2017年09月 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017年11月

カテゴリ:2014年 オフシーズン の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

サマーリーグ初戦

kage

2014/07/13 (Sun)

 ナゲッツのサマーリーグが開幕しました。初戦はラプターズ戦でした。

1234T
TOR1523261882
DEN32281931110

 ナゲッツのスターターはグリーン、ハリス、Qちゃん、Bowles、Kanacevicの5人でした。

 試合は前半からナゲッツのスリーが驚くほど決まり、ナゲッツリードで進みます。3クォーターになるとラプターズもディフェンスでプレッシャーを掛けてきて、ナゲッツは前半のようにシュートが決まらなくなります。それでも3クォーターの終盤ぐらいからハリス、グリーンの2人を中心に立て直しに成功します。その後は試合終了までナゲッツペースで試合を進めていき、28点差の大勝となりました。

 続いて選手個人についてです。ハリス、Qちゃん、グリーンの3人についてです。

①G.Harris
 33ポイント(FG:10-17 3pt:5-10 FT:8-9)、6リバウンド、2アシスト、2スティール、7ファウル

 この試合は何と言ってもハリスでしょう。初得点のレイアップを皮切りにシュートを決め続け、終わってみれば33ポイントの大活躍でした。

 まずオフェンス面ですが、解説のレジーいわくオフボールの動きが良いとのことのようです。実際にダウンスクリーンを使って、フリーでボールを貰うシーンが数多くありました。そしてフリーで打ったスリーは確実に決めていました。シュートは好不調があるので毎試合こうはいきませんが、シュートまでの過程が良いので期待が高まります。
 オフェンス面の課題とすれば、ディフェンスに囲まれた時の対応です。この試合では相手のトラップディフェンスで2人に囲まれてボールを奪われるシーンが何度かありました。囲まれてからの判断が遅かったかなという感じです。これがちょっと気になった点です。

 次にディフェンスですが、これは評判通り良かったです。ハリスのディフェンスは特に注目して観ましたが、簡単に抜かれるシーンがほとんどなかったように思います。他の選手がクロスステップでバタバタと必死に追いかけるようなディフェンスをしているのに対し、ハリスは低い姿勢とスライドステップでプレッシャーを掛けながらのディフェンスをしていました。
 ディフェンス面の課題とすれば、ファウルの多さでしょうか。ただ個人的にはそこまで気にすることもないと思っています。ファウルの内訳ですが、オフェンスファウルが1、ルーズボールファウルが1、シュートチェック時のファウルが1、相手のドリブルをスティールしようとした時のハッキングが2、相手にプレッシャーを掛けに行った時のプッシングが2となっています。正直えっこれがファウル?という笛が何個かありましたし、何よりも抜かれそうになったから仕方なくというファウルがなかったので心配ないのかなと思います。ただスティールを狙ってのハッキングは注意が必要かなと思いました。

 ハリスに関しては次の試合が1つ重要かなと思います。次はブルズとの試合ですが、多分マッチアップ相手がスネルになると思います。スネルは昨シーズンもブルズで出場時間を結構もらっていましたし、この日の試合でも27ポイントをマークしています。そのスネル相手にハリスがどれだけ通用するのか見てみたいです。


②Q.Miller
 23ポイント(FG:5-9 3pt:4-5 FT:9-11)、4リバウンド、3アシスト、1スティール、4ブロック

 前半だけで21ポイントと前半は大活躍でしたが、後半は全く存在感がありませんでした。強気の前半、弱気の後半という感じで、別の選手を見ているようでした。

 次は前半のようなオフェンスやディフェンスの姿勢を1試合通して見せてもらいたいです。

 あとナゲッツの公式HPにQちゃんのサマーリーグダイアリーという記事があるので是非見てみて下さい。リンクを貼っておきます。

 http://www.nba.com/nuggets/quincy-millers-summer-league-diary-what-start


③E.Green
 17ポイント(FG:7-11 3pt:2-4 FT:1-2)、6リバウンド、4アシスト

 PGとして頑張っていたと思います。ボール運びも安定していましたし、ナイスパスも何度かありました。シュートも高確率で、3クォーターの苦しい時間帯でもしっかりと決めてくれました。

 ただやっぱり細いなという印象です。ディフェンスではスクリーンに簡単に引っかかってしまいます。その辺をどう克服するかだと思います。

 こんな感じで見事初戦を勝利で飾ることが出来ました。ちなみに前に記事にしたジェファーソンはベンチにもいませんでした。詳細は分かりませんが残念です。

 何はともあれハリスに尽きる初戦だったと思います。このチームはインサイドに核となる選手がいないので、ヌルキッチもいたらどうなったのだろうと想像してしまいます。そのヌルキッチですが、U-20のヨーロッパ選手権で頑張っているようです。ボスニアはディビジョンBのようで強豪と対戦しないようですが、ヌルキッチは現在3試合に出場して平均15.3ポイント、11.0リバウンドをマークしています。ヌルキッチも頑張ってもらいたいです。

