2017年07月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年09月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

vs PHX (Road) , NYK (Home) , MEM (Home)

kage

2013/03/17 (Sun)

今回も数試合まとめての更新です。

vs Suns (Road)

1234T
DEN25282728108
PHX2624241993

 ナゲッツのスターターはローソン、イグダラ、ガリナリ、ファリード、クーファスの5人でした。

 4クォーターは多少良くなりましたが、全体的に内容はイマイチでした。ただ悪いなりにもリードして試合を進められたことは良かったです。ロードですし内容よりも勝利という結果が出たことに安心しました。

 2クォーターにはローソン&ファリードのハーフコートからのアリウープが決まりました。会場のおそらくサンズファンであろう観客の驚いたようなリアクションが嬉しかったです。

vs Knicks (Home)

1234T
NYK2616272594
DEN31333320117

  ナゲッツのスターターはローソン、イグダラ、ガリナリ、ファリード、クーファスの5人でした。

 1クォーターからナゲッツが走りまくって圧倒したという感じでした。特に2クォーターは17-0のランを決めるなどナゲッツのやりたい放題の展開で一気に試合を決めました。

 メロの移籍後初のデンバーでの試合でしたが、正直拍子抜けする試合でした。ニックスはアマレもいないですし、メロも怪我明けで本調子でない(怪我により途中退場もしました)という事もあったので仕方がない部分もあるかもしれません。

 あのトレードから2年以上経過していますし、いまさら感たっぷりのメロの凱旋でしたが、会場はメロがボールを持つたびにブーイングが鳴り響いていました。ナゲッツ自体が好調ですし、恨み辛みのブーイングというよりも、冷やかし程度のブーイングだったかなと思います。途中で『Where is Melo?』や『Who needs Melo?』というチャントがありました。これはトレード直後のボストン戦でもあったチャントだったので懐かしかったです。

vs Grizzlies (Home)

1234T
MEM1829191480
DEN2325102987

 ナゲッツのスターターはローソン、イグダラ、ガリナリ、ファリード、クーファスの5人でした。

 本日更新分のメインイベントとなるホームコートアドバンテージを争うグリズリーズとの大一番です。仮想プレイオフという感じのガッチガチの守り合いとなりました。試合はロースコアのグリズリーズペースで進んでいきました。
 特に3クォーターは開始から8分間で2点しか取れないというナゲッツにとって最悪の流れとなってしまいました。3クォーター終了時点で9点ビハインドと苦しい展開でした。
 しかし4クォーターになると開始から激しいディフェンスで再び流れを引き寄せて点差を縮めていきます。追い上げ時のフリースローもブリュワーがしっかりと決め、そしてファリードのバスケットカウント(フリースローは外しましたが)で1点差とすると、残り8分半のイギーのアリウープで逆転に成功しました。
 その後はシーソーゲームが続き、息の詰まる時間が過ぎていきました。残り1分40秒のクーさんのシュートでナゲッツの4点リードとなりましたが、残り1分20秒にフリースローで2点を失い、ナゲッツの2点リードに変わります。しかしナゲッツにはクラッチタイムに頼りになるガロが居ました。残り1分にガロがザックの上からジャンパーを決めて4点リードとなります。さらに次のディフェンスでもコンリーのパスミスをイギーのスティール、そしてそこからの速攻が決まり、ナゲッツの6点リードとなります。その後もナゲッツはグリズリーズの得点を許さず逃げ切りました。

 熱い熱い試合となりました。プレイオフさながらのガチな守り合いは楽しかったです。グリズリーズとの試合は毎回こんな感じの接戦ですが、何だかんだで3勝1敗で勝ち越しました。タイブレイカー的にも大きな1勝です。

 グリズリーズとナゲッツのディフェンスは相性が良いようです。グリズリーズは比較的アウトサイドのないチームなので、中に中に収縮していくナゲッツディフェンスにとって守りやすい相手だと思います。苦手のロースコアの試合でもグリズリーズに勝てているのは、ナゲッツにとって守りやすい相手だからなのかも知れません。

 この試合はクーさんが素晴らしい活躍を見せました。18ポイント、16リバウンドの大活躍でした。16リバウンドはキャリアハイの数字です。これでクーさんは3試合連続で二桁リバウンドとなりました。高さのクーさんと機動力のファリードで棲み分けが出来ている感じです。またオフェンスでもイギーの難しいパスにしっかりと合わせることが出来ていて良かったです。

 ファリードもディフェンスで頑張っていました。ポストでボールを持たれてしまうと厳しいですが、フルフロントでボールを持たせないディフェンスを頑張っていました。特に4クォーター序盤のランドルフに対してのディフェンスは良かったです。

 サンズ、ニックス、グリズリーズを撃破して11連勝となりました。ナゲッツの11連勝は30年ぶりだそうです。そして30年前の11連勝は2月24日から3月15日までの間だそうで、現在の11連勝は2月23日から3月15日の間となっています。30年前も丁度同じ時期に連勝していたようです。

 どんどん連勝を伸ばしていきたい所ですが、これから2試合は厳しくなりそうです。ロードでブルズとサンダー相手のB2Bとなっています。1勝1敗で御の字でしょうか。ただロードでのサンダー戦は以前ボッコボコにされているので、今のナゲッツがどれだけできるかという点で楽しみでもあります。

 最後にグリズリーズ戦でちょっと面白かった場面です。試合前のクーさんのインタビュー中にハミルトンとQちゃんが冷やかしに来ていました。特にQちゃんが面白かったです。ハミルトンが去った後も10秒以上ガン見していました。いったい何を見ていたのでしょうか・・・

 ちなみにインタビュアーはストーンでした。

555_convert_20130317153818.png

466_convert_20130317153853.png

 次も週末にまとめて更新だと思います。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様でございます。

なるほど、と思いながら楽しく読ませていただきました。
クーさん良かったですね。サラリー的にかなりお得な選手だと勝手に思っております。
マギーは・・・。

ローソンもミドルジャンパーがかなり高確率で決まっているように見えます。
MIAに勝てるのはINDやMEMだと巷?では言われてますが、普通にナゲッツもいけるのではなんて
半分本気、半分希望みたいな感じで思ってたりします。

週末も楽しみにしています。

Posted at 23:02:02 2013/03/18 by ガロ

この記事へのコメント

kage

ガロさんへ


こちらこそブログに足を運んでくれてありがとうです♪

最近のクーさんは本当に頼もしくなってきました。マギーのサラリーを分けてあげてほしいぐらいですね(;一_一)

ローソンもシーズン序盤は調子が上がりませんでしたが、ここにきて絶好調という感じです。今のナゲッツの調子ならヒートにも一泡吹かせられるような気もしますね(^_^)
もう一度だけでもヒートとの試合をしてみたかったなんて思っています。

週末更新も頑張りま~す。

Posted at 00:24:15 2013/03/21 by ロッキー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。