2017年09月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年11月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

サマーリーグ初戦

kage

2014/07/13 (Sun)

 ナゲッツのサマーリーグが開幕しました。初戦はラプターズ戦でした。

1234T
TOR1523261882
DEN32281931110

 ナゲッツのスターターはグリーン、ハリス、Qちゃん、Bowles、Kanacevicの5人でした。

 試合は前半からナゲッツのスリーが驚くほど決まり、ナゲッツリードで進みます。3クォーターになるとラプターズもディフェンスでプレッシャーを掛けてきて、ナゲッツは前半のようにシュートが決まらなくなります。それでも3クォーターの終盤ぐらいからハリス、グリーンの2人を中心に立て直しに成功します。その後は試合終了までナゲッツペースで試合を進めていき、28点差の大勝となりました。

 続いて選手個人についてです。ハリス、Qちゃん、グリーンの3人についてです。

①G.Harris
 33ポイント(FG:10-17 3pt:5-10 FT:8-9)、6リバウンド、2アシスト、2スティール、7ファウル

 この試合は何と言ってもハリスでしょう。初得点のレイアップを皮切りにシュートを決め続け、終わってみれば33ポイントの大活躍でした。

 まずオフェンス面ですが、解説のレジーいわくオフボールの動きが良いとのことのようです。実際にダウンスクリーンを使って、フリーでボールを貰うシーンが数多くありました。そしてフリーで打ったスリーは確実に決めていました。シュートは好不調があるので毎試合こうはいきませんが、シュートまでの過程が良いので期待が高まります。
 オフェンス面の課題とすれば、ディフェンスに囲まれた時の対応です。この試合では相手のトラップディフェンスで2人に囲まれてボールを奪われるシーンが何度かありました。囲まれてからの判断が遅かったかなという感じです。これがちょっと気になった点です。

 次にディフェンスですが、これは評判通り良かったです。ハリスのディフェンスは特に注目して観ましたが、簡単に抜かれるシーンがほとんどなかったように思います。他の選手がクロスステップでバタバタと必死に追いかけるようなディフェンスをしているのに対し、ハリスは低い姿勢とスライドステップでプレッシャーを掛けながらのディフェンスをしていました。
 ディフェンス面の課題とすれば、ファウルの多さでしょうか。ただ個人的にはそこまで気にすることもないと思っています。ファウルの内訳ですが、オフェンスファウルが1、ルーズボールファウルが1、シュートチェック時のファウルが1、相手のドリブルをスティールしようとした時のハッキングが2、相手にプレッシャーを掛けに行った時のプッシングが2となっています。正直えっこれがファウル?という笛が何個かありましたし、何よりも抜かれそうになったから仕方なくというファウルがなかったので心配ないのかなと思います。ただスティールを狙ってのハッキングは注意が必要かなと思いました。

 ハリスに関しては次の試合が1つ重要かなと思います。次はブルズとの試合ですが、多分マッチアップ相手がスネルになると思います。スネルは昨シーズンもブルズで出場時間を結構もらっていましたし、この日の試合でも27ポイントをマークしています。そのスネル相手にハリスがどれだけ通用するのか見てみたいです。


②Q.Miller
 23ポイント(FG:5-9 3pt:4-5 FT:9-11)、4リバウンド、3アシスト、1スティール、4ブロック

 前半だけで21ポイントと前半は大活躍でしたが、後半は全く存在感がありませんでした。強気の前半、弱気の後半という感じで、別の選手を見ているようでした。

 次は前半のようなオフェンスやディフェンスの姿勢を1試合通して見せてもらいたいです。

 あとナゲッツの公式HPにQちゃんのサマーリーグダイアリーという記事があるので是非見てみて下さい。リンクを貼っておきます。

 http://www.nba.com/nuggets/quincy-millers-summer-league-diary-what-start


③E.Green
 17ポイント(FG:7-11 3pt:2-4 FT:1-2)、6リバウンド、4アシスト

 PGとして頑張っていたと思います。ボール運びも安定していましたし、ナイスパスも何度かありました。シュートも高確率で、3クォーターの苦しい時間帯でもしっかりと決めてくれました。

 ただやっぱり細いなという印象です。ディフェンスではスクリーンに簡単に引っかかってしまいます。その辺をどう克服するかだと思います。

 こんな感じで見事初戦を勝利で飾ることが出来ました。ちなみに前に記事にしたジェファーソンはベンチにもいませんでした。詳細は分かりませんが残念です。

 何はともあれハリスに尽きる初戦だったと思います。このチームはインサイドに核となる選手がいないので、ヌルキッチもいたらどうなったのだろうと想像してしまいます。そのヌルキッチですが、U-20のヨーロッパ選手権で頑張っているようです。ボスニアはディビジョンBのようで強豪と対戦しないようですが、ヌルキッチは現在3試合に出場して平均15.3ポイント、11.0リバウンドをマークしています。ヌルキッチも頑張ってもらいたいです。

 次は現地時間13日のブルズ戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。
関連記事
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。