 次は現地時間13日のブルズ戦です。選手たちの活躍に期待しましょう。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

やはりレブロン待ちだったのか!?

kage

2014/07/12 (Sat)

 とりあえずFA市場で大きな動きがありました。レブロンのキャブス復帰です。これによりレブロン待ちだったFA市場が動き出しました。

 その中でナゲッツに関係した動きがマイク・ミラーです。先日ナゲッツと合意間近という情報もありましたが、レブロン待ちという情報もありました。結局そのレブロンがキャブス行きを決めたので、ミラーもレブロンに付いていく形でキャブスと契約という可能性が高いみたいです(現時点で合意にまでは達してないようです)。前にも書きましたが、来てくれたら嬉しいなと思っていただけに残念です。色々と書こうと思っていたこともあったのですが、とりあえず忘れることにします。

 一応現状のロスターをポジション別に並べると以下のようになります。

 PG:ローソン、ネイト
 SG:アフラロ、フォイ、ハリス
 SF:ガロ、チャンドラー、Qちゃん
 PF:ファリード、アーサー、ヒクソン
  C:モズコフ、マギー、(ヌルキッチ)

 ヌルキッチと契約すれば、14人となり枠は残り1つとなります。個人的にはフォイのPGはちょっと…という感じなので、できればベテランのPGがもう1人必要だと思います。サマーリーグのロスターの誰かと契約するのか、他のFA選手と契約するのか、いずれにしろPGは必要です。

 次にビラップスの話題です。

 ビラップスがペプシセンターの球団社長とGMの元を訪れたようです。ビラップスは前からフロント職に興味を持っているという話だったので、その辺の話でもしていたのでしょうか。

 個人的には選手として戻って来てくれることが一番の理想です。こればかりは怪我の状態もあるので何とも言えないですが、ナゲッツに足りないベテランPGという点では、これ以上の選手はいません。正直な所、試合に出られなくてもベンチに居てくれるだけで満足という感じです。ピストンズにとってもそうでしょうが、ナゲッツにとってもビラップスは特別な選手なので、またナゲッツのユニフォームを着たビラップスが見たいです。

 将来的にはナゲッツのフロント職に就いて、チームを優勝に導いてくれることに期待したいです。今回ビラップスが訪問ということで、密かに期待して待っていてもいいのでしょうか。

 とりあえず一番嬉しいのは、ナゲッツを訪問したという事実です。2度のトレードがあったので、ナゲッツをどう思っているのかずっと心配していました。ただ今回訪問してくれたという事で、少なくとも興味は持っていてくれているという事に安心しました。
 
 http://www.denverpost.com/nuggets/ci_26132443/chauncey-billups-visits-nuggets-executives-he-ponders-next

 いよいよナゲッツのサマーリーグもスタートします。しばらくはサマーリーグを楽しみたいと思います。もちろんナゲッツ関連のFA情報も追っていきます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

サラリーキャップとその他諸々

kage

2014/07/10 (Thu)

 まず14-15シーズンのサラリーキャップとタックスラインが発表されました。

 サラリーキャップ:$63.065M
 タックスライン:$76.829M
 ミッドレベル例外条項::$5.305M


 とりあえずナゲッツに関係する数字は、この3つでしょう。大方の予想通り、サラリーキャップ、タックスライン共に大幅に上昇しました。この上昇が今オフのFA組の高騰の一要因になっているかもしれません。

 前にも貼りましたが現状のサラリー表を貼ります。

 2014サラリー2

 先日ハリスの契約が完了したようなので、確定が71ミリ程となり、ヌルキッチと契約すれば約72.5ミリとなります。タックスラインが約76.8ミリなので、残り4ミリちょっと使える計算になります。

 そのヌルキッチですが、所属しているクロアチアのチームがこんなツイートをしていました。

 これはヌルキッチも確定でいいのでしょうか。そうであれば嬉しいです。

 FAに関しても少し動きがありました。何度か話題に挙げていたマイク・ミラーですが、合意間近という情報が出てきました。

 ただしあくまで"合意間近"という段階のようで、詳細は不明です。レブロン次第ではミラーもキャブスという可能性もあるようです。個人的にミラーの獲得はチャンドラーのトレードの可能性を含めて、リスクはデカいけどアリな動きかなと思っています。この辺は実際に決まってからにしましょう。まだ来ると決まった訳ではありませんので。

 いずれにしろレブロン待ちというFA選手やチームも多いと思うので、レブロンの決断を待ちながらナゲッツの動きを追っていきたいと思います。 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

Brandon Jeffersonを知っていますか?

kage

2014/07/09 (Wed)

 何かネタになる話題はないかなと探していると、サマーリーグのロスターに名前があったBrandon Jeffersonという選手の記事がいくつか見つかったので少し調べてみました。

 前の記事のロスター表にもありますが、ジェファーソンはメトロポリタン州立大学デンバー校(以下Metro State)出身の選手です。13-14シーズンまで4年間大学でプレーしました。サイズは5-9となっており、公表ではネイトと同じサイズとなります。

 あまり聞かない校名だと思いますが、Metro StateはNCAAのディビジョン2に所属するチームで、ナゲッツでアシスタントコーチをしているパトリック・ムトンボさんの出身校でもあるようです。

 ジェファーソンの13-14シーズンは、平均21.6ポイントを記録するなど大活躍で、NCAA DivⅡの最優秀選手に選出されました。確率はFG%が45.5%、3pt%が45.3%、FT%が92.3%で、特にフリースローは260本打って240本決めるという素晴らしい数字でした。

 サイズもそうですが、ハイライト動画を見る限りだとネイトに似ているという印象を受けました。ナゲッツの好きそうなタイプの選手に見えます。この選手がサマーリーグでどれだけ時間を貰えるか分かりませんが、Qちゃん、グリーン、ハリスと同時に気にしてみるのも面白いかもしれません。

 13-14シーズンのハイライトが見つからなかったので、12-13シーズンのハイライトを貼っておきます。


 

 最後にナゲッツ公式の記事とナゲッツのワークアウトに参加した時の記事を貼っておくので、こちらも興味があれば見てみて下さい。

http://www.nba.com/nuggets/metro-state-point-guard-looking-make-impression-nuggets

http://www.denverpost.com/nuggets/ci_25957953/nuggets-hold-second-workout-inlcudes-metro-states-brandon
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

サマーリーグのロスター発表

kage

2014/07/08 (Tue)

 ナゲッツのサマーリーグのロスターが発表されたのでまとめておきます。

No.PlayerPos.AgeHeightCollege/From
50Solomon AlabiC267-1Florida St.
20Jerelle BenimonF226-8Towson
31Denzel BowlesF256-10James Madison
15Carlon BrownG246-5Colorado
12Chris EvansF236-8Kent St.
11Erick GreenG236-4Virginia Tech
22Demonte HarperG256-4Morehead St.
14Gary HarrisG196-4Michigan St.
6Brandon JeffersonG225-9Metro State
45Halil KanacevicF226-8Saint Joseph's
13David LightyG266-6Ohio St.
9Errick McCollumG266-2Goshen College
30Quincy MillerF216-10Baylor
42Tim OhlbrechtC256-10Germany
32Will ThomasF286-7George Mason
1Chris WrightG246-1Georgetown

 残念ながらヌルキッチは不参加となったようです。

 ナゲッツと関係のある選手は3年目となるQちゃん、昨年のドラフト46位で指名したグリーン、そして今年のドラフト19位で指名したハリスの3人です。当然この3人が中心となるサマーリーグになると思います。

 まずグリーンについてですが、昨シーズンはイタリアでプレーしていました。そこではチームのリーディングスコアラーとして活躍していました。持ち味は得点力ですが、ナゲッツと契約するためにはPGとしての能力の方が求められると思います。正直ハリスと被る部分が多いのですが、個人的にはグリーンの方がPGっぽいような気がします。そういう意味でもハリスと違う部分を見せてくれたらと思います。

 次にQちゃんです。ナゲッツファンならシーズン中からQちゃんのプレーは見てきたと思いますが、サマーリーグでは中心選手としてのプレーが見たいです。どれだけ安定してジャンプシュートを決められるでしょうか。チームを引っ張っていく活躍に期待したいです。個人的にはストレッチ4的なPFを試してみても面白いのかなと思います。

 最後にハリスです。ナゲッツファンの一番の注目だと思います。オフェンス面も重要ですが、個人的にはディフェンス面に注目したいです。ハリスの一番のネックはサイズ不足です。そのサイズ不足が最も影響するのがディフェンスです。ハリスはディフェンスが上手い選手のようですが、一回り大きなNBAの選手を守れるかは分かりません。逆に言えばこの問題さえクリアーできれば、ショウさんも起用しやすくなると思います。サマーリーグはバリバリのNBA選手が相手ではありませんが、少しでも可能性を感じるようなディフェンスが見てみたいです。あと一番大事なことですが、思い切ってプレーしてもらいたいです。

 この3人以外の選手も良いアピールが出来るように頑張ってもらいたいです。ナゲッツのサマーリーグ初戦は現地時間の12日にラプターズと対戦します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。