2017年07月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年09月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Grizzlies (Home)

kage

2012/12/15 (Sat)

121412_iguodala_670_convert_20121215160554.jpg

本日はホームでのグリズリーズ戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。
まずはスコアからです。

1234T
MEM1625282594
DEN1728243099

ナゲッツのスターターはローソン、イグダラ、ガリナリ、ファリード、クーファスの5人でした。

まず1クォーターです。シュートが決まらないグリズリーズと雑なプレーが多いナゲッツという形でロースコアで進みました。終盤になるとブリュワーの良いカットやマギーのブロックなど良い流れで5点のリードを奪います。しかしスリーを決められるなど、ディフェンスの甘さから簡単に追いつかれてしまいます。最後は同点からイギーがフリースローを1本決めて1点リードで1クォーター終了となりました。

次に2クォーターです。序盤からターンオーバーが多い、シュートチェックが甘い、リバウンドが取れないなど攻守に悪い部分が目立ちました。あっという間に10点ビハインドとなってしまいます。しかし中盤以降はナゲッツもシュートが決まるようになり、少しずつ点差を縮めていきます。グリズリーズも中盤から終盤にかけてシュートが決まらなくなり、残り2分にナゲッツがついに追い付きます。その後もゲイにタフショットを決められながらも、ナゲッツのペースが続き、4点リードで前半終了となりました。

次に3クォーターです。このクォーターも序盤はリズムが悪く、開始2分で逆転されてしまいます。その後もナゲッツは何とか付いていきましたが、残り6分弱で6点ビハインドとなってしまいます。しかしここからミラー&マギーの控えコンビが頑張り、残り2分半で同点とします。その後もイギーのバスケットカウント(フリースローはミス)などでリードを広げかけますが、最後にスリーを決められて同点で3クォーターを終えました。

最後に4クォーターです。序盤からずっと点の取り合いで、リードチェンジを何度も繰り返す息の詰まる展開でした。点差が付いたのは終盤でした。残り2分半のローソンのフリースローでナゲッツの4点リードとなります。ガソルにフリースローを2本決められて2点リードに変わりましたが、ここからイギーが連続でシュートを決めて残り1分半で6点リードになります。しかしここからグリズリーズの反撃にあいます。ザックに簡単にシュートを決められ4点差。次のオフェンスでガロがシュートを外し、さらにガソルにバスケットカウントを決められ残り50秒で1点差。残り30秒でマギーがパスミスをしてしまい、ナゲッツ1点リードでグリズリーズボールとなります。流れは完全にグリズリーズでしたが、ここでローソンがゲイのターンオーバーを誘う値千金のスティールを見せました。残り10秒でナゲッツボールになると、ファウルゲームに突入します。ナゲッツはミラーがしっかりとフリースローを決めて逃げ切りました。

総括
 思い返すと色々とミスも多かったのですが、接戦の中でも耐えて耐えて最後は勝ち切れたと思います。

 まずはフリースローをしっかりと決めたことが良かったです。23-26と90%に迫る確率で決めました。フリースローをしっかりと決めていけば安定した試合運びが出来ると思うので、8割、9割とはいかないまでも毎試合7割後半ぐらいは決めていってほしいです。

 次にインサイドのディフェンスが良かったです。正直ホーム有利の笛のように感じましたが、ファウルせずにザック&ガソルを抑えました。逆に2人への意識が強すぎてアウトサイドのディフェンスやディフェンスリバウンドが疎かになった部分もあったかなと思いますが、キーとなる2人を抑えたことで苦しい時間帯でも完全に主導権を握られることなく試合を進められたと思います。

 課題とすれば時折ある集中力が切れたようなプレーです。パスにしろドリブルにしろ雑なプレーというのが見られます。それがチーム全体でバタバタと続いてしまうので、当たり前のことですがミスを減らしていってもらいたいです。あとピック&ロールの精度が悪いです。パスの出し手と受け手の呼吸が合わずにターンオーバーとなるシーンが多くあるので、この辺の精度も上げていってもらいたいです。


続いて選手個人についてです。


T.Lawson・・・13ポイント、5アシスト、1スティール
スタッツは平凡ですし、ターンオーバーも多かったのですが、4クォーターに自分お仕事をしっかりと出来たので良かったです。これまで大事な場面でミスが多かったローソンだけに、最後のスティールは色々な意味で大きなプレーだったと思います。スティール後にかみしめるように手を叩くローソンが印象に残っています。

A.Iguodala・・・20ポイント、4リバウンド、7アシスト、5スティール、2ブロック
速攻で豪快なダンクを何本も決めました。この姿こそナゲッツファンが見たかったイギーではないでしょうか。アウトサイドもバスケットカウントのスリーを決めるなど、少しはタッチが戻ってきたのかなと感じました。ただドリブルでのビハインド・ザ・バック(ボールを背中に通して抜くアレです)は高い確率でターンオーバーになっています。あれはもう少し控えてもらいたいです。

D.Gallinari・・・14ポイント、2リバウンド、1アシスト
この試合のガロといえば1人アリウープでしょう。良い感じで会場も盛り上がりました。この他にもスリーが2-4でしたし、試合終盤もフリースローをもらうなど効果的なプレーが多かったと思います。ただ4クォーターの残り1分で逃げたようなジャンプシュートを打ったことが残念でした。結果論ですが、相手が5ファウルのゲイだったので、もっと強引に行っても良かったような気がしました。

K.Faried・・・8ポイント、10リバウンド、1スティール
オフェンスでは無茶なシュートが目立ちました。フリーではありましたが、ミドルレンジのシュートを打ちすぎかなと思います。あとゴール下でもザック&ガソルに潰されるシーンがありました。あの辺はサイズ差もありますし仕方がないと諦めています。ただ後半はファリードらしいプレーも何本かありました。

J.McGee・・・9ポイント、6リバウンド、1スティール、4ブロック
内容も良かったので終盤も起用されていました。意外とスタッツは伸びませんでしたが、スタッツ以上の存在感がありました。特にザックのシュートをブロック(キャッチ)したプレーは凄かったです。今後も終盤に起用されるように頑張ってほしいです。ただ4クォーターの残り30秒でのパスミスを見ると、カールが終盤起用したがらないという怖さを感じました。あのようなミスが減ってくるといいのですが・・・

A.Miller・・・18ポイント、2リバウンド、4アシスト
ポンプフェイクからガソルとエリントンの間を割っていったプレーはさすがという感じでした。最後もフリースローを確実に決めましたし、まさにベテランらしい活躍でした。

K.Koufos・・・6ポイント、7リバウンド、1アシスト、4ブロック
フリースローも4本全部決めましたし、4ブロックも良かったです。あとはゴール下での強さが身に付けば、さらに良くなると思います。正直当たりに弱すぎるかなと感じました。

C.Brewer・・・9ポイント、4リバウンド、2アシスト
前半はブリュワーらしくカットインからゴール下のシュートをしっかりと決めました。後半は少し消えたかなという感じがありましたが、フリースローを3本全部決めたので良かったです。

T.Mozgov・・・2ポイント
全く何もできませんでした。せめてリバウンドだけでも頑張ってほしかったです。


ということで久しぶりのホームでしっかりと勝つことができました。この試合はBSで放送があるので、そういう意味でも嬉しい勝利です。

今月の残りはまだロードの試合が多いですが、1月になると一気にホームの試合が増えます。12月は何とか5割をキープして、1月から貯金をどんどん増やしていってもらいたいです。

次の試合はロードでのキングス戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。