2017年05月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017年07月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Heat (Road)

kage

2012/11/04 (Sun)

110312_gallanari_670_convert_20121104134252.jpg

本日はホームでのヒート戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。

まずはスコアからです。

1234T
DEN34322525116
MIA35292332119

ナゲッツのスターターはローソン、イグダラ、ガリナリ、ファリード、クーファスの5人でした。

まず1クォーターです。このクォーターは点の取り合いとなりました。ナゲッツは早い展開から点を重ね、ヒートはスリーで点を重ねていきます。途中ヒートが主導権を握りかけましたが、ナゲッツはファリードやマギーの頑張りでヒートに大きなリードを許しませんでした。1点ビハインドで1クォーターを終えました。

次に2クォーターです。最初にマギーのレイアップで逆転、さらにブリュワーのスティール&レイアップでリードを広げます。その後もイギーのナイスディフェンスやマギーのダンクなどでナゲッツペースで進みました。終盤に少しヒートペースになりかけましたが、なんとかリードを守りました。2点リードで前半終了です。

次に3クォーターです。序盤からヒートペースとなりました。ナゲッツは攻守ともに勢いがなくなり、簡単に逆転されてしまいます。一時は6点のビハインドとなってしまいました。このままズルズルと行きそうでしたが、ここでミラーが頑張り点差を縮めていきます。そしてミラーのレイアップで再逆転に成功したナゲッツは最後もミラーのバスケットカウントでリードを広げ4点リードで終了しました。

最後に4クォーターです。序盤は両チームミスの多い展開で進みました。ナゲッツリードで試合は進んでいきましたが、中盤にアレンに連続でスリーを決められて追いつかれてしまいます。その後は3点差以内での攻防が繰り広げられます。残り14秒、ナゲッツ1点ビハインドの場面でイギーがジャンプシュートを決めて逆転します。しかし残り6秒でアレンに4点プレーを許してしまい3点ビハインドとなってしまいます。最後はガロがスリーを狙いましたが外れて試合終了。3点差で敗戦で3連敗となってしまいました。

総括
 まずオフェンスですが、前の2試合と比べてテンポが良かったと思います。速い展開も何本か出ましたし、ハーフコートオフェンスでも全員がリングに向かっていく姿勢が見えました。そのおかげでファリードやマギーがオフェンスリバウンドに行けましたし、セカンドチャンスでの得点も伸びました。ナゲッツらしさが出てきたと思います。
 
 次にディフェンスですが、スリーを打たれすぎです。なんであそこまでフリーにしてしまうのか・・・という感じです。レブロンやウェイドのドライブに対してヘルプに行く関係でフリーにさせてしまうのでしょうが、アレンなど打たせてはいけない選手に対してのマークはしっかりしてほしかったです。この試合のアレンはフリーになるのが上手かったというよりもナゲッツがフリーにさせていたという印象が強いです。2点取っても3点取られてはどうしようもないので、スリーへの対策はしっかりしてほしいです。

 最後のディフェンスに関しては再びブリュワーがやってしまったという感じです。あのプレーではファリードが比較的上手くレブロンに付いていたのですが、ブリュワーがレブロンに引き寄せられてしまいました。あのような場面でもパスを捌けるレブロンに対して不用意なヘルプだったと思います。そしておまけにファウルも取られて4点プレーです。昨シーズンもシクサーズ戦、ホークス戦でやってしまいましたが、ブリュワーはファウルが多いので終盤は怖いですね。


続いて選手個人についてです。


T.Lawson・・・14ポイント、4リバウンド、6アシスト、4スティール
どんどん仕掛けていくという姿勢が見えました。ミドルレンジのシュートは少し落としていましたが、ローソンらしいプレーはできていたと思います。

A.Iguodala・・・22ポイント、5リバウンド、3アシスト
ようやくシュートが決まったという感じです。4クォーター残り14秒からのジャンプシュートはさすがの勝負強さでした。ちょっとパスを意識しすぎかなという場面もありましたが、それも含めてイギーらしいという事でしょうか。ここかららに調子を上げていってもらいたいです。

D.Gallinari・・・13ポイント、6リバウンド、2アシスト
最後のスリーを含めてシュートタッチがイマイチでした。フリースローも3本外してしまったりとガロの良い部分が出ませんでした。

K.Faried・・・22ポイント、12リバウンド、1アシスト
今シーズン初のダブルダブルです。ローソン、イギー、ガロなどがドライブをすることで生まれたスペースに上手く入り、オフェンスリバウンドが取れました。ファリードがオフェンスリバウンドを取れる状況はナゲッツにとって良いオフェンスが出来ているという事でしょうね。これからもダブルダブルを量産してほしいです。

J.McGee・・・16ポイント、9リバウンド
ファリード同様にオフェンスリバウンドが取れ、そこからのダンクという形で得点も伸びました。余計なことを考えずにとりあえず跳ぶというマギーらしさが出ていたと思います。

A.Miller・・・17ポイント、2リバウンド、1アシスト
アシストは少なかったのですが、ポストプレーからのジャンプシュートなど上手いプレーで得点を重ねました。2クォーター終盤はベテランらしい良いプレーだったと思います。

K.Koufos・・・2ポイント、4リバウンド
そろそろプレーシーズンから続いていた魔法が解けてきたという感じでしょうか。攻守ともにほとんど何もできませんでした。

C.Brewer・・・10ポイント、5リバウンド
最後のディフェンス以外は悪くなかったと思います。


ということで開幕3連敗となってしまいました。ただナゲッツらしいオフェンスが出来ていたので、そこは良かったと思います。ロードでヒート相手に接戦を演じられたとポジティブに考えていきたいです。

次の試合はホームでのピストンズ戦です。ホーム開幕戦となります。選手たちの活躍に期待しましょう。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。