2017年03月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017年05月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Warriors (Road)

kage

2012/11/11 (Sun)

111012_iguodala_670_0_convert_20121111173903.jpg

本日はホームでのウォリアーズ戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。 まずはスコアからです。

1234OT2OTT
DEN24162224813107
GSW1326202787101

ナゲッツのスターターはローソン、イグダラ、ガリナリ、ファリード、クーファスの5人でした。

まず1クォーターです。中盤まではロースコアの展開となります。ナゲッツはターンオーバーが多く、ウォリアーズはシュートミスが多いという感じでした。しかし終盤になるとナゲッツのインサイドのディフェンスが機能し、マギーのブロック祭りとなります。そしてそこからの速攻が何本も決まり、リードを奪いました。11点リードで1クォーター終了となりました。

次に2クォーターです。このクォーターは終始ウォリアーズのペースでした。ナゲッツは攻守ともに出来が悪かったです。オフェンスではガロを中心にタフショットを連発し、ディフェンスでは簡単に走られて速攻を決められてしまいました。11点あったリードは1点リードに変わって前半終了となりました。

次に3クォーターです。序盤は両チーム点を取り合い何度もリードチェンジがありました。その後はナゲッツがリズムを掴みかけ7点のリードを奪いますが、すぐにウォリアーズに逆転されてしまいます。最後にブリュワーの活躍で再逆転に成功して3点リードで3クォーター終了となりましたが、内容的に負けという感じのクォーターでした。

次に4クォーターです。ナゲッツは序盤に逆転されてしまい、常に追いかける状況という苦しい展開が続きました。残り6分、ウォリアーズが5点リードした場面でナゲッツのタイムアウトとなります。ここからナゲッツは8点を連取して逆転に成功します。ここからはカリーvsガロという感じでお互いが点を取り合っていきます。残り28秒、ナゲッツ2点リードの場面でウォリアーズはジャックがレイアップを決めて同点となります。時間を使って攻めたいナゲッツでしたが、残り7秒でミラーがまさかのターンオーバーでウォリアーズボールになります。ナゲッツは何とか7秒守りきり、今シーズン初のオーバータイム突入となりました。

次に最初のオーバータイムです。先取点はガロのレイアップからでした。その後はお互いに点を取り合い、ナゲッツ優位の同点で試合が進んでいきます。残り1分、ローソンがターンオーバーでボールを失ってしまいます。その直後カリーにジャンプシュートを決められてウォリアーズがオーバータイムで初めてリードを奪います。その後は両チームシュートが決まらず、残り13秒、ウォリアーズ2点リードの場面でファウルゲームに突入します。ウォリアーズにとって大事なフリースローでしたが、トンプソンがまさかの両方失敗してしまい、残り13秒、ウォリアーズ2点リードでナゲッツボールとなります。ナゲッツは残り2秒、ガロが上手く相手を抜いてダンクを決め、同点に追いつきます。ナゲッツは残り2秒を守りきりダブルオーバータイムに突入となりました。

最後にダブルオーバータイムです。子のオーバータイムも先取点はナゲッツでしたが、その後は7点を連取されて5点ビハインドとなってしまいます。ナゲッツはミラーのフリースローで4点差としますが、次のディフェンスでファウルをしてしまいウォリアーズのフリースローとなってしまいます。しかしウォリアーズはここでもフリースローを決めることができませんでした。ランドリーが2本外してしまいます。残り1分、ウォリアーズ4点リードの場面でイギーがスリーを決めて1点差となります。ナゲッツは次のディフェンスを頑張り、残り47秒、ウォリアーズ1点リードでナゲッツボールとします。そして残り35秒にガロが値千金のスリーを決めて逆転に成功します。その後はウォリアーズにシュートを決めさせず、さらにフリースローをしっかりと決めて逃げ切りました。ダブルオーバータイムの熱戦は6点差での勝利となりました。

