2017年09月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年11月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

サラリーのまとめとトレードの噂

kage

2014/07/02 (Wed)

 今回は現時点でのサラリーをまとめようと思います。まずはサラリー表です。

2014サラリー2  

 とりあえずこんな感じです。HoopsHypeとSpotracというサイトを参考にしました。実際の数字とは違う部分もあるのでご了承ください。

 オプション関連でいうと14-15シーズンのQちゃんが保証なしの契約、15-16シーズンのアフラロがプレイヤーオプション、15-16シーズンのフォイとモズコフがチームオプション、15-16シーズンのチャンドラーが2ミリのみの保証となっています。ただフォイの15-16シーズンのオプションの真偽が不明です。モズコフは3年目がチームオプションという記事があったのですが、フォイは見つけられませんでした。とりあえずHoopsHypeにもチームオプションとなっていたので、そう信じてみます。
 
 ルーキーの2人もとりあえず契約するという前提で記載しています。2人のサラリーはRealGMというサイトを参考にしました。

 現時点だとルーキー2人を加えて14人が契約下にあります。そしてサラリー合計は約72.6ミリとなっています。ちなみに13-14シーズンのサラリーキャップは58.6ミリでタックスラインが71.7ミリでした。したがって現時点だと13-14シーズンのタックスラインは上回っているという事になります。
 ただし14-15シーズンはサラリーキャップ、タックスラインともに上昇するという予測もあります。今年4月の記事ではサラリーキャップが63.2ミリ、タックスラインが77ミリという予測が出ていました。仮にタックスラインが77ミリだとするとフルミドルがギリギリ使えるか使えないかという感じでしょうか。ただこれは予想であり、実際にどんな数字になるか分からないので、また正式に発表があれば更新したいと思います。

 15-16シーズンのサラリーは約71.5ミリとなっていますが、これは記載してある数字全てを合計したものとなっています。アフラロがオプションを行使しなければ7.7ミリ空きますし、チームオプション組の行使をしなければさらに空きます。誰を残すのかというのはGMの腕の見せ所だと思います。

 とりあえずサラリーはこんな感じです。サラリーはいろいろなサイトに載っていますが、各サイトで微妙に数字が違うので、大体こんな感じと捉えておけばいいと思います。

 続いてはトレードの噂です。ナゲッツはチャンドラーとマギーのトレードを考えているようです。正直チャンドラー単体でのトレードは、ナゲッツにとってメリットは少ないような気がします(もちろん相手次第ですが)。個人的にはマギーを引き取ってくれるならチャンドラーのトレードOKだよというナゲッツ側の意思表示のように感じてしまいました。はっきり言ってマギーを引き取ってくれる酔狂なチームはないと思うので、噂半分でトレード話を楽しみたいと思います。
 また何かナゲッツ関連で動きがあれば更新したいと思います。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。