2017年08月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017年10月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Raptors (Home)

kage

2012/12/04 (Tue)

brewer_670_120312_convert_20121204190535.jpg

本日はホームでのラプターズ戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。
まずはスコアからです。

1234T
TOR24203135110
DEN29322824113

ナゲッツのスターターはローソン、イグダラ、ガリナリ、ファリード、クーファスの5人でした。

まず1クォーターです。ナゲッツはローソンの2本のスリーやファリードのバスケットカウントなどで点を取っていきます。一方のラプターズはファリードとのミスマッチをついてバルニャーニを中心に点を取っていきます。なかなか点差が付かないで進みましたが、終盤にナゲッツが連続で速攻を決めてリードを奪います。5点リードで1クォーター終了となりました。

次に2クォーターです。1クォーター終盤と同じように序盤からスティールからの速攻でリードを広げていきます。その後もナゲッツのディフェンスというよりもラプターズのミスという形でナゲッツが速攻を出し続けました。ナゲッツも途中、少し雑になった部分がありましたが、最後はローソンのブザービーターで締め、17点リードで前半終了となりました。

次に3クォーターです。序盤はファリードのシュートが決まらずに嫌な感じでしたが、徐々にファウルを貰えるようになり大事にはなりませんでした。その後もシュートは決められてしまいましたが、ガロの連続スリーなどでリードを守っていきます。終盤はハック・ア・マギーな感じで、マギーがフリースローを多く打つ展開でしたが、そこそこ決めてくれました。14点リードで3クォーター終了となりました。

最後に4クォーターです。序盤からのらりくらりとプレーした結果、急にリズムを崩して接戦になってしまいました。17点リードの残り6分から18-2のランを許して1点差とされてしまいます。それでも1点差とされた残り2分にローソンがスリーを返して4点差とします。その後はファウルゲームとなります。スリーを決められて1点ずつ点差が縮まっていく危ない状況でしたが、フリースローは最後のファリード以外しっかりと決めて逃げ切りました。3点差での勝利となりました。

総括
 ホームで3クォーター終了時の14点リードをきれいに逃げ切れないのが今のナゲッツなんでしょうかね。試合運びがもう少し上手くなってもらいたいです。かなりヒヤヒヤしました。

 まずオフェンスですが、4クォーターの途中まではイギーがパスを散らしてくれて良いオフェンスが出来たと思います。イギーがペネトレイトから内外にラストパスを出してくれたので、バランスよく点が取れたと思います。そしてスティールからの速攻が多く出せたのも良かったですね。問題は悪い流れになった場合の立て直し方です。ガロを中心に単調なオフェンスとなってしまいました。ハーフコートでじっくりと相手を崩すオフェンスができるようになってほしいです。

 次にディフェンスですが、とりあえず手を出したらボールが引っ掛かったという感じでした。あれが良いディフェンスという事ではないと思いますが、速攻に繋がるディフェンスではあったと思います。前半はそれで良かったのですが、後半はあまりプレッシャーをかけられずにシュートを簡単に決められてしまいました。そして戻りも遅く、ディフェンスが揃う前に崩されてしまいました。後半だけで66失点はさすがに多すぎだと思います。

 まぁ4クォーターは厳しい展開でしたが、とりあえず勝てたので安心しました。カールも言っていましたが、内容はともかく勝てたという事が大きいですね。嫌な3連敗を止めることが出来て良かったです。


続いて選手個人についてです。


T.Lawson・・・16ポイント、4リバウンド、3アシスト
FGは6-15でしたが、スリーを3本決めたので、そこは良かったかなと思います。ただ終盤の流れが悪くなった場面で、チームを落ち着かせるプレーが出来ずにミスをしてしまった事が残念でした。

A.Iguodala・・・4ポイント、2リバウンド、8アシスト、2スティール
4ポイントに終わりましたが、他のチームメイトに良いパスを供給できていたので良かったと思います。終盤のフリースローもしっかりと決めてくれました。

D.Gallinari・・・13ポイント、8リバウンド、3アシスト
4クォーターの途中まではスリーも決まっていましたし、良かったと思います。4クォーターの中盤から終盤にかけてちょっと一人相撲的な感じがあったので、そこは気を付けてもらいたいです。

K.Faried・・・18ポイント、10リバウンド、2アシスト
久しぶりのダブルダブルです。外にいることが多いバルニャーニが相手という事もあり、リバウンドは伸びないかなと思いましたが、オフェンスリバウンドを7本取っての10リバウンドはさすがでした。ただディフェンスではサイズの問題もあってやられてしまいました。アンダーサイズのビッグマンの厳しいところですね。フリースローは8-11と決めていたので良かったかなと思います。ただ最後は2本決めてもらいたかったです。

J.McGee・・・17ポイント、6リバウンド、1アシスト、5ブロック
攻守にマギーらしさが出ていたと思います。特に4クォーターのハミルトンがブロックされた直後のマギーのブロックは良かったです。そしてハック・ア・マギーもされていましたが、そこそこ決めてくれたので良かったです。

A.Miller・・・8ポイント、3リバウンド、6アシスト
1クォーター終盤から2クォーターにかけての速攻が多かった時間帯は、しっかりとパスを前へ前へと出してくれました。最近あまり調子が良くないように見えましたが、この試合は良かったです。

K.Koufos・・・10ポイント、10リバウンド、2スティール
ゴール下のシュートをポロポロ落としていたので、スタッツほど良かったという印象はありませんでした。それでもダブルダブルを記録したことは良かったです。

C.Brewer・・・19ポイント、5リバウンド、4スティール
速攻でバンバン走ってダンクを決めていました。ブリュワーに関しては無理にジャンプシュートを打たず、この試合のようにどんどん走ってくれた方が助かります。

J.Hamilton・・・8ポイント、5リバウンド、2アシスト
1本スリーがあったと思ったのですが、あれはツーポイントだったんですね。それでもマギーへのアリウープパスやリバウンドなど多方面に頑張ってくれました。


ということで連敗を止めることが出来ました。またロードの旅に出ますが、連勝できるように頑張ってほしいです。

そういえばQちゃんがDリーグから戻ってきていました。Dリーグでの2戦目と3戦目はミスが目立ちましたが、それでも3試合平均で14ポイント、10.7リバウンドは上々だと思います。チームとしても大量リードでQちゃんを出せるような試合展開が増えるといいですね。

次の試合はロードでのホークス戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。