総括
 勝負所でミスをするナゲッツと勝負所でフリースローを落とすウォリアーズという傍から見ればグダグダな試合だったと思います。ナゲッツとしてみればウォリアーズに勝たせてもらったという試合のような印象です。この試合に関しては内容はともかく勝てたということが大きいですね。

 ディフェンスに関しては、なんだかんだで良くなっていると思います。この試合も4クォーター終了時点で86失点でした。特にダブルチームを仕掛けてからのローテーションンが良くなっています。今までの後手後手のディフェンスから少し改善されたように思います。あとインサイドのディフェンスも良かったです。クーファスを中心にファリード、マギーとインサイドをガッチリと守れていました。まだアウトサイドのディフェンスは甘い部分があるので、これは今後に期待ですね。

 次にオフェンスですが、一番の問題はフリースローです。序盤からフリースローをしっかりと決めて入れば意外とすんなり勝てたと思います。せっかくファウルを貰っても2本に1本しか決められないので、なかなか勢いに乗れないですね。後は全体的にアウトサイドのシュートが決まりません。その外れたシュートをインサイド陣が拾ってゴール下のシュートを決めるというプレーが多く、オフェンスの形が作れませんでした。ポストでボールを預けられる選手がいないので、1対1中心のオフェンスになるのは仕方がないのですが、スクリーン等を使ってディフェンスを崩していけるようにならいといけませんね。


続いて選手個人についてです。


T.Lawson・・・9ポイント、1リバウンド、10アシスト、2スティール
レイアップはブロックされ、ジャンプシュートは決まらない、フリースローも決まらないとオフェンス面で苦労しています。疲れからか少し動きにキレがないように感じました。

A.Iguodala・・・19ポイント、12リバウンド、8アシスト
あとアシスト2つでトリプルダブルというオールラウンドな活躍でした。最終的なシュート確率は良くなかったのですが、ダブルオーバータイムの勝負所でのスリーは見事でした。

D.Gallinari・・・21ポイント、7リバウンド、2アシスト、3スティール
前半は9本シュート打って全て外すという酷い出来でした。もう擁護できないぐらい酷かったのですが、後半は調子を取り戻しました。特にオーバータイムのダンクとスリーは見事でした。後半以降の活躍が常にできれば問題ないのですが、前半のようにさっぱりな時が多いので、何とか安定感が出てくるといいのですけどね。

K.Faried・・・18ポイント、17リバウンド、2スティール、3ブロック
最初から最後まで頑張り続けてくれました。これで3試合連続のダブルダブルです。特に印象に残っているのはディフェンスです。昨シーズンに比べるとポストディフェンスが上手くなっています。まだまだサイズのある相手は厳しいですが、しつこいディフェンスができるようになりました。本当に毎試合成長しているような選手ですね。

J.McGee・・・7ポイント、12リバウンド、1アシスト
この試合はリバウンドを頑張りました。20分の出場でオフェンスリバウンドを7本奪いました。信じられないテンディングが1本あったので、それは注意してもらいたいです。

A.Miller・・・15ポイント、5リバウンド、8アシスト
全体的には良かったと思います。ただ4クォーター最後のミスは防いでもらいたかったです。あの場面はせめてシュートまでもっていってほしかったです。

K.Koufos・・・7ポイント、7リバウンド、5ブロック
ディフェンス面での頑張りが良かったです。5ブロックは見事でした。

C.Brewer・・・11ポイント、4リバウンド、1アシスト
オーバータイム以外は良かったと思います。スリーではなく積極的にゴールに向かう姿勢が見えました。


ということでダブルオーバータイムの熱戦を制して4連勝となりました。イライラする展開が多かったのですが、勝ったことでイライラが吹っ飛んでしまいました。次はイライラすることなく内容の伴った勝利を期待したいです。

次の試合はロードでのサンズです。選手たちの活躍に期待しましょう。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。