2017年10月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017年12月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs Timberwolves (Home)

kage

2013/03/10 (Sun)

lawson_670_030913_convert_20130310141753.jpg

本日はホームでのウルブス戦でした。詳しくはReadmoreのボタンからどうぞ。

まずはスコアからです。

1234T
MIN2425211888
DEN27233328111

ナゲッツのスターターはローソン、イグダラ、ガリナリ、ファリード、クーファスの5人でした。

1Q
 序盤からアウトサイドのシュートやピック&ロールなど点を取ることは苦労していませんでした。しかしディフェンスは何本もバスケットカウントを許すなどイマイチだったため、完全に主導権を握ることはできませんでした。
 ナゲッツのリードで試合は進んでいきましたが、大きなリードを奪うことが出来ず、ナゲッツの3点リードで1クォーター終了となりました。

2Q
 両チーム共にミスの応酬で、流れがあっちへ行ったり、こっちへ行ったり、逆転されたり、逆転したりと忙しいクォーターとなりました。
 ナゲッツは中盤にリードを奪いましたが、そのリードを保つことができず、終盤に再び逆転されてしまいます。それでも最後にローソンのフリースローで再逆転し、ナゲッツの1点リードで前半終了となりました。

3Q
 クォーターの入りこそ躓きましたが、残り10分にイギーがバスケットカウントを決めた辺りからナゲッツペースとなりました。ウルブスの得点が止まり、逆にナゲッツは着実に点を重ね、少しずつリードを広げていきました。
 両チーム共に笛に対して苛立つ場面も見られましたが、それでもナゲッツペースは変わらず、ナゲッツの13点リードで3クォーター終了となりました。

4Q
 残り10分ぐらいに連続でスリーを決められて9点差とされてしまいましたが、ナゲッツはここから16-2のランを決めて一気にウルブスを突き放しました。
 最後はエヴァン君やハミルトン、ランドルフなどが出場する余裕の展開でした。23点差での勝利となりました。

総括
 前半は苦労した感じがありましたが、後半にしっかりと突き放して勝つことが出来ました。

 オフェンスはローソンを中心にアウトサイドのシュートが高確率でしたし、ミラーのタッチダウンパスの速攻も目立ちました。速攻はいつも通りですが、アウトサイドのシュートがこれだけ決まると楽になると改めて思いました。そしてナゲッツらしからぬFT%の高さも良かったです。18-22で8割越えは、ナゲッツにとって奇跡的な数字です。

 ディフェンスはいつも通りのナゲッツという感じでした。ただファウルが多かった事は課題かなと思います。特に前半ですが、バスケットカウントを多く許してしまいました。ファウルをする以上はシュートを決めさせないようにしないといけません。その辺はもう少し注意してもらいたいです。

 この試合は笛に対して、プレーする選手も観ているファンもイライラする試合だったと思います。どっち寄りだったかナゲッツファンである以上は客観的に見ることが出来ませんが、印象とすれば変な所で笛を吹かれたナゲッツと笛を吹いてもらえないウルブスという感じでした。
 後半はウルブスの得点を39点に抑えたナゲッツでしたが、ファウル気味のディフェンスでファウルを取られなかったからこその39失点だったかなと思います。いずれにしろ謎な判定が多い試合でした。


続いて選手個人についてです。


T.Lawson・・・32ポイント、1リバウンド、3アシスト、1スティール
 4クォーター序盤の短い時間だけで14ポイントを稼ぐ活躍で、今シーズン3度目の30ポイントオーバーとなりました。ナゲッツはバランスの良いオフェンスが特徴ですが、やはりローソンあってのナゲッツだと再確認しました。

A.Iguodala・・・11ポイント、5リバウンド、3アシスト、4スティール、3ブロック
 アウトサイドのシュートをしっかりと決めていて良かったです。ディフェンスでも4スティール、3ブロックと大活躍でした。リドナーのシュートをブロックしたシーンは腕がにゅっと伸びてきた感じでした。

D.Gallinari・・・11ポイント、5リバウンド、6アシスト、1スティール
 得点は伸びませんでしたが、アシストでチームに貢献しました。次は得点に期待したいです。

K.Faried・・・4ポイント、11リバウンド、1アシスト
 珍しく簡単なゴール下のシュートを落としていました。前半はディフェンスを含めてイマイチだったと思います。ただ後半になってハッスルプレーが見られたので良かったです。

J.McGee・・・8ポイント、3リバウンド、1スティール、2ブロック
 アリウープにブロックにマギーらしいプレーが見られました。ただファウルが増えてプレータイムが短かったことが残念でした。

A.Miller・・・8ポイント、2リバウンド、6アシスト、2スティール
 パスだけでなくドリブルでも魅せるプレーがありました。スリーは残念ながら決まりませんでした。

K.Koufos・・・8ポイント、8リバウンド、1スティール、1ブロック
 派手なプレーは少ないのですが、いつの間にかこのぐらいのスタッツに落ち着いています。これぞクーさんという感じです。

C.Brewer・・・15ポイント、1リバウンド、2アシスト、2スティール
 ブリュワーの最近のトレンドはミドルレンジのシュートでしょうか。ここ最近は中距離のシュートが増えたように感じます。確率はそれほど良い訳ではありませんが、そこそこ決めているので打たないでくれとも思えません。とりあえず元気に走り回っているのは良い事です。

W.Chandler・・・7ポイント、5リバウンド、2アシスト、1スティール
 ファウルトラブルに苦しみました。特に3クォーター終盤のオフェンスファウルはかわいそうでした。それ以外のプレーは悪くなかったと思います。

E.Fournier・・・2ポイント、2リバウンド
 フリースローを2本しっかりと決めていて良かったです。

T.Mozgov・・・0ポイント、1ブロック
 ファウルトラブルもあって2クォーターに少しだけ出番がありましたが、特に何もできませんでした。4クォーター終盤のガベージタイムでも特に何もできませんでした。

J.Hamilton・・・5ポイント
 アウトサイドのシュートは確実に決め、インサイドのシュートは全て外すという結果でした。やはりアウトサイドのシュートは上手いです。

A.Randolph・・・0ポイント、1ブロック
 アイソレーションからのシュートをブロックされていました。


ということで見事な勝利で8連勝となりました。まずはオールスター前に果たせなかった10連勝を目指して突き進んでもらいたいです。

次の試合はロードでのサンズ戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。

ちなみに次の更新も土曜日か日曜日だと思います。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様でございます。

最近はクーさんが点を入れたりリバウンドを取るたび、なぜか嬉しくなります 笑
LAC戦でのダンクはシビれました。

土日の更新、楽しみにしてます。

Posted at 23:30:35 2013/03/10 by ガロ

この記事へのコメント

kage

ガロさんへ


返信が遅れて申し訳ないです<m(__)m>

クーさんがここまで成長するとは思ってもいませんでした。
最近はダンクも増えてきましたし、マギーの立場危うしですね(^_^)

日曜日になりましたが、これから更新しようと思います。

Posted at 13:43:25 2013/03/17 by ロッキー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。