2017年10月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017年12月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vsTrailBlazers (Home)

kage

2013/01/16 (Wed)

chandler_blazers1213_4_670_convert_20130116180711.jpg

本日はホームでのブレイザーズ戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。
まずはスコアからです。

1234OTT
POR3522192312111
DEN3321271816115

ナゲッツのスターターはローソン、イグダラ、ガリナリ、ファリード、クーファスの5人でした。

1Q
 序盤はナゲッツペースでした。ローソンとガロがアウトサイドのシュートの決め、インサイドではファリードがフックとダンクを決めるというようにオフェンスが好調でした。序盤でナゲッツがリードを奪いました。
 しかし中盤になるとナゲッツのシュートが決まらなくなり、同点に追いつかれてしまいます。その後もナゲッツはチャンドラーの4点プレーなどがありましたが、ターンオーバーも多く、ディフェンスも崩され、ブレイザーズペースは変わりませんでした。2点ビハインドで1クォーター終了となりました。

2Q
 序盤は点を取り合いましたが、中盤になるとブレイザーズのシュートが決まらなくなります。ナゲッツもマギーがシュートを決めきれず、なかなか追いつくことができませんでしたが、残り6分弱にクーファスのシュートで1点差とすると、残り5分にファリードがシュートを決めて逆転に成功します。
 その後はファリードが好調でシュートを決めていきましたが、ディフェンスでスリーを連続で決められてしまい、流れを掴めませんでした。ナゲッツのオフェンスは悪くなかったものの、ディフェンスでシュートを決められ続け、ナゲッツの3点ビハインドで前半終了となりました。

3Q
 序盤、中盤とディフェンスを頑張り、ブレイザーズに得点を許しません。残り10分弱のガロのスリーで同点に追いつくと、残り9分弱にローソンのフリースローでリードを奪います。その後も得点を重ねて点差を広げていきました。
 終盤になって少しシュートが決まらなくなりましたが、最後にミラーがゴール下のシュートを押し込み、5点リードで3クォーター終了となりました。

4Q
 開始からチャンドラーとブリュワーの連続ダンクで9点差とすると、その後はリードを保ちながら時間が進んでいきました。一時は3点差とされる場面もありましたが、ローソンの連続でレイアップを決めて、残り4分弱でナゲッツの9点リードとなります。
 しかしここからオフェンスではイギーがシュートを決められず、ディフェンスでもブレイザーズのインサイド陣を止められずという形で点差が縮まっていきます。そして残り1分にオルドリッジにシュートを決められて1点差とされてしまいます。それでも残り45秒にローソンがレイアップを決めて3点差としましたが、今度は残り30秒にマシューズにスリーを決められて同点とされてしまいます。この後はイギーとリラードが1本ずつシュートを外してオーバータイム突入となりました。

OT
 開始から2分間でナゲッツはローソンのジャンプシュートとイギーのスリーで5点を奪います。一方のブレイザーズはバトゥームとヒクソンのダンクで4点を奪いました。その後ナゲッツが1本、ブレイザーズが2本シュートを外した後にイギーがレイアップを決めて、残り2分でナゲッツの3点リードとなります。
 しかしここからブレイザーズに4点を連取され、残り1分半でブレイザーズの1点リードに変わります。ナゲッツはリードを許した次のオフェンスでガロが難しいスリーを決め、今度はナゲッツの2点リードに変わります。その後はフリースローを2本決められ、残り30秒で同点、そしてナゲッツボールという状況になりました。
 大事な大事なナゲッツのオフェンスでしたが、残り15秒に復帰2戦目のチャンドラーが値千金のスリーを決め、ナゲッツの3点リードに変わりました。その後はブレイザーズにスリーを打たせないディフェンスを見せ、しっかりと逃げ切りました。4点差での勝利となりました。

総括
 オーバータイムの激戦を制しての勝利でした。4クォーターで逃げ切れなかったことは残念でしたが、この展開でも勝ちを拾えたことで大きな1勝になったかなと思います。

 オフェンスは4クォーター最後のイギーのシュート以外は悪くなかったように思います。速攻も出せましたし、ターンオーバーも少なかったです。
 あのイギーのシュートに関してですが、シュートが外れたことは結果なので仕方がないと思います。ただそれまでイギーはシュートが全く決まっていませんでした。ローソンがノリノリで好調、さらに今シーズンはクラッチに強いガロもいるという状況で選択するシュートではなかったような気がします。ローソンがそのまま勝負に行った方が良かったのではないかと思いました。

 次にディフェンス面ですが、4クォーター残り30秒に同点とされるスリーを決められたシーンが気になりました。2点を防ぎにいって3点取られるというナゲッツらしいディフェンスだったかなと思います。ただスリーだけは打たせてはいけない状況だっただけにちょっと迂闊なヘルプだったのかなとも感じました。
 対オルドリッジに関しては、そこまで悪くなかったかなという印象です。FGが10-21で28ポイントというスタッツでしたが、ナゲッツにしては上手く守った部類かなと思います。ナゲッツは元々オルドリッジのようにミドルレンジのジャンパーが上手いビッグマンを苦手にしています。どうしてもジャンパーに対してのチェックが甘くなり、ポンポン決められてしまいます。ただこの試合に関してはポストプレーでかなりやられてしまいましたが、ジャンパーを決められたシーンがそんなに多くなかったように思います。オーバータイムを含めてこのスタッツなら比較的頑張ったのではないかと思いました。


続いて選手個人についてです。


T.Lawson・・・24ポイント、3リバウンド、12アシスト
 4クォーターの終盤は本当に凄かったです。それだけに最後も自分でシュートを打ってもらいたかったなと思ってしまいます。ターンオーバーが2つで12アシストも素晴らしかったと思います。

A.Iguodala・・・9ポイント、3リバウンド、4アシスト、1スティール
 ここ数試合はジャンプシュートが酷いです。早いところ調子を取り戻してもらいたいです。

D.Gallinari・・・25ポイント、4リバウンド、2アシスト
 これで3試合連続の20ポイントオーバーとなりました。オーバータイムのスリーも非常に大きなプレーでした。

K.Faried・・・21ポイント、11リバウンド、2アシスト、2スティール、1ブロック
 4試合連続の二桁リバウンドをマークしました。ゴール下のシュートも確実に決めていたので良かったです。

J.McGee・・・4ポイント、2リバウンド、1アシスト、1スティール
 オーバータイムのアリウープは良く決めたという感じですが、それ以外はイマイチでした。ポストプレーでもステップワークは悪くないのですが、最後のシュートの部分が雑なので、あそこをしっかり決められるようにしてほしいです。

A.Miller・・・4ポイント、2リバウンド、5アシスト、2スティール
 印象に残るプレーは特になかったと思います。良くもなく悪くもなくという感じでした。

K.Koufos・・・8ポイント、5リバウンド、3スティール
 オルドリッジ相手に頑張っていたと思います。マギーよりは上手く守っていたと感じました。

C.Brewer・・・7ポイント、3リバウンド、3アシスト、1スティール、1ブロック
 無茶なシュートもなかったですし、決める所はしっかりと決めていたという印象です。チャンドラーの復帰でオフェンス面で無理をする必要がなくなったという事もあるのかなと感じました。

W.Chandler・・・13ポイント、6リバウンド、2アシスト、2スティール
 決勝点となるスリーは見事でした。あの場面は一瞬ガロの方を見てからのシュートでした。ちょっと迷った部分もあったのかなという感じでしたが、見事に決めてくれました。
 まだまだ細かい所でミスもありますが、まだ復帰2試合目ですので徐々に減らしていけばいいのかなと思います。


 ということで6連勝となりました。1月はホームの試合が多いという事もありますが、順調に勝ち星を重ねてきています。この調子で上を目指して頑張ってもらいたいです。

 次の試合はロードでのサンダー戦です。back-to-back、ロード、そしてサンダーということで、非常に厳しい試合になると思います。ただ今のナゲッツがサンダー相手にどんな試合をしてくれるのかと楽しみでもあります。選手たちの活躍に期待しましょう。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

この記事へのコメント

kage

ナゲッツらしい

本当にナゲッツらしさがよく出ていた試合だったと思います。
PORやGSWといったチームと対戦すると
特にらしさが全面にでることが多いなぁ、と感じます。
勝敗を知った上で試合を観たのに最後の最後まで
ハラハラどきどきと安心できる場面は一つもなく、
ファンとしては非常に楽しい試合でした←


イギーの確率の悪さとマギーのフィニッシュの雑さは
私も気になってました・・・
あそこを改善しない限り今日のOKC戦は厳しいものに
なると思いますが今日の試合は楽しみで仕方ないです!
OKC相手にどこまで戦えるか、それがDENにとって
上位を狙えるかどうかのポイントの一つになると思っています。
西ブルとKDに易々と3を許して大量ビハインド、
なーんてことにはならないよう祈っています(笑)

Posted at 07:54:39 2013/01/17 by DENSUKE

この記事へのコメント

kage

DENSUKEさんへ


私もナゲッツらしい試合だったと思います。
オフェンス、ディフェンス共に特別良かったというわけではありませんでしたが、だからこそいつも通りのナゲッツらしさが見られたのかなという感じです。

PORもGSWも若いチームなので、こういうチームとの試合は見ていても楽しいですね。

イギーに関してはジャンパーが安定しませんね。パスが捌けるだけいいのかもしれませんが、もう少し決めてもらいたいです。
マギーに関しても最後のフィニッシュの部分が適当な時があるので、もう少し丁寧にプレーしてもらいたいです。

OKC戦は非常に残念な結果になってしまいました(>_<)
次のホームでの試合でリベンジしてもらいたいです。

Posted at 18:35:41 2013/01/17 by ロッキー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。