2017年10月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017年12月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

折り返し地点を迎えて・・・

kage

2013/01/23 (Wed)

 ナゲッツは激戦となったホームでのサンダー戦を終え、レギュラーシーズンの43試合を消化しました。

 本当は41試合を消化した時点で色々とまとめておいた方が良かったのかもしれませんが、こちらも色々あってこのタイミングでの更新となりました。決して忘れていたわけではありません!!

 ということでここまでのナゲッツの感想を適当に書いていきます。

戦績
25勝18敗 (WEST 6位)
HOME・・・16勝3敗
ROAD・・・9勝15敗

 現時点では25勝18敗でウエスト6位という戦績です。

 1月になってホームゲームが一気に増えましたが、まだロードゲームが5試合多いという状況です。開幕からの厳しいスケジュールを考えると頑張っている方かなという感じです。

 ただ厳しいスケジュールでしたが、それでもロードで6つの負け越しはちょっと多いかなという印象です。ホームで無類の強さを見せているだけに、ロードでどれだけ勝ち星を重ねていけるかが今後も重要になってくると思います(ロードで弱いナゲッツは毎年恒例ですけど)。

チームスタッツ
stats0123.png  
 見ればわかると思いますが、上の段が昨シーズン、下の段が今シーズンのスタッツです。またOWNはナゲッツ、OPPは対戦相手のスタッツとなっています。

 オフェンス面は昨シーズンとあまり変わらないかなという感じです。FG%は多少下がっていますが、平均103.1点でリーグ4位ですし、まずまずかなと思います。確率が悪いな~と思っていた3PT%も昨シーズンと変わらな勝ったことも意外です。
 問題はFT%です。昨シーズンも高いとは言えませんでしたが、今シーズンはさらに確率が下がっています。堂々のリーグワーストです。確率の高かったアフラロと確率の低いイギーの差が出ている感じですが、チーム全体として確率を上げていってもらいたいです。

 一方のディフェンス面は少しずつ改善されつつあります。ここ数試合の失点が多かったので、平均失点は昨シーズンとあまり変わりませんが、被FGと被3PTは良くなっています。
 特に被FGについては、昨シーズンのリーグ24位から今シーズンはリーグ11位とジャンプアップしています。試合を見ていても、アウトサイドのディフェンスはまだ甘い部分もありますが、インサイドのディフェンスは良くなっていると感じます。今後はどれだけアウトサイドのディフェンスが改善されるかだと思います。
 ただ被3PTに関しても昨シーズンより数字上は良くなっています。今シーズンも散々決められている印象ですが、それでもリーグ15位タイという数字です。それに対して昨シーズンはリーグワーストという数字でした。そう考えると少しは良くなっているのかなという感じもします。ただフリーで打たれるシーンも多いですし、まだまだ改善する余地は充分にあると思います。シーズン終了時には、もっと良くなっていると期待したいです。

トレード
 最後はトレードについてです。グリズリーズとキャブスのトレードが成立したように、今後どんどん動きがあると思います。ナゲッツについても誰々に興味があるというような情報も何度か目にした覚えがあります。

 具体的に名前の挙がった選手は、T.Evans (SAC)、R.Gay (MEM)、P.Millsap (UTA) ぐらいかなと思います。その他にも名前が挙がった選手がいたような気がしますがどれも眉唾物という感じです。

 逆にナゲッツの選手で名前が挙がったのは、モズコフとチャンドラーぐらいだと思います。
 モズコフはヒートが興味を持っているという情報がありました。ヒートはバードマンと10日間契約を結びましたが、バードマンの働き次第では再び話が挙がるかもしれません
 チャンドラーは結構前ですがラプターズが興味を持っているという情報がありました。ラプターズは昨シーズンもチャンドラーと契約するかもという話がありましたし、その関係で話が挙がったのかもしれません。ただラプターズとしても長期契約選手を引き取りたくないという話もあるので、特に気にすることもなかったかなと思います。
 
 次に個人的に考えるナゲッツのニーズです。
 
 ①シューター
 ②点の取れる4番
 ③ドラフト指名権

 こんな感じかなと思います。

 一番必要なのがシューターというのは周知の事実かなと思います。最近はガロの調子が上がってきましたが、ガロ以外でシューターと呼べる選手がハミルトンぐらいしかいません。シューターの獲得というのはナゲッツも目指している所かなと思います。
 次に点の取れる4番です。現在のインサイドのローテーション選手はファリード、クーファス、マギーの3人ですが、オフェンスで期待できる選手達ではありません。現在は復帰したチャンドラーが4番でプレーする機会が多いのですが、本職が4番の選手が居るに越したことはないと思います。余剰気味のウイングの選手で4番の選手を獲得という可能性もあるかもしれません。
 最後にドラフト指名権ですが、これはどのチームも欲しいと思います。とりあえず貰えるのなら貰っておきたいものです。

 まぁウジリがGMになってアッと驚くトレードが多いので、今シーズンも予想外のトレードがありそうで気が抜けません。デッドラインまで楽しんでいきたいと思います。


 という感じで適当にまとめてみました。シーズンも半分が終わり、これからプレイオフ争いが激化していくと思います。ナゲッツもまだまだ安泰ではないと思うので、まずはプレイオフ進出を目指して頑張ってもらいたいです。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。