームともにシュートが決まらない展開が続きました。点差もナゲッツが追い付けば、シクサーズが突き放すという展開が続きます。しかし残り1分30秒あたりからシクサーズに8-0のランを決められ、8点ビハインドで前半終了となりました。

次に3クォーターです。このクォーターはミスも多く、シュートも決まらないという酷い出来でした。幸いシクサーズもシュートを落としてくれたのでそこまで大差はつけられませんでしたが、13点ビハインドで3クォーター終了となりました。

最後に4クォーターです。このクォーターの序盤にエヴァン君が登場してNBAデビューを果たしました。そのエヴァン君の効果なのかナゲッツのリズムが良くなり、点差をどんどん縮めていきます。そして残り4分40秒にローソンがシュートを決めて1点差とします。しかし直後にホリディにバスケットカウントを決められて4点ビハインドとなると、一気にナゲッツのペースが落ちてしまいました。最終的に9点ビハインドで試合終了となりました。


総括
 75点じゃ勝てないですよね。ただ新戦力のイギーを中心に据えようとしているので、オフェンスはある程度時間が掛かっても仕方がないかなと考えるようにします(ガロもいなかったですし)。実際にイギーからのパスを味方が取れないというシーンが何度もありました。あの辺りのタイミングが掴めれば、もっとスムーズなオフェンスとなっていけそうです。

 シュートに関しては「こんな日もあるさ」と思えますが、速攻だけはしっかりと確実に決めてもらいたかったなと思います。特にブリュワーですが、何度も何度もボールを叩かれていました。せめてファウルだけでも貰ってほしかったです。

 そしてシクサーズとの明らかな違いはディフェンスでした。毎年毎年キャンプではディフェンスに力を入れるとありますが、結果的に何も変わってない感じです。中途半端なトラップでアウトサイドをフリーにしてしまいシュートを決められるというナゲッツの失点パターンは相変わらずでした。そしてボールばかり見て自分のマークマンを見失うというのも相変わらずでした。その点シクサーズのディフェンスはボールとマークマンへの意識のバランスが良いですね。ああいうのを良いディフェンスというのでしょうね。


続いて選手個人についてです。


T.Lawson・・・16ポイント、5リバウンド、7アシスト、2スティール
前半はファウルトラブルもありましたし元気もなかったのですが、終盤は自分で点を取りに行く姿勢が見れて良かったかなと思います。ただ来シーズンから12ミリの男になるわけですし、毎試合20点ぐらいを目指して頑張ってもらいたいです。

A.Iguodala・・・11ポイント、4リバウンド、4アシスト、2スティール
まだまだ連携不足という感じでした。あともう少しドライブしてもいいのかなと思います。スリーに関してはそのうち決まるようになるでしょう。

K.Faried・・・6ポイント、7リバウンド
悪い寄りの普通という感じでした。他の選手がディフェンスリバウンドを取っていたので、リバウンドは7本止まりでした。それでもオフェンスリバウンドの5本は見事です。オフェンスで少し悪い方向に目立ってしまったかなと思います。

J.McGee・・・4ポイント、7リバウンド、3ブロック
11ミリの男は微妙でした。全然印象に残っていません。結局ダンクしてなんぼの選手なんですよね。オラジュワンから学んだことを忘れて貪欲にダンクを狙ってみても面白いかもしれません。

A.Miller・・・10ポイント、7リバウンド、5アシスト、2スティール
FGが5-15とシュートタッチがイマイチでした。エアボールも何本かありましたし、調子は悪かったようです。

K.Koufos・・・6ポイント、9リバウンド
1クォーター序盤のフックを見てイケそうだと思ったのですけどね。ボールをポロポロ落としていたなという印象です。あと何度か書いた覚えがありますが、何かクーファスは浮いているような感じがするんですよね。具体的には分かりませんが、何か他の選手と違うような感じがします。

C.Brewer・・・8ポイント、6リバウンド
昨シーズンも結構目立っていたのですが、いつも以上にボールだけを叩かれていました。ブリュワーは速攻で決めきれないシーンが多いです。ボールの持ち方なのか分かりませんが、せめてファウルを貰わないとですよね。

W.Chandler・・・5ポイント、3リバウンド
シュートまでの形はチャンドラーらしかったですし、悪くないように見えました。ただ肝心のシュートが悪かったです。ただプレシーズンよりは動けていたのではないでしょうか。

E.Fournier・・・5ポイント、リバウンド、アシスト、スティ
この試合の収穫はエヴァン君だと思います。ガロの怪我があったという事もありますが、開幕戦から出場させてもらえたのはキャンプ、プレシーズンと結果を残してきたからだと思います。この試合は4クォーターからの出場となりましたが、エヴァン君が出場している時間帯が一番楽しかったです。特にスリーを決めたシーンですが、パスを受ける前にスリーポイントラインまでしっかりと下がる辺りが良かったです。次の試合も出場機会があるといいですね。

J.Hamilton・・・4ポイント、6リバウンド、2アシスト
微妙でした。期待されているのは得点力でしょうが、持ち味を出せなかった感じです。ちょっと縮こまっていた印象です。やはりハミルトンはベンチからの方が活きるような感じです。


ということで開幕戦は敗戦となってしまいました。開幕戦で負けたのは久しぶりではないでしょうか。内容も良くなかったですし、切り替えて次は頑張ってもらいたいです。

次の試合はロードでのマジック戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。

関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。