2017年05月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017年07月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

15-16シーズンの開幕

kage

2015/10/29 (Thu)

ついにやってきた開幕戦。その相手は、よく知っているPGが加入したロケッツでした。

ナゲッツのスターターはムディエイ、ハリス、ガロ、ファリード、ラヴァーンの5人でした。チャンドラーとヌルキッチが欠場です。

結果はこちら

1234T
DEN27262329105
HOU2128142285

総括
 開始直後に12-1のランで一気に主導権を握ったナゲッツが、最終的に一度もリードを許さずに勝ち切ったという試合になりました。

 オフェンスに関しては、プレシーズンから好調だったスリーがこの試合でも好調でした。13-27の48.1%という高確率で決めることが出来ました。一方のロケッツが8-35の22.9%だったので、この差は結構大きかったと思います。ボールを動かして動かして、最終的に反対サイドのフリーの選手にボールを飛ばすという形がしっかりと出来ていたので、見ていて楽しかったです。
 オフェンスで気になった点を挙げるとすればターンオーバーの多さですが、1人異次元のスピードで数を伸ばしていった選手がいたので、そこは温かい目で見守っていきましょう。

 ディフェンスに関しては、ヘルプの判断の速さが良かったです。ドライブしてきた選手に対して、すぐに2人、3人で囲むということが徹底して出来ていました。そのためにアウトサイドをフリーにしてしまう事も多かったのですが、そこははっきりと割り切ってしまうしかないと思います。少なくとも昨シーズンよりもディフェンス面での意識の高さが見られたので良かったです。

 選手起用に関しては、2Q開始直後のネルソン、フォイ、ムディエイ、バートン、アーサーというスモールラインナップが面白かったです。ロケッツもセンター2人が欠場でスモールで戦う時間も多かったのですが、ナゲッツはそれを上回るような小ささで対抗していました。無難に戦えていましたが、やはりリバウンド面できつそうでした。欲を言えばヨキッチをもう少し見たかったかなという気持ちもありました。あとこの展開でもヒクソンの出番がなかったということはマローンHCの中ではヒクソンの序列は低いのかなとも感じました。

 続いて選手個人についてです。


E.Mudiay・・・17ポイント、5リバウンド、9アシスト、11ターンオーバー

 スリー3本を含む17ポイントと9アシストは見事でした。アウトサイドのシュートが苦手という話だったのですが、プレシーズンからかなりスリーを決めています。まだシュートが信用できる感じでもないですが、この調子が続いてもらいたいものです。
 パスに関しては素晴らしい視野の広さに対してパススキルが追い付いてない感じもありますが、何度か魅せるパスを出してくれました。まだまだ安易なパスミスも多いですが、アシストの数字自体は伸びていきそうです。

 そして触れなくてはいけないのはターンオーバーです。11ターンオーバーと異次元の数字を記録しました。その内訳を見てみると、オフェンスファウルが1回、トラベリングが1回、パスミスが6回、ハンドリングミスが3回という感じでした。
 プレースタイルの関係で、パスミスが増えるのは仕方がないと思います。ただそれでも油断したようなパスミスが何本かあったので、そこで何個か余計にターンオーバーが増えてしまったと思います。
 そしてハンドリングに関しては、まだまだ成長しなくてはいけない点かなと思います。結果的にハンドリングミスは3回に終わりましたが、1試合通して危なっかしい場面が多かったです。ローソンとのマッチアップは比較的安心して見られたのですが、ブリュワーのように前からガンガンくるタイプのディフェンスにはかなり苦労しそうです。
 ただマローンHCもミスしても我慢して使うという話をしていたので、応援する側としてもミスが今後につながると信じて温かく見守っていきましょう。

G.Harris・・・5ポイント、5リバウンド、5アシスト、3スティール、1ブロック

 影のMVPと言ってもいいような活躍でした。ポイントは伸びませんでしたが、ディフェンス面での貢献が素晴らしいです。ハーデン相手に粘り強いディフェンスを見せてくれました。ムディエイがサイズ的にSGも守れる事を考えると、PGとSGのどちらも守れるハリスの存在は非常に大きいです。
 
D.Gallinari・・・23ポイント、8リバウンド、3アシスト、1スティール、3ブロック、0ターンオーバー

 立派なエースのスタッツです。特に書くことがないくらい文句のない内容でした。

 またアシストは3つでしたが、ネルソンのいないスタートの時間帯では、ゲームメイクという点でムディエイを上手くサポートしてくれたと思います。
 
 この調子が続けばオールスターも見えてくると思います。 

K.Faried・・・18ポイント、9リバウンド、1アシスト、1スティール、3ブロック

 ここ数シーズンは色々な事をやりすぎてファリードの良さが出ていませんでしたが、がむしゃらにボールを追う良い時のファリードが戻ってきたように思います。ムディエイとの連携も時間を重ねれば、もっともっと良くなると思うので楽しみです。

J.Lauvergne・・・11ポイント、7リバウンド、1アシスト、1ブロック

  ディフェンスの距離感が良かったです。いい感じでゴール下に立ちはだかっていたと思います。スクリーンアウトもしっかりしていますし、基本に忠実な安定したプレーが出来ていると思います。

J.Nelson・・・10ポイント、5リバウンド、3アシスト、1スティール、6ファウル

 ムディエイが危なっかしいので、余計に頼りになる感じがあります。ムディエイのミスが増えた時間帯でも、しっかりとゲームを落ち着かせてくれるので、本当に頼りになります。良い所でスリーも決めてくれましたし、終了間際にはムディエイと話す姿も見られたので、チームにとってかなり影響力のある選手だと再確認しました。

W.Barton・・・11ポイント、4リバウンド、1スティール

 爆発力というか勢いというか、本当にブリュワーに似ているなと相手のブリュワーを見ながらそう感じました。ウィルチャンが復帰すると出番も減るかもしれませんが(もしかしたらフォイの方か?)、流れを変える切り札として期待しています。

D.Arthur・・・5ポイント、2リバウンド、1アシスト、スティール、2ブロック

 昨シーズンからスリーをよく打つようになりましたが、この試合も1本決めました。昨シーズンは確率が低かったですが、1シーズン打ち続けたことで上積みがあると思うので、1つの武器として期待したいです。

R.Foye・・・3ポイント、4リバウンド、2アシスト、2スティール

 あまり良いプレーが出来ませんでした。スリーは好不調あるので仕方がないですが、そうなるとディフェンス面の穴が余計に目立ってしまうので、ちょっと印象は良くないです。次に期待です。

N.Jokic・・・2ポイント

 相手次第では出番も増えると思うので、その時に頑張ってもらいましょう。

M.Miller・・・0ポイント

 最後にちょろっと出番がありましたが、それよりもベンチでいつもチームを鼓舞する姿に嬉しくなります。

E.Green・・・1アシスト

 ミラーと同様に最後に少しだけ出番がありました。とりあえずチームに残れてよかったです。

 ということで開幕戦を見事な勝利で飾りました。まだまだシーズンは長いですが、とりあえず今はカンファレンス首位という響きに浸りたいと思います。

 今シーズンのブログの更新に関しては一応不定期という形にしたいと思います。さすがに毎試合更新は難しい気がするので、月1回程度を目安に頑張ります。

次の試合はホームでのウルブス戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。