2017年04月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年06月

カテゴリ:2013年 オフシーズン の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

サマーリーグ初戦

kage

2013/07/14 (Sun)

 ナゲッツのサマーリーグの初戦はバックス戦でした。
 
1234T
DEN2115132574
MIL2622172388

 スターターはグリーン、エヴァン君、ハミルトン、Qちゃん、Anosikeの5人でした。

 序盤からずっとバックスのペースで進み、ナゲッツは結局1度もリードを奪うことが出来ずに負けてしまいました。

 オフェンスではお互いにターンオーバーが多かったのですが、バックスと比べてナゲッツは失点につながるターンオーバーばかりでした。ベースラインからのスローインで3回ほどスティールされるなど技術以前に集中力が欠けていたように思います。後はサマーリーグなので仕方がない部分もありますが、ドライブ、ドライブ、ドライブ、ドライブと単調なオフェンスが多く、タフショットばかりでした。チーム全体のFG%が35%ではどうしようもありません。

 ディフェンスでは相手のドリブルを止められず、スルスルと抜かれてばかりでした。ローテーションも上手くいかず、イージーショットばかり打たれてしまいました。一方のバックスはナゲッツのドライブに対して2人、3人でしっかりとプレッシャーを掛けていました。相手のインサイドにヘンソンが居たとは言え、チームとしての完成度の差を感じました。

 ポジティブな要素を探すと、4クォーターに入って少しだけディフェンスが良くなったという事でしょうか。それまでのザルのディフェンスから、ちょっと悪いディフェンスぐらいに良くなっていました。次の試合は普通レベルのディフェンスになってくれると期待したいです。

 続いて期待する4人の選手についてです。

①E.Green
 
4ポイント(FG:2-12,3PT:0-2)、1リバウンド、1アシスト、1ターンオーバー
 
 最初に1本ミドルレンジのジャンパーを決めたのですが、それ以降は全然決まりませんでした。完全にオープンな状態でも外すなど、期待されるシュート力を見せることが出来ませんでした。ただシュートに関しては波があって当然ですし、次の試合を見ない事には分かりません。

 シュートはイマイチでしたが、それ以外はまずまず良かったと思います。まず最初に感じたのは意外とPGっぽかったという事です。もっとガツガツと点を取りに来るのかなと思いましたが、パスを出す所はしっかりと出していましたし、良いピック&ロールも1回だけありました。欲を言えばチームがバタバタした時間帯でしっかりと落ち着かせることが出来ればもっと良かったと思います。

 ターンオーバーがラインを踏んだ1回だけと、少なかったことも良かったです。サマーリーグではボール運びから苦労する選手が多いのですが、グリーンはドリブルでのミスがなく安定していました。

 気になる点はプレーの軽さです。ステップも軽やかで飛ぶように走るのですが、スカウティングにもあったように当たり負けしそうです。簡単に吹っ飛びそうな感じでした。

 良かった点、悪かった点と色々ありましたが、とりあえず1試合を終えて緊張も解けたと思うので、次はシュートをしっかりと決めてもらいたいです。


②E.Fournier
 
10ポイント(FG:4-11,3PT:1-4,FT:1-2)、3リバウンド、0アシスト、1スティール、3ターンオーバー

 期待外れに終わりました。ディフェンスでプレッシャーを掛けられ、ドリブルでミスをする場面が多かったです。無理に擁護するとすれば、オフボールでカットインしてくる選手が少なく、マークが集中してしまったという感じでしょうか。エヴァン君はカットしてくる選手にパスを上手く捌けるので、そこが出来なかった事が0アシスト、3ターンオーバーに繋がったかなとも思えます。

 ディフェンス面でもやられてしまいました。スピードのある選手に対するディフェンスは、今シーズンも課題となりそうです。

 エヴァン君は結構マークされていた感じもありましたが、そこを乗り越えてこそだと思うので、次は頑張ってもらいたいです。


③J.Hamilton
 4ポイント(FG:1-11,3PT:0-3,FT:2-3)、9リバウンド、0アシスト、0ターンオーバー

 こちらも期待外れに終わってしまいました。前半はシュートを打つ機会も少なく、存在感がゼロでした。個人的な印象ですが、ハミルトンはルーキーの時の方が良い選手に見えました。何の躊躇なくスリーを打つ、貪欲に点を取りに行く、そんな感じがルーキーのハミルトンでした。ただ昨シーズンはフリーでもスリーを打たずにフェイクしてドリブル、しかしディフェンスを抜けずにタフショットというプレーが多く、この試合でもそんな感じに見えました。もっとシューターらしいハミルトンのプレーが見たいです。

 ちなみに6ファウルで普通ならファウルアウトでした。

④Q.Miller
 9ポイント(FG:3-11,3PT:1-4,FT:2-2)、8リバウンド、1アシスト、3ブロック、4ターンオーバー

 この試合は主にPFでプレーしました。サイズは問題ないですが、さすがに線の細さが気になります。グリーン同様、バリバリのNBA選手が相手だと十中八九吹っ飛ばされると思います。

 オフェンスに関しては、シュートレンジを広げようとトレーニングを積んでいたようで、スリーを1本決めました。このサイズなので、シュート力を磨いていけば、強力な武器になると思います。今後もシュート力を磨いてもらいたいです。

 ということでサマーリーグの初戦は完敗でした。ナゲッツのサマーリーグのロスターを見るとインサイドが弱いので、今後も苦しい戦いになるかもしれませんが、1試合目よりも2試合目、2試合目よりも3試合目と、徐々にいいプレーが増えていくように頑張ってもらいたいです。


 次はナゲッツの補強に関してです。

 ナゲッツはブルズからFAとなっているネイト・ロビンソンに興味を持っているという噂があります。この動きの意図が読めません。単純に第3PGという意味での興味なのか、それともミラーのトレードフラグなのか、どうなんでしょう。フォイをSGと考えると、PGはもう1枚必要だと思いますが、それならグリーンでもいいような気もします…

 まだ興味を持っているという段階で、獲得が決まった訳ではありませんが、この動きはう~ん?という感じです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

Welcome to Denver!!

kage

2013/07/12 (Fri)

 新加入のヒクソンとフォイの入団発表が行われました。会見時にヒクソンは7番、フォイは4番のユニフォームを持っていたので、シーズンでもこの番号になるのではないでしょうか。

 この会見でヒクソンはナゲッツではナチュラルポジションのパワーフォワードで勝負するようで、競争相手のファリードについても"He's a great player","He has a nonstop motor"と称した上でこのように話していました。

 「誰がスターターになるのか、誰がプレイタイムを貰えるのか、そのためにお互いが切磋琢磨してしていくことになると思う。ただ最終的に大事になるのは勝敗だよ。僕たちは共にプレーすることも可能だと思う。でもあくまで大事なのは勝敗なんだ。そして僕はこのチームの勝利のためにここに来たんだ。」

 なかなかの熱い言葉じゃないですか。新HCという事で、ある意味で横並びのスタートだと思います。ファリードが23才、ヒクソンが24才、この若い2人のチーム内でのポジション争いも楽しみです。


 次にフォイですが、フォイはナゲッツのロスターについてこう話していました。

 「ナゲッツは若くて才能あふれる選手が多くいるね。タイ(ローソン)のプレイは大好きだし、私とファリードは同じニューアークの出身なんだ。ジャベール(マギー)ともウィザーズで一緒にプレーしていたし、ガロのことも良く知っている。本当に才能あふれる選手達だ。そして僕はそんなチームを色々な方法で手助けできると思うよ。」

 後は自分のプレーについても触れていました。

 「僕はシューターという評価をされることが多いんだ。でもボールの扱いもお手の物だし、ガロやデュラントのような選手を守る機会も多くあった。勝利のために何だってやるバスケットボール選手、それが僕なんだ。」

 意訳ですが、こんな感じで自分自身について話していました。ナゲッツ待望のシューターという事で、シュート力に目が行きがちですが、それ以外の部分も期待したいと思います。それに現在のロスターではミラーに次いで2番目に年齢が高い選手です。若い選手を引っ張っていく存在になってもらいたいです。


 最後に会見の様子を貼っておきます。2人の活躍が楽しみです。

 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

ブリュワーは古巣復帰へ

kage

2013/07/11 (Thu)

 ナゲッツからFAとなっていたブリュワーが噂通りウルブスと契約合意したようです。金額は3年15ミリと年平均5ミリの契約です。

 当初はウルブスにキャップの余裕がなく、サイン&トレードになるのでは?という話でした。ただ現時点ではリドナーをバックスに放出して余裕を作り、そのスペースでブリュワーと契約するという話で進んでいるみたいです。この辺の詳細はまだ分かりませんが、ブリュワーの移籍は確実なようです。

 ウルブスとの3年15ミリという契約を見てしまうと、ナゲッツとの再契約は難しかったなという感じです。13-14シーズンに限れば、ガロの穴埋めという意味でナゲッツに必要な選手だと思います。ただガロが戻ってくればプレイタイムも減るでしょうし、何より再来年にファリードの契約延長も控えているナゲッツとすれば、契約に慎重になっても仕方がないかなと思います。

 ブリュワーに関してですが、アップテンポなナゲッツのバスケットにぴったりの選手でした。良い意味でも悪い意味でも空気をぶち壊す感じのプレーでナゲッツファンを魅了していたと思います。昨シーズンのシクサーズ戦、土壇場でフリースローを3本決めたシーンは忘れることが出来ません。ウルブスに移籍(復帰?)しても、あの笑顔とハッスルプレーで頑張ってもらいたいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

サラリーキャップ決定&ブリュワーの噂

kage

2013/07/10 (Wed)

 7月10日を迎え、13-14シーズンのサラリーキャップ等が決定されました。

 サラリーキャップ:58.679ミリ
 タックスライン :71.748ミリ

 以上のようになっています。
 
 現在のナゲッツは、モズコフのQOを抜いた13人で約61ミリとなっているので、タックスラインまで約10ミリ余裕があるという状況です。

 次にブリュワーの噂についてです。

 なかなかチームが決まらないブリュワーですが、ウルブスが獲得に興味を持っているようです。嘘か本当か分かりませんが、4年19ミリという数字も出てきています。そしてこれがサイン&トレードになるかもしれません。

 ナゲッツとすれば何か見返りがあった方が良いのは当然ですが、ナゲッツのロスター枠が残り少ない状況なので、仮に2チーム間のサイン&トレードになった場合にどうするのか気になります。

 ウルブスはリドナーやバレアを売りに出しているようですが、ナゲッツが現状のロスターを動かさないつもりならPGの獲得は必要ありません。ただナゲッツが本気でミラーのトレードを考えているならば、リドナーの獲得は面白いかもしれません。リドナーの契約は後1年ですし、シュートが上手く、癖のないPGなので、ローソンのバックアップにぴったりだと思います。

 ということで今の感じだと第3のチームを探す方が現実的な感じがしますが、ブリュワーの動向に要注目です。

 今日のナゲッツはこんな感じでした。ではまた次回。。。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

フォイ獲得&サマーリーグのロスター発表

kage

2013/07/09 (Tue)

 タイトル通り、ナゲッツはR.フォイを獲得、そしてサマーリーグのロスターも発表されました。

 まずはフォイについてです。

 前回更新でも触れたように、ナゲッツ、ウォリアーズ、ジャズの3チーム間でサイン&トレードを行い、ナゲッツはジャズからR.フォイを獲得しました。

 ナゲッツが関連したところだと、まずイギーのサイン&トレードでウォリアーズから約12ミリのトレード・エクセプション(以降はTPE)を獲得しました。そしてそのTPEを使い、ジャズとのサイン&トレードでR.フォイを獲得しました。フォイは3年9ミリの契約で、オプションが付いているかは不明です。

 フォイの初年度のサラリーは3ミリなので、残りのTPEは9ミリという解釈をしています。多分あっていると思いますが、間違っていたら指摘お願いします。

 フォイは193㎝のガードで、スタイル的にはSGだと思います。昨シーズンはジャズでプレーをし、10.8ポイント、1.5リバウンド、2.0ポイントをマークしました。特にスリーの確率が高く、昨シーズンは41%をマーク、キャリアでも37.7%と高確率で決めています。ナゲッツに足りないスリーという要素を持っている選手なので、良い補強になったと思います。

 サイズは少し気になりますが、フォイはクリッパーズ時代もローソンと似たサイズのC.ポールと組んで、何だかんだでやっていけていたので、どうにかなるのではないでしょうか。ローソンとミラーを2人並べるよりは、ずっとマシだと思います。

 ということでフォイを加えたナゲッツのロスターは以下のようになります。

無題444
 

 PG:ローソン、ミラー
 SG:フォイ、エヴァン君
 SF:チャンドラー、ガロ、ハミルトン、Qちゃん
 PF:ファリード、アーサー、ランドルフ
  C:マギー、ヒクソン

 現時点だとヒクソンはセンター、ハミルトンはガロが怪我中なのでSFの控えになるかと思います。こうやってポジション別にみると、SGはさすがに落ちますが、何とか戦えるメンバーが揃ってきたと思います。

 これで契約下にある選手は13人となり、残りは2枠となりました。ドラフトで指名したグリーン、交渉中と噂されるモズコフ、まだチームが決まっていないブリュワー、色々候補はいると思いますが、とりあえずガードはあと1枚必要かなと思います。

 次にサマーリーグについてです。ナゲッツはラスベガスのサマーリーグに参加します。そのロスターが発表されました。以下のメンバーとなります。

 Preston Adams (G)
 O.D. Anosike (F)
 Joel Barkers (F)
 Kyle Barone (C)
 Evan Fournier (G)
 Ramon Galloway (G)
 Erick Green (G)
 Jordan Hamilton (G)
 Luke Harangody (F)
 C.J. Harris (G)
 Richard Howell (F)
 Quincy Miller (F)
 DJ Odom (G)
 Travis Releford (G)
 Chace Stanbeck (G/F)
 Ben Uzoh (G)

 ナゲッツ関連の選手だと、エヴァン君、ハミルトン、Qちゃん、グリーンの4人が出場します。このサマーリーグでは新たな選手の発掘よりも、この4人の確認という意味合いが強いと思います。特にグリーンはナゲッツの選手としてプレーするためにもしっかりとアピールしてもらいたいです。もちろんエヴァン君、ハミルトン、Qちゃんの3人は昨シーズンからの成長を見せてもらいたいです。

 とりあえず今日のナゲッツはこんな感じでした。それではまた次回。。。